調査のチカラ TOP > タグ一覧 > エネルギー価格

「エネルギー価格」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

消費者物価(全国15年5月)~コアCPI上昇率はゼロ近傍で推移も、幅広い品目で値上げが続く

消費者物価(全国15年5月)~コアCPI上昇率はゼロ近傍で推移も、幅広い品目で値上げが続く | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年5月)~コアCPI上昇率はゼロ近傍で推移も、幅広い品目で値上げが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率はゼロ近傍の推移が続く・物価上昇品目数はさらに増加・コアCPIは夏場

2015年4月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 非製造業部門の堅調さ維持を示す(15年3月ISM非製造業景気指数) ~エネルギー価格下落等が下支え~

米国 非製造業部門の堅調さ維持を示す(15年3月ISM非製造業景気指数) ~エネルギー価格下落等が下支え~

2015年4月3日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その2)

炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その2)2015年 3月31日顧 阿倫:博士、清華大学エネルギー環境経済研究所准教授略歴主な研究テーマはエネルギーシステム分析と気候変動政策。国家科学技術支援計画「国際社会の気候変動における各業界の排出削減と市場メカニズム中の主要問題に対する支援技術研究」に参加。 3 標準モデルによる測定結果 2005年から2007年にかけての中国の輸出製品のコストを検証すると、エネルギーコストは各年、輸出額の約13%を占めている。仮に、輸入される中間製品に

2015年3月3日中国電力フィードバック数:0社会/政治

エネルギア地域経済レポート 2015年3月(No.488)

NO.4882015.3■ 調査レポート鳥取県を中心とした産業発展の歴史(明治・大正編Ⅳ)■解説将来の原油・天然ガス価格見通し(2015)■ 経済情勢(12 月の経済指標を中心に)■2015 年 3 月経済指標カレンダーエネルギア地域経済レポート目No.488 2015.3次1 調査レポート鳥取県を中心とした産業発展の歴史(明治・大正編Ⅳ)金融業の発展郵便・電信・電話新聞11特集将来の原油・天然ガス価格見通し(2015)各調査機関のレポート発表時期2035 年までの原油価格見通し2035 年まで

2014年10月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:9月ユーロ圏消費者物価(確報) ~遠退く物価の反転~

EU Indicators欧州経済指標コメント:9月ユーロ圏消費者物価(確報)発表日:2014年10月17日(金)~遠退く物価の反転~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 9月のユーロ圏の消費者物価の確報値は前年比+0.3%と速報値から不変(前月は同+0.4%)。費目別の内訳は、食料品(前月:同▲0.9%→今月:同▲0.2%)の下落率が縮小、たばこ価格(同+2.1%→同+2.3%)の上昇率が拡大した一方で、エネルギー価格(同▲2.0%→同▲2.3%)

2014年7月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月全国消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月全国消費者物価エネルギー価格のプラス寄与が縮小 2014年7月25日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年6月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+3.3%と、市場コンセンサス(同+3.3%)通りの内容となった。消費税率引き上げを受けて、大幅な上昇が続いている。6月全国コアCPIの消費税を除くベースの数値を試算すると、前年比+1.3%と前月(

2014年6月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

突発的エネルギー価格上昇は勘弁願う

突発的エネルギー価格上昇は勘弁願う

消費者物価(全国14年5月)~消費増税分の価格転嫁後は値上げの動きが一服

消費者物価(全国14年5月)~消費増税分の価格転嫁後は値上げの動きが一服 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年5月)~消費増税分の価格転嫁後は値上げの動きが一服 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費税の影響を除くと上昇率はほぼ変わらず・コアCPI上昇率は夏場以降鈍化へ総務省が6月27日に公表した消費者物価指数によ

消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く

消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPIは3ヵ月連続で1%台の伸び・物価上昇の裾野がさらに広がる・消費税率引き上げ後のコアCPI上昇率は3%台前半へ総務省が2月28日に公表した消費者物価指数によると、14年1月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.3%(12月:同1.3%)と8ヵ月連続のプラスとなった。

消費者物価(全国13年12月)~物価上昇品目の割合が4年7ヵ月ぶりに50%を上回る

消費者物価(全国13年12月)~物価上昇品目の割合が4年7ヵ月ぶりに50%を上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年12月)~物価上昇品目の割合が4年7ヵ月ぶりに50%を上回る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは2ヵ月連続で1%台の伸び・物価上昇品目の割合が4年7ヵ月ぶりに50%を上回る・コアCPI

消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ

消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは2ヵ月連続のプラス・物価上昇品目数が3ヵ月連続で増加・コアCPI上昇率は年末にかけて1%程度まで拡大へ総務省

2013年8月15日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:生産者物価(7月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報August 14, 2013【米国経済指標】生産者物価(7 月):完成品全体前月比 0.0%、エネルギー同▲0.2%、コアベース同+0.1%7 月の生産者物価(完成品)は前月比 0.0%と、事前の市場予想(Bloomberg 調査)である同+0.3%を下回った。天然ガスの価格低下生産者物価(完成品)の推移(前年比

消費者物価(全国13年6月)~コアCPI上昇率は年末にかけて1%近くまで拡大へ

消費者物価(全国13年6月)~コアCPI上昇率は年末にかけて1%近くまで拡大へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年6月)~コアCPI上昇率は年末にかけて1%近くまで拡大へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは1年2ヵ月ぶりのプラス・物価上昇品目数が2ヵ月連続で増加も、引き続き下落品目数を下回る・コアCP

2013年7月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安による物価上昇と家計の不満

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日銀が2%の物価目標政策を採用し、その達成手段として「量的・質的金融緩和」を導入して以来、物価動向に対する注目度は以前より大きく高まっている。そのような中、消費者物価指数(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、2013年5月には前年比0.0%となり、7ヶ月ぶりにマイナスから脱した。また、6月の東京都区部のコアCPIは、前年比+0.2%と2ヶ月連続で上昇しており、物価上昇に向けた動きが見られていると言えるだ

2013年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

欧州経済指標コメント:4月ユーロ圏消費者物価(速報) ~エネルギー要因だけでは説明できない物価の下振れ~

EU Indicators欧州経済指標コメント:4月ユーロ圏消費者物価(速報)発表日:2013年4月30日(火)~エネルギー要因だけでは説明できない物価の下振れ~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 2013年4月のユーロ圏の消費者物価の速報値(EU統一基準)は前年比+1.2%と前月(同+1.7%)から大幅に上昇率が縮小。事前のコンセンサス予想(同+1.6%)を大きく下回った。国別・費目別の内訳は5月16日発表の確報値の結果を待つ必要があるが、原油価

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ