「エーカー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月22日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、2015/16年度の穀物の需給見通しを公表(米国)

米国農務省(USDA)は5月12日に公表した「World Agricultural Supply and Demand Estimates Report (WASDE)」で、本年最初の公表となる2015/16穀物年度(9月〜翌8月)の米国穀物の需給見通しを示した。 トウモロコシ:生産量は減少も、前年からの繰越在庫が下支え 2015/16穀物年度のトウモロコシ生産量は、作付面積および単収の減少見込みから、前年比4.1%減の136億3000万ブッシェル(3億4620万トン)と見込まれる。作付面積は、

2014年7月4日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、2014/15年度のトウモロコシおよび大豆の作付面積を公表

トウモロコシの作付面積は、2010年以降、最低水準  米国農務省(USDA)は6月30日、2014/15穀物年度(9月〜翌年8月)のトウモロコシ作付面積を公表した。これによると、好調な大豆価格を背景に大豆への転作が増加したことなどから、3月31日に公表した作付面積(9169万エーカー)を5万エーカー(2万ヘクタール)下回る9164万エーカー(3666万ヘクタール)に下方修正した。これは、前年を372万4000エーカー(148万9600ヘクタール)下回り、2010年以降、最も低い水準となる。また、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ