調査のチカラ TOP > タグ一覧 > エネルギー消費

「エネルギー消費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月4日国際環境経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その3)

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考える2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その3)COP 21に向けて日本に求められるのは、世界の化石燃料消費の具体的な削減提案でなければならない印刷用ページCOP21に向けて温室効果ガス(CO2)の排出削減目標が発表されたが 今年(2015年)末に予定されている第21回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP21)に向けて、日本のCO2の排出削減目標の提示が迫られている。このCOP21への温室効果ガス(CO2)

2015年6月4日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ASEAN地域でのエネルギー事情です。

旺盛なエネルギー需要が見込まれるメコン地域

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 旺盛なエネルギー需要が見込まれるメコン地域 米国エネルギー情報局(U.S. Energy Information Administration)によると、世界218ヵ国の一次エネルギー消費量は、データが入手可能な1980年から2012年までの約30年間、概ね右肩上がりの増加で推移してきた(図表1)。しかし地域別に見ると、欧州や北米などの先進国ではほぼ横ばい傾向が続いている。先進国では一般的に、製造業か

2015年4月3日科学技術振興機構フィードバック数:0社会/政治海外

中国2014年国民経済および社会発展に関する統計公報

中国2014年国民経済および社会発展に関する統計公報2015年 3月31日 金 振(中国総合研究交流センター) 2015年2月26日、中国国家統計局は、「2014年国民経済および社会発展に関する統計公報」を発表した(以下、公報)。ここでは、産業、エネルギー、の2つの分野の統計数値について紹介する。第三次産業経済規模が史上最大に 公報によれば、2014年中国第三次産業(エネルギー生産、転換部門は含まない)の経済規模は、2013年比8.1%増の306739億元、GDPにおける割合は48.2%に達し、

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について

2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について概要経済産業省資源エネルギー庁が策定する「総合エネルギー統計」は、現在2005年度に筆者が開発したシステムを用いて算定されており、エネルギー・環境政策の基礎的統計として用いられているが、特に東日本大震災後のエネルギー需給環境の変化を受け部分的な精度低下が顕著化するなど改修が必要な状況となっている。一方、2005年度から開始されたエネルギー消費統計は、第三次産業などのエネルギー消費構造を精緻に把握すべく開始された大規模な一般統計調査であるものの

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

総合エネルギー統計における石油精製部門のエネルギー・炭素収支の改善について

総合エネルギー統計における石油精製部門のエネルギー・炭素収支の改善について概要現行の総合エネルギー統計においては、石油精製部門のエネルギー・炭素収支について、原油などの投入側とガソリンなどの産出側の数量のみを基準としてこれを算定しており、投入と産出の差分は全て誤差としエネルギー消費やエネルギー起源CO₂排出の算定から除外している。しかし、重質油分解触媒の再生時に発生するオイルコークスの焼却分など、当該差分のうちエネルギー起源CO₂の排出源となっている部分が存在する可能性が環境省の関連検討会におい

2014年10月16日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需要についてのレポートです。

産業用・業務用電力需要の動向把握 「都道府県別エネルギー消費統計」を用いた予備的考察

産業用・業務用電力需要の動向把握 「都道府県別エネルギー消費統計」を用いた予備的考察 要約 従来使用されてきた「電気事業便覧(電力統計情報)」のデータでは,2000年の電力自由化以降,契約電力が一定規模以上の需要家の電力需要が「特定規模需要」として一括計上されており,それゆえ,産業部門と業務部門の電力需要を分割し,経済分析を行うことが困難となってきた。そこで,本稿では近年新たに整備された「都道府県別エネルギー消費統計」のデータを10地域別に集計し,産業部門と業務部門における電力需要の経済分析を行

2014年8月21日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【新エネルギー基本計画検証シリーズ No.4】節電をわが国成長のバネに-民生部門の節電投資と産業構造の転換が鍵

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪新エネルギー基本計画検証シリーズ No.4≫2014 年 8 月 21 日No.2014-027節電をわが国成長のバネに―民生部門の節電投資と産業構造の転換が鍵―調査部 主任研究員 藤波 匠《要 点》現在全基が停止している原発は、安全性が確認されたものから順次再稼働することになってはいるものの、震災前の水準まで発電量を高めることは期待できない。加えて、CO2 排出抑制、省エネ技術の蓄積、産業構造の転換、エネルギー安全保障など

2014年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度国際石油需給体制等調査 (専門家派遣等によるアセアン諸国へのエネルギー統計技術移転事業)調査研究報告書

平成24年度国際石油需給体制等調査(専門家派遣等によるアセアン諸国へのエネルギー統計技術移転事業)調査研究報告書平成25年3月一般財団法人 日本エネルギー経済研究所計量分析ユニットはじめにアセアン諸国においては、今後も経済発展とともにエネルギー需要の急速な増大が予想されている。しかしながら、本地域におけるエネルギー需給統計の不備による需給見通しの不透明さが、石油等のエネルギーの世界的な価格不安定要因ともされ、エネルギー安全保障上の大きな課題となっている。これらの課題への取り組みが急務となっている

2013年11月7日博報堂★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

博報堂の調査です。

第4回「スマートグリッドなどに関する生活者調査」

NEWS博報堂スマートグリッドビジネス推進室、第4回「スマートグリッドなどに関する生活者調査」結果 2013年11月07日生活者のエネルギー消費への意識と行動に変化の兆し「見える化」と「自分でコントロール」を望む傾向●「自宅のエネルギー消費量を把握しておきたい」人は73.3%で、昨年よりも7 ポイントアップ。 ●「エネルギー消費量は、自分の意思でコントロールしたい」人が、61.6%に4 ポイント以上アップ。2011 年に発足した博報堂スマートグリッドビジネス推進室では、2013 年9 月に「スマ

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度産業経済研究委託事業「エネルギー供給構造の変化が我が国の経済産業構造に与える影響に関する調査」,報告書

経済産業省委託調査平成23年度産業経済研究委託事業「エネルギー供給構造の変化が我が国の経済産業構造に与える影響に関する調査」<報告書>平成24年3月三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング株式会社はじめに2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災以降、電力供給制約が日本経済に大きな影響を与えている。電力供給制約に関しては様々な対策が提案されているものの、これまでこれらの対策が日本のマクロ経済に与える影響については十分な検証が行われてこなかった。本調査研究では、エネルギー産業の経済分析に

2013年5月30日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(IT機器のエネルギー消費量に係る調査事業)報告書

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(IT機器のエネルギー消費量に係る調査事業)報告書

中国の大気汚染についてのレポートです。

中国の大気汚染が深刻化する原因

http://www.nochuri.co.jp/今 月 の焦 点海外経済金融中 国 の大 気 汚 染 が深 刻 化 する原 因王 雷軒はじめに拡散速度が小さく、重力沈降の影響もあま2013 年 1 月、北京など中国の多くの都市り受けない。そのため、微小粒子の主な除では、深刻な大気汚染が発生した。中国は去方法である降雨などがない場合は大気中慢性的な大気汚染問題を抱えているが、今での滞留時間が長くなるため、高濃度汚染回は国土全体の約 4 分の1、総人口の約半を引き起こす要因となる。分(6 億人)が

2013年1月30日旭化成★フィードバック数:0大型消費/投資

エネルギーの面から二世帯同居を見ています。

暮らしの『場』を重ねる二世帯同居とエネルギー消費の関係

暮らしの「場」を重ねる二世帯同居とエネルギー消費の関係 調査報告書旭化成ホームズ株式会社くらしノベーション研究所■はじめに1. 背景 1)資源枯渇・気候変動などからの省エネルギーの社会的要請・日本のみならずエネルギーの供給については、様々な不確定要因が多く、今後の省エネルギーは社会的にも必ず実行していかなくてはならない課題です。 2)家庭の省エネルギーとジレンマ・しかし、省エネルギーに対する技術的進歩が日々なされているにもかかわらず、家庭のエネルギー消費は必ずしも減少しているとは言えません。身の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ