調査のチカラ TOP > タグ一覧 > エルドアン大統領

「エルドアン大統領」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

トルコ:総選挙の結果を受けたトルコ市場の現状と今後の見通し

トルコ:総選挙の結果を受けたトルコ市場の現状と今後の見通し2015年6月9日<選挙結果を受けて、金融市場は下落>AKP(公正発展党)が、2002年の総選挙で政権を獲得して以来、初めて過半数を割り込んだとみられる総選挙結果(6月7日、現地、以下同様)を受けて一夜が明けた8日のトルコ金融市場は、下落して始まりました。トルコ・リラは一時対米ドルで2.80を記録するなど、過去最安値を更新し、その後2.75近辺で引けました。対円では、金曜日から約3%の下落(仲値ベース)となりました。株式市場も大きく下落し

総選挙を前に揺らぐトルコ・リラ~景気は底打ちから改善へ~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月20日総選挙を前に揺らぐトルコ・リラ~景気は底打ちから改善へ~ トルコ・リラは、エルドアン大統領が利下げ要求を控えたことや米早期利上げ観測の後退などを背景に3月にやや持ち直したものの、4月に入って再び売られ、足元では対米ドルで史上最安値を更新しました。これは、6月7日のトルコの総選挙が近づき、政策面での先行き不透明感への懸念が強まっているためと考えられます。世論調査での高支持率などから、与党・公正発展党(AKP)は総選挙後も

2015年2月22日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

トルコの国情調査 ~悪化する経済情勢と権勢強化を目指すエルドアン大統領~

トルコの国情調査 ~悪化する経済情勢と権勢強化を目指すエルドアン大統領~

トルコ・リラを取り巻く環境について~振れの大きな展開となる可能性も~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月5日トルコ・リラを取り巻く環境について~振れの大きな展開となる可能性も~ トルコ・リラが足元で再び軟調となり、特に対米ドルでは史上最安値を更新する展開となっています。その主な背景として、同国で利下げが見込まれていることに加え、利下げを求める政治的圧力の高まりなどを背景に、中央銀行への信認が揺らぐとの懸念が拡がっていることが考えられます。トルコ中央銀行総裁は1月27日、2月の金融政策委員会を20日前倒しすると発表し、緊急利下げ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ