調査のチカラ TOP > タグ一覧 > オゾン層破壊

「オゾン層破壊」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年11月16日気象庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気象庁のレポートです。

今年の南極オゾンホール ―依然として規模の大きい状態が継続―

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 今年の南極オゾンホール ―依然として規模の大きい状態が継続―報道発表日概要今年の南極上空のオゾンホールは、10月1日に今年最大面積である南極大陸の約1.7倍まで拡大しました。 これは最近10年間の平均と同程度の規模であり、依然として規模の大きい状態が継続しています。本文気象庁が米国航空宇宙局(NASA)の衛星観測データを基に解析した結果、南極上空のオゾンホール※は、 例年と同様に8月に現れたのち、9月上旬から中旬にかけて拡大しました。その後、南極

2014年8月29日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のレポートです。

平成25年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書

平成25年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書について(お知らせ)環境省は、「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」(昭和63年法律第53号)に基づき、平成25年度におけるオゾン層の状況、オゾン層破壊物質等の大気中濃度等に関する監視結果を年次報告書として取りまとめました。(報告書の主なポイント)1 オゾン層の状況 ○ 地球規模のオゾン全量は、1980年代から1990年代前半にかけて大きく減少したが、その後減少傾向が緩和し、1990年代後半からはわずかな増加傾向がみられるものの、衛

2013年11月2日気象庁フィードバック数:0社会/政治

今年の南極オゾンホール

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 今年の南極オゾンホール報道発表日概要今年の南極上空のオゾンホールは、9月中旬に最盛期を迎えて南極大陸の約1.7倍まで拡大し、最近10年間の平均と同程度の規模となりました。本文気象庁が米国航空宇宙局(NASA)の衛星観測データを基に解析した結果、南極上空のオゾンホールは、例年と同様に8月に現れたのち拡大し、9月16日に今年の最大面積である2,340万km2(南極大陸の約1.7倍)まで広がりました。この値は、最近10年間の平均と同程度で、長期的にみる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ