調査のチカラ TOP > タグ一覧 > エネルギー

「エネルギー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月12日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内M2M市場に関する調査を実施(2017年)

2017年04月10日 国内M2M市場に関する調査を実施(2017年) ~M2Mは利用分野の拡大で需要が増加、IoTビジネスも大きく伸長の見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のM2M市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年3月2.調査対象:国内外のIT事業者、SIer、通信事業者(キャリア)、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)、プラットフォームベンダー、ユーザ企業等3.調査方法:当社専門

2017年2月11日電通フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第4回エネルギー自由化に関する生活者意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通、「第4回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施2017年1月31日・昨年11月の時点で電気の購入先、または料金プランを変更した人は14% ・家庭用ガス小売り自由化の「認知」は4割強と昨年6月の前回調査から増加。家庭用電力小売り自由化の「内容認知」は3割

理想の体型は26歳!?代謝をあげる新メソッド「熱トレ」で健康美を手に入れよう!

理想の体型は26歳!?代謝をあげる新メソッド「熱トレ」で健康美を手に入れよう!「この頃、食べるとすぐ太る」「やせにくくなった」「疲れやすい」など、多くの人が抱えている代謝の悩み……。30~50代の男女の多くは、20代後半がベストな体型だったと思っているようです。そんな悩みを解消する代謝アップ法「熱トレ」をご紹介します。7割が感じている代謝低下の現実30代~50代の男女679名に、「自分は代謝が悪いと感じていますか?」と聞いたところ、約7割が代謝の低下を感じていることがわかりました(グラフ①)。代

2016年8月8日電通フィードバック数:0ライフスタイル

第3回エネルギー自由化に関する生活者意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通、「第3回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施2016年8月1日●電力自由化の「認知」は8割まで到達したが、「変更意向」は前回(2015年11月)から低下しており、生活者は様子見な様相 ●「変更者」の半数は月額1,000円、「非変更者」の半数は月額1,

2016年1月26日電通★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー自由化に関する生活者意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通、「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施2016年1月22日●電力自由化、「認知」は進むも「理解」はこれから●今後起こってほしいこと、起こると思うことは、「各家庭の電気料金が下がる」こと株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、2016年の電

日米の物価上昇率逆転をどうみるか

日米の物価上昇率逆転をどうみるか | ニッセイ基礎研究所 日米の物価上昇率逆転をどうみるか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎消費者物価上昇率は、1990年代後半からデフレが続いてきた日本が米国を下回ることが常態化していたが、このところ両者の関係が逆転している(図1)。言うまでもなく2014年4月に日本の消費税率が引き上げられたことがその一因だが、15年1月以降は消費税の影響を除いても日本の消費者物価(総合)のほうが上昇率が高くなっている。昨年秋以降の原油価格急落に伴い上昇率が大きく低下して

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月全国消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月全国消費者物価コアCPIは前年比ゼロ近傍での推移が続く ◆2015年5月の全国コアCPI(除く生鮮食品)は前年比+0.1%と、市場コンセンサス(同+0.0%)を小幅に上回った。総じて見ると、エネルギー価格の下押し圧力が続く中で、コアCPIの前年比はここしばらくの間ゼロ近傍での推移が続いている。◆2015年6月の東京コアCPI(中旬速報値)は、前年比+0.1%と前月(同+0.2%)からプラス幅が縮小

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 環境・エネルギー分野

研究開発の俯瞰報告書2015年 環境・エネルギー分野

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月全国消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月全国消費者物価コアCPI(除く消費税)は2年でマイナス圏入り 2015年5月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2015年4月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+0.3%と、市場コンセンサス(同+0.2%)を小幅に上回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値)でみると、エネルギーのマイナス寄与が拡大し、サービスのプラス寄与が縮小したこと

2015年4月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度新エネルギー等導入促進基礎調査(水力開発基盤整備調査)

平成26年度新エネルギー等導入促進基礎調査(水力開発基盤整備調査)

インフレ目標についての開設です。

インフレ目標政策-その正しい理解のために-

インフレ目標政策-その正しい理解のために- 2015/04/07経済・社会政策部 片岡剛士前回のコラム(『2015年はアベノミクス再機動成功の年となるか?』)において、筆者は3%の消費税率引き上げによる消費者物価指数押し上げ効果が剥落する今年の4月以降は、物価上昇ではなく物価下落が再び意識されると述べた。3月27日に公表された2015年2月の総務省「消費者物価指数」によれば、生鮮食品を除く総合指数の前年比は+2.0%であり、食料・エネルギーを除く総合指数の前年比も+2.0%である。2014年4月

2015年3月30日京都府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度版『京都府環境白書』

ここから本文です。平成26年度版『京都府環境白書』 発行報道発表日:平成27年3月27日文化環境部 環境・エネルギー局 環境政策課 075-414-4704 「京都府環境を守り育てる条例」に基づき、府環境基本計画に沿った事業の進捗状況など、京都府の環境行政について、平成26年度版『京都府環境白書』の1冊にまとめました。巻頭では、「エネルギー自給・京都」実現に向けた新たな取組や「山陰海岸ジオパーク」の世界ジオパーク再認定、「京都府産業廃棄物処理施設設置等の手続に関する条例」施行をはじめ、今年度の特

消費者物価(全国15年2月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は1年9ヵ月ぶりのゼロ%

消費者物価(全国15年2月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は1年9ヵ月ぶりのゼロ% | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年2月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は1年9ヵ月ぶりのゼロ% 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は13年5月以来のゼロ%・コアCPIのマイ

2015年3月24日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大和総研のレポートです。

スマートシティの可能性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 スマートシティの可能性求められる家庭部門・中小事業者のスマート化 ◆現在の民生部門(家庭部門と業務部門)のエネルギー消費量とCO2排出量は、全体の1/3を占めるようになっている。エネルギー消費や燃費がコストに直結する産業部門や運輸部門と違って、民生部門は対策の投資効果が測りにくく、エネルギー使用に関する制御がしにくい。ITを活用してQOL(生活の質)を下げずに、エネルギー、交通インフラ、医療、防犯・防

2015年3月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(風力発電の導入促進のための送電網整備に関する調査)

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(風力発電の導入促進のための送電網整備に関する調査)

2015年3月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査系統用蓄電池等に関する海外動向調査

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査系統用蓄電池等に関する海外動向調査

消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく

消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は0.2%まで低下・エネルギーの下落幅は15年度入り後さらに拡大・コアCPI上昇率は15年度入り後にはいっ

円安ドル高エネルギーは再び回復へ~マーケット・カルテ3月号

円安ドル高エネルギーは再び回復へ~マーケット・カルテ3月号 | ニッセイ基礎研究所 円安ドル高エネルギーは再び回復へ~マーケット・カルテ3月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀追加緩和期待の後退やギリシャ不安等に伴うリスク回避によって、ドル円は上値の重い展開が継続。好調な米雇用統計などから2月中旬に一時120円台を

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

原油安、円安下での物価実感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年2月3日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦国際原油市況は2014年半ばから急落し、直近のピークをつけた2014年6月に比べて半値を下回る水準まで低下している。原油価格の下落は、産油国から原油純輸入国への所得移転であるため、原油の大半を輸入に頼る日本経済にとっても大きなメリットになるとみられる。とりわけ、物価下落による購買力の向上が、増税後低迷してきた個人消費を刺

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は0.5%まで低下・ガソリン、灯油の下落率が前年比で二桁のマイナスに・コアCPI上昇率は15年度入り後にはいったんマイナスへ総務省が1月30日に公表した消費者物価指数によると、14年12月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合

シェールガスもそのひとつです。

非在来型ガス開発の現況とエネルギー分野に及ぼす影響

非在来型ガス開発の現況とエネルギー分野に及ぼす影響

「川中」分野を中心に引き続き注目されるMLP

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月19日「川中」分野を中心に引き続き注目されるMLP 1月に入り、再び、原油価格の下落が加速しています。昨年末、1バレル=53.27米ドルだったWTI原油先物価格は、1月13日に1バレル=45.89米ドルとなり、短期間で14%下落しました。この背景としては、供給過剰に対する警戒感が根強いなか、サウジアラビアによる欧米向けの原油価格の再引き下げが報じられたことに加え、アラブ首長国連邦のエネルギー相がOPEC(石油輸出国機構)の原

プレゼン資料です。

アフリカ:IEAのアフリカのエネルギー見通しについて

アフリカ:IEAのアフリカのエネルギー見通しについて

原油安の影響などを受けたハイイールド債~今後の投資家心理の改善が鍵に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月17日原油安の影響などを受けたハイイールド債~今後の投資家心理の改善が鍵に 11月下旬以降、急速な原油安の影響などから、新興国を中心にハイイールド債は大きく下落しています。その背景に、新興国や米国のハイイールド債市場で、原油価格が今後も現在の水準で推移すると、エネルギー関連企業のハイイールド債のデフォルト率上昇につながるとの懸念が高まったことなどがあると見られます。加えて、ロシアなどのエネルギー輸出国の通貨が下落しているこ

2014年12月4日資源エネルギー庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見やすくまとまっています。

「日本のエネルギー2014」(簡易リーフレット版)

「日本のエネルギー2014」(簡易リーフレット版)

2014年12月3日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー業界の設備投資です。

エネルギー分野の設備投資動向

エネルギー分野の設備投資動向

2014年11月19日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し サマリー版

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 水素社会の兆し 水素社会の兆し サマリー版水素社会の幕開け ◆化石燃料を中心とした世界のエネルギー消費量は増加を続けており、その安定的な確保や気候変動への対応が喫緊の課題となっている。水素を本格的に利活用する「水素社会」は、エネルギー供給におけるS+3Eを実現する取組みの一つとして、各国で進められている。日本でも、水素社会の実現に向けたロードマップが示されるなど産官

2014年11月18日資源エネルギー庁★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

資源エネルギー庁のパンフレットです。

日本のエネルギー2014

日本のエネルギー2014

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏消費者物価(速報) ~緩和競争への再参戦は?~

EU Indicators欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏消費者物価(速報)発表日:2014年10月31日(金)~緩和競争への再参戦は?~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527・ 10月のユーロ圏の消費者物価の速報値は前年比+0.4%と、今次サイクルのボトムを記録した前月(同 +0.3%)から上昇率が小幅加速。速報時点で公表された内訳では、前年同月の”裏”にもかかわらず、 コア物価(前月:同+0.8%→今月:同+ 0.7%)の上昇率が鈍化し、今次

2014年10月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:消費者物価(9月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報October 22, 2014【米国経済指標】消費者物価(9 月):前月比+0.1%、エネルギー同▲0.7%、コアベース同+0.1%9 月の消費者物価は前月比+0.1%と、横這いに消費者物価の推移(前年比%)6とどまるとした事前の市場予想(Bloomberg 調5査)を上回り、8 月の同▲0.2%の低下からプラ4

2014年9月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査熱供給サービス事業に関連する制度・手続きに関する調査 報告書

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査熱供給サービス事業に関連する制度・手続きに関する調査 報告書

2014年8月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化対策技術普及等推進事業(タイにおける工業団地での省エネ診断による総合的エネルギー削減効果検証調査)

平成25年度地球温暖化対策技術普及等推進事業(タイにおける工業団地での省エネ診断による総合的エネルギー削減効果検証調査)

2014年8月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球環境国際連携事業(エネルギー・環境技術の世界的なイノベーション促進・普及に向けた動向等調査)報告書

平成25年度地球環境国際連携事業(エネルギー・環境技術の世界的なイノベーション促進・普及に向けた動向等調査)報告書

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(我が国におけるスマートコミュニティに関する実態調査)報告書

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(我が国におけるスマートコミュニティに関する実態調査)報告書

2014年7月9日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)市場に関する調査結果 2014

2014年07月09日 ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)市場に関する調査結果 2014 ~ビルの省エネ性と知的生産性を高め、付加価値を向上させることにより建築市場を活性化~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)市場およびそれを実現する建築設備市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年4月~6月2.調査対象:設計事務所、ゼネコン、空調サブコン、電気サブコン、設備機器・ビルシステムメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mai

2014年6月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月全国消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月全国消費者物価物価上昇率は概ね横ばいでの推移 ◆2014年5月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+3.4%と、市場コンセンサス(同+3.4%)通りの内容となった。5月に関しては、消費税率引き上げがコアCPIを2.0%pt押し上げた模様である。5月全国コアCPIの消費税を除くベースの数値を試算すると、前年比+1.4%と前月(同+1.5%)から上昇幅が縮小した。これは携帯電話機や電気

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 新エネルギー等導入促進基礎調査(水力開発導入基盤整備調査)報告書

平成25年度 新エネルギー等導入促進基礎調査(水力開発導入基盤整備調査)報告書

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等共通基盤整備促進事業報告書

平成25年度新エネルギー等共通基盤整備促進事業報告書

2014年5月6日NHK★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

全国と被災地での調査です。

震災3年 「防災とエネルギー」調査

震災3年 「防災とエネルギー」調査~国民と被災者の意識を探る~東日本大震災から3年になるのを機に、NHKは2013年11月末~12月に全国と東北の被災3県で世論調査を実施した。本稿は、全国と被災3県の比較、震災直後の調査などとの時系列比較を適宜交えながら報告する。震災後の日常生活の変化では、被害の有無にかかわらず、地震・災害や放射線への不安が「増した」人が多数を占める。家族や地域とのつながりについても「増した」という人が「減った」を大幅に上回る。被災3県で被害にあった人では、不安でも家族や地域と

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度新エネルギー等導入促進基礎調査(グリーン・イノベーションを推進するためのファイナンスに関する調査)

平成22年度新エネルギー等導入促進基礎調査(グリーン・イノベーションを推進するためのファイナンスに関する調査)

ロシア:エネルギーから見たウクライナ問題

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

2014年4月16日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発の俯瞰報告書 環境・エネルギー分野(2013年)第2版

研究開発の俯瞰報告書 環境・エネルギー分野(2013年)第2版

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(風力・地熱発電に係る環境アセスメント手続における前倒環境調査のあり方に関する調査)報告書

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(風力・地熱発電に係る環境アセスメント手続における前倒環境調査のあり方に関する調査)報告書

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度新エネルギー等導入促進基礎調査(水力開発導入基盤整備調査)報告書

平成24年度新エネルギー等導入促進基礎調査(水力開発導入基盤整備調査)報告書

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

今後のネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの評価手法等に係る調査報告書

今後のネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの評価手法等に係る調査報告書

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月消費者物価前年比+1.3%と1%台前半の推移が続く。耐久財では白物家電も上昇 ◆2014年1月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.3%と、市場コンセンサス(同+1.3%)通りの結果となり、上昇幅も前月と変わらなかった。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)は前年比+0.7%と、こちらも前月と同じ上昇幅であった。◆2

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月消費者物価コアCPIは前年比+1.3%と上昇幅が拡大、食料品価格上昇の影響が大きい ◆2013年12月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.3%と、市場コンセンサス(同+1.2%)を上回り、上昇幅は前月から拡大した。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)は前年比+0.7%と、こちらも上昇幅が前月から拡大している。加

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ