調査のチカラ TOP > タグ一覧 > オープンソースソフトウェア

「オープンソースソフトウェア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年3月12日IPAフィードバック数:0ビジネス

「ソフトウェア識別管理に向けた分析事業」報告書

「ソフトウェア識別管理に向けた分析事業」報告書を公開 2016年3月9日公開 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部概要 オープンソースソフトウェア等の脆弱性が公表された際、各事業者においては、これらのソフトウェアが自社の製品やシステムで使用されているかどうかをいち早く把握して対処を図るとともに、顧客等への注意喚起を行う必要がありますが、製品内部で使用されているソフトウェアの把握は容易ではなく、ソフトウェアの管理の重要性が課題となっています。この課題に対応するためには、自社で使用しているシステム

2015年6月24日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤技術(クラウドコンピューティング時代におけるオープンソースソフトウェアの活用に関する調査事業)」調査報告書

「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤技術(クラウドコンピューティング時代におけるオープンソースソフトウェアの活用に関する調査事業)」調査報告書

2014年7月25日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度アジア産業基盤強化等事業(アセアンにおけるオープンソースソフトウェア(OSS)人材育成可能性に関する調査事業)最終報告書

平成25年度アジア産業基盤強化等事業(アセアンにおけるオープンソースソフトウェア(OSS)人材育成可能性に関する調査事業)最終報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度アジア域内の知識経済化のためのIT活用等支援事業(日中韓の連携によるオープンソースソフトウェアの推進に関する調査事業

平成23年度アジア域内の知識経済化のためのIT活用等支援事業(日中韓の連携によるオープンソースソフトウェアの推進に関する調査事業

2012年1月17日アイティメディア★フィードバック数:9企業情報システム

キーマンズがOSSについての調査結果を発表しました。

OSSの利用状況

キーマンズネットでは、2011年10月25日〜 2011年11月1日にかけて「オープンソースソフトウェア」に関するアンケートを実施した(有効回答数:751)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の55.7%、一般部門が44.3%という構成比であった。今回、お聞きしたのは「導入のきっかけ」や「導入メリット・デメリット」など、OSSの利用状況を把握するための質問。その結果、OSSの導入率は4割強、利用者の9割が導入コスト削減に魅力を感じているもののサポート体制に不安を残している傾向にあることが明

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ