調査のチカラ TOP > タグ一覧 > エルドアン

「エルドアン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ総選挙:与党AKPが過半数割れ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 トルコ総選挙:与党AKPが過半数割れ早期に再総選挙の可能性も ◆6月7日に実施されたトルコの国会総選挙は、与党AKPが過半数割れとなる一方、クルド系政党のHDPが議席を獲得する見通しとなった。エルドアン大統領とAKPは実権型大統領制への移行を目指し選挙戦を戦ってきたが、過去AKPへの支持率の裏付けとなっていた経済成長に陰りが見えるなかで、高い失業率への不満等がAKPの票離れにつながったとみられる。◆実

トルコ中央銀行の巧みな政策調整~主要政策金利は据え置き~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月28日トルコ中央銀行の巧みな政策調整~主要政策金利は据え置き~ トルコ中央銀行は27日の金融政策委員会で、主要政策金利である1週間物レポ金利を8.25%で据え置いたほか、市中金利の事実上の下限となる翌日物借入金利も7.5%で据え置いた一方、同上限となる翌日物貸出金利の引き下げ(12.00%→11.25%)を決定しました。なお、市場では、翌日物貸出金利も含め、主要金利に変更はないとの予想が優勢でした。金融政策委員会後に公表され

世界のトップ10入りを目指し、動き始めるトルコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月11日世界のトップ10入りを目指し、動き始めるトルコ トルコで10日に投開票が行なわれた、同国初となる国民の直接投票による大統領選挙において、現首相のエルドアン氏が過半数の票を獲得し、当選しました。首相として同国の力強い経済成長を実現させてきた同氏は今後、建国100周年の2023年にトルコを経済規模で世界のトップ10入りさせることなどを視野に、最長2期10年の長期政権を目指すとみられます。トルコの大統領は、政党に属さず、政治

2013年6月9日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

揺れるトルコ情勢と金融市場

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 揺れるトルコ情勢と金融市場「アラブの春」の再来か ◆トルコ情勢が揺れている。発端はインスタンブール近郊にて行われていた環境団体のデモ行進であるが、それが過熱し、5月31日に警官隊と衝突した。デモは、現与党のエルドアン政権に反対する市民も巻き込んだ抗議活動に発展しており、状況は悪化の一途をたどっている。◆過去、トルコ政府は政教分離を念頭に置いた政治体制であったが、現与党、エルドアン首相率いる公正発展党(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ