調査のチカラ TOP > タグ一覧 > オイルショック

「オイルショック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

金融緩和の強化を促す逆オイルショック

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 逆オイルショックを生んだ原油の供給過剰は、米国のシェールオイル増産、リビア、イラクの生産回復、OPECの減産回避など供給側の要因が大きいが、需要側にもユーロ圏の停滞、中国経済の減速などといった要因がある。原油価格の下落がシェールオイルの投資計画を減少させ、最終的に産出量の調整に至る可能性が高いと思われるが、同時に採掘コストも低下しており先行きは不透明である。他方、デフレの危機に直面するユーロ圏では鉱物

2014年12月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油価格下落、逆オイルショックは1985年の再来

リサーチ TODAY2014 年 12 月 17 日原油価格下落、逆オイルショックは1985年の再来常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創原油価格は12月、WTIでみて60ドル割れ水準まで低下した。下記の図表は原油価格と銅相場の推移を示したものだ。銅と原油の相場は2011年までは連動した動きを示していたが、2011年以降、銅価格が中国の景気減速と連動して低下に向かうなか、原油相場は地政学的な不安等もあって高止まりした状態を続けていた。つまり、中国を中心として世界的な需要不足、設備投資の停滞の

2014年10月3日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー問題についての論文です。

オイルショックの教訓を生かし、節電をわが国成長のバネに-産業構造の転換と民生部門の節電投資が鍵

オイルショックの教訓を生かし、節電をわが国成長のバネに-産業構造の転換と民生部門の節電投資が鍵

2014年3月27日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【新エネルギー基本計画検証シリーズ No.3】わが国省エネ戦略の方向性-オイルショックからの示唆

【新エネルギー基本計画検証シリーズ No.3】わが国省エネ戦略の方向性-オイルショックからの示唆

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ