調査のチカラ TOP > タグ一覧 > オープン化

「オープン化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

大学のオープン化に関する調査

まずはJMOOCにログインJMOOCにログインするとお気に入りの講座をリストに登録して通知を受け取ったり、JMOOCのメールマガジンを受け取ることができます。 ※すでにgacco、OpenLearning,Japan、Fisdomでアカウント登録している場合は、登録しているIDを選択してください。 講座の受講には、各講座配信プラットフォームでの会員登録が必要です。JMOOCログインと同じIDでプラットフォームに会員登録してください。 【大学のオープン化に関する調査結果報告(2017)】 スマホ

2015年4月29日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車部品産業についてのレポートです。

取引関係のオープン化が日本の自動車部品産業の生産性に与えた影響の分析

取引関係のオープン化が日本の自動車部品産業の生産性に与えた影響の分析 池内 健太(科学技術・学術政策研究所) /深尾 京司(ファカルティフェロー) /郷古 浩道((株)豊田中央研究所) /金 榮愨(専修大学) /権 赫旭(ファカルティフェロー) 概要自動車産業では、多くの場合、取引関係のある完成車メーカーと部品メーカーとの間に、部品の仕様などをすり合わせるための密接な関係がある。一方で、近年、技術・取引関係の両面において、自動車産業には大きな変化が見られることが先行研究でしばしば指摘されて

2015年4月21日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車産業についてのレポートです。

日本の自動車産業における完成車メーカーと一次サプライヤーの取引構造とその変化

日本の自動車産業における完成車メーカーと一次サプライヤーの取引構造とその変化概要1989年から2010年までの、国内における完成車メーカーと一次サプライヤーの取引について分析し、以下のことが分かった。・取引のオープン化は、期間を通じて少しずつ進んでいる。2000年代においてその要因となっているのは、完成車メーカーが取引先を増やしていることではなくサプライヤーが取引先を増やしていることである。 ・オープン化よりもかなり早いペースで、完成車メーカーと既存のサプライヤーの取引関係の「組み換え」が起こっ

2010年12月21日矢野経済研究所フィードバック数:3ビジネス

国内POSターミナル市場に関する調査結果2010

2010年12月14日 国内POSターミナル市場に関する調査結果2010 ~オープン化とセルフレジ本格導入が進展 ~ 調査要綱矢野経済研究所は次の要綱にてPOSターミナル市場について調査を実施した。1. 調査期間: 2010年10月~12月2. 調査対象: 国内POSメーカー、その他関連企業等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<POS(Point Of Sales system)とは>販売時点売上管理システムともいわれ、物品販売

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ