「オランダ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月1日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「日系企業のEU進出状況」調査

公開日付:2017.04.21 EU(欧州連合)加盟28カ国に進出している日系企業は1,242社で、1万3,072拠点を構えていることがわかった。拠点数ではEU離脱を決定したイギリス(4,083拠点、構成比31.2%)がトップ、次いでドイツ、フランスと有力国が続く。産業別では、卸売業やサービス業他の比率が高く、日系企業はEU諸国を製造拠点だけでなく販売やサービスの提供先としている実態も浮かび上がった。東京商工リサーチでは、国内企業データベースとDun & Bradstreet(本社・米国)の海外

2017年3月31日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

読書頻度に関するグローバル調査

「読書頻度に関するグローバル調査」 - 毎日、本を読む人は30%  GfKは17カ国、22,000人のインターネットユーザーに対し本を読む頻度についての調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、3割が毎日、本を読むと回答。・毎日、本を読む割合が最も高い国は中国。全く読まない割合が高い国はオランダと韓国。  世界17カ国の22,000名に本を読む頻度について尋ねたところ、グローバル(17カ国計)では30%が「毎日・ほぼ毎日」本を読んでいることが明らかになりました。「毎

変革期を迎えるオランダの年金基金~その背景と課題~

変革期を迎えるオランダの年金基金~その背景と課題~ | ニッセイ基礎研究所 変革期を迎えるオランダの年金基金~その背景と課題~ 取締役 前田 俊之オランダの年金制度は世界の中でも高い評価を受けてきました。例えば、年金コンサルタントのマーサー社が毎年発表する主要国の年金制度評価で、オランダは常に上位に名を連ねています。しかし、そのオランダの年金制度に変化の兆しがあります。今、何が起きているのか、そしてその背景にどのような問題があるのかを考えてみたいと思います。 レポート研究領域経済

オランダの保険監督と販売動向-わが国にはじめて保険の概念をもたらした国の保険事情

オランダの保険監督と販売動向-わが国にはじめて保険の概念をもたらした国の保険事情 | ニッセイ基礎研究所 オランダの保険監督と販売動向-わが国にはじめて保険の概念をもたらした国の保険事情 保険研究部 上席研究員 小林 雅史基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 「オランダは、面積は九州とほぼ同じ、人口1679万人、GNP8000億ドル(世界第18位)の、風車とチューリ

2014年12月2日NHKフィードバック数:0ライフスタイル

これからの生活時間調査を考える~第36回国際生活時間学会報告~

これからの生活時間調査を考える~第36回国際生活時間学会報告~2014年7月30日から8月1日までの3日間、フィンランドの南西部の町トゥルクで、国際生活時間学会(International Association for Time Use Research)の会議が開かれた。今年のテーマは「生活時間-理論から実践へ」で、107の口頭発表、パネルディスカッション「これからの生活時間調査」、ポスターセッションの15の展示が行われた。筆者は、2013年に実施した幼児生活時間調査の結果から「日本における

2014年5月8日ウエディングパーク★フィードバック数:0大型消費/投資海外

インフォグラフィックです。

世界各国ウエディング事情│オランダ編

世界各国ウエディング事情│オランダ編「地球に負担をかけないエコな暮らし」が大ブームのオランダでは、結婚式もフェアトレード製品やオーガニックにこだわったエコ的なスタイルが注目されています。ギフトや移動手段まで"エコ"にこだわった、オランダのエコ・ウエディングが一目でわかるインフォグラフィックス!Copyright©2017 WeddingPark,LTD.

2013年7月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル海外

オランダの農業と農産物貿易―強い輸出競争力の背景と日本への示唆―

オランダの農業と農産物貿易―強い輸出競争力の背景と日本への示唆―

欧米諸国の年金事情~隣の芝生は青いか~ 第8回 =オランダ編=

欧米諸国の年金事情~隣の芝生は青いか~ 第8回 =オランダ編= | ニッセイ基礎研究所 欧米諸国の年金事情~隣の芝生は青いか~ 第8回 =オランダ編= 取締役 前田 俊之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――独自のプロセスから生まれた社会保障制度~「オランダ病」から「オランダの奇跡」へ~2――公的年金~分かりやすい制度~3――職域年金~公的年金ともいえる重要性

2010年6月21日マクロミルフィードバック数:5エンタテインメント

ワールドカップ2010に関する調査

~日本vsカメルーン戦を観た300人に聞いた~ワールドカップ2010に関する調査 2010年06月15日 W杯カメルーン戦、日本が‘勝つとは思っていなかった’7割超。 活躍したと思う選手は、1位「本田圭佑選手」37%、2位「川島永嗣選手」16%、3位「松井大輔選手」16% 次回オランダ戦も「日本代表を応援したい」86%。株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、ワールドカップ南アフリカ大会の『日本vsカメルーン』の試合を観た人を対象に、「ワールドカップ2010に関

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ