「カレー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年1月13日ドゥ・ハウスフィードバック数:0大型消費/投資

「正月」に関する調査

2015.12.17好きなおせち料理は「数の子」がトップ 正月料理に飽きたときに食べたくなるものは 1位「ラーメン」、2位「カレー」、3位「寿司」 ~ 「正月」に関する調査結果を発表 ~株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:高栖祐介)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用し、全国に住む20代~60代の男女を対象に「正月」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2015年11月24日(火)~11月27日(金)。有効回答は995人から得ま

2015年12月28日クックパッド★フィードバック数:0ライフスタイル

お正月料理に関するアンケート

クックパッド株式会社クックパッド、お正月料理に関するアンケートを実施毎年おせち料理を食べる人は約8割、飽きたら「カレー」を食べたい人は4割 〜余りがちな食材・メニューのアレンジ料理に広がり、「餅ピザ」経験者は4割超、「煮物で炊き込みごはん」「黒豆カップケーキ」も人気〜クックパッド株式会社は、2015年12月8日(火)〜12月11日(金)の期間において、クックパッドユーザー4,463名(女性3,953名、男性510名)を対象に、お正月料理に関するアンケートを実施しました。その結果、約8割が「毎年お

2015年9月9日アットホーム★フィードバック数:0ライフスタイル

週3回でもOKな「カレー好き県」はどこ?

カテゴリ記事を探すat home VOX会員その他ソーシャルメディア 2015.09.09 週3回でもOKな「カレー好き県」はどこ?カレー、それはラーメンと並んで世代を問わず愛されている日本人のソウルフード。本場インドとは異なる独自の進化を遂げ、今では地域ごとに特色ある「ご当地カレー」なんてものも登場しています。いかにカレーが日本人から愛されているかがわかりますね。さらに、カレーと言えば、多めに作って次の日も食べるという人も少なくありません。今回at home VOXがアンケートで調べたの

2014年12月4日象印マホービン★フィードバック数:0ライフスタイル

料理についての調査です。

夫と妻の料理に関する意識調査

象印マホービン株式会社では、普段、料理をする既婚男女を対象に、料理に関する意識調査を実施いたしました。 ※首都圏在住で、現在、ご夫婦同居されている方を対象 主な調査結果(1)料理をする 本調査の前に、首都圏の20歳以上の既婚男女8,694名(女性:3,301名、男性:5,393名、職業が飲食業を除く)に、ご自身が自宅で料理をされる頻度を聞いたところ、女性(妻)は、「毎日する」が71.7%、「週に5~6日」15.5%と、“週に5日以上”との回答は、87.2%でした。一方、男性(夫)は、「ほとんどし

2014年11月7日NTTレゾナントフィードバック数:0ライフスタイル

ウンチに似ていると思う食べ物ランキング

「ウンチ味のカレーを食べるか、カレー味のウンチを食べるか」という究極の選択を幼少時代にしたことがある人も多いかと思います。それもこれも、すべてはカレーの見た目がウンチに似ていることから起こった論争です。しかし、実はカレー以外にもウンチに似ているものは結構あるようです。そこで今回は、ウンチに似ていると思う食べ物について探ってみました。■ウンチに似ていると思う食べ物ランキング1位:カレー2位:かりんとう3位:味噌4位:乾燥ウコン5位:チョコバナナ 6位以降を見る1位は《カレー》でした。やはり《カレー

2014年8月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム レトルト食品の利用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへレトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱。ボリュームゾーンは「月2〜3回程度」、週1回以上利用者は3割弱。レトルト利用者のうち「カレー」が8割弱、「パスタソース」が4割強で上位2位 レトルト食品の利用場面は「作るのが面倒なとき」「時間がないとき」などが上位。過去調査を比べると「ふだんの食事のメニューとして」が増加、「時間がないとき」が減少傾向 レトルト食品購入場所は「スーパー」が1位。2位は男性(30代以外)は「コンビニエンスストア

2014年1月14日NTTレゾナントフィードバック数:0エンタテインメント

ゲレンデでありがちなことランキング

平年に比べて、これまでのところ累積の積雪量、積雪の深さともに少なめとなっている今冬。日々の暮らしを考えると小雪傾向は大いに歓迎すべきことですが、毎年のスキーを楽しみにしている人々にとっては、なじみにしているゲレンデの積雪状況が少々気になるところです。スキーといえば滑ることだけでなく、日常を離れたゲレンデで体験するさまざまな出来事もだいご味の一つですが、そんなゲレンデでありがちなこととして人々が真っ先に挙げるのが、《リフトにうまく乗れない》です。スキー初心者にとって、リフトの流れを止めることなくス

2013年10月27日アイブリッジフィードバック数:0ライフスタイル

料理を作るとき頼りにするものランキング

料理を作るとき頼りにするものランキング 食欲の秋!美味しい季節の到来です♪ あなたは「料理」は得意ですか?!得意な方にも苦手な方にもお聞きしました!料理をするときに頼りにするものといえば?? 気になる結果を早速チェック! スマホやタブレットなどで簡単に探せて選べて便利! 勘・ひらめき・インスピレーションを大切に♪ 手料理にまつわる失敗&ビックリエピソードのご紹介★その14人分のレシピを2人分で作ったのにまちがえて調味料は4人分のままにしてしまって味が濃すぎた><鮭チャーハンに鮭の骨をいっぱ

第275回 我が家のいちおしカレーは? 2006.07.20~2006.07.26

●分析大人も子どもも大好き! 今や日本の国民食にもなっているメニューといえば「カレー」。食材やルー選びから、作り方、食べ方などなど、ご家庭の数だけ味、こだわりがあるはず。ママパパそれぞれの実家やお友だちの家でカレーを呼ばれたりすると、「こんな味もあるんだ」とビックリすることもありますよね。今回は、みなさまが大好きなカレーについてリサーチ。ママパパのとっておきカレーからお子さま向けカレー、お好みの食材やルー、目からウロコのアイデアまで、あれこれうかがいましたよ。 Q1. 我が家では、どれくらいの

第473回 我が家のいちおしカレーは? 2010.07.29~2010.08.04

●分析毎日、うだるような「酷暑」が続き、体はバテバテ。食欲も減退…と思いますが、なんとか元気を付けたいですよね。そこで、おすすめなのが、程よい刺激で食欲をそそる「カレー」。もちろん、カレーはお子さまにも大人気! 野菜をたっぷり、バランス良く食べられることもあり、作る機会も多いのではないでしょうか。また、カレーはお家ならではの味があるはず。今回は「我が家のいちおしカレーは?」と題して、リサーチを行いました。今すぐ、食べたい、マネしたいカレーが目白押しですよ! Q1.お子さまはカレーが好きですか?

2013年10月4日インサイトフィードバック数:0ライフスタイル

カレーについて [2009.10.16]

カレーについて [2009.10.16]

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:1ライフスタイル

少なくとも週1回は、必ず食べてしまうメニューとは?(2006/09)

【第152回】アンケート結果:2006年9月13日〜9月19日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)6,125人 少なくとも週1回は、必ず食べてしまうメニューとは?食べ慣れているのにランチや夕食で少なくとも週1回は食べてしまう、そんな味がありませんか。それはシンプルで食べ飽きない味でしょうか、それとも食べずにはいられないほど、皆さんを病みつきにする味でしょうか。そこで今回は、皆さんを虜にするメニューについてお尋ねしました。8割以上が止められない、飽きないメニューを持つ「いくら

2013年6月2日ドゥ・ハウスフィードバック数:2ライフスタイル

東京チカラめし継続調査4回目(13年3月)~味わいの評価が上昇!!

ソーシャル時代の「聞く技術」の最新事例をお届けします 聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。 新サイトTOPページ⇒東京チカラめし継続調査4回目(13年3月)~味わいの評価が上昇!!「そとめし生活ラボ」今回ご紹介するのは、外食産業を専門的に取り扱うシリーズ「そとめし生活ラボ」の調査第2弾です。「そとめし生活ラボ」は、外食産業の更なる発展と、そのユーザーである生活者のより一層の満足のために、調査と分析を行ってまいります。■調査目的「東京チカラめし」に関する調査を

2013年3月26日ゲインフィードバック数:2ライフスタイル

一番美味しいカップヌードルランキング

最新のトレンドをランキング形式で提供しますメインメニュー投稿ナビゲーション こんにちは。娯楽が大好きな娯楽ペンギンです。カップヌードル美味しいよね!色々な味が出てるけど、結局どれが美味しいのかな?みんなに好きな味を聞いてみました!理由:他のカップヌードルもそれぞれ美味しいが昔から食べ慣れている普通のカップヌードルが一番美味しいと思います。(男性40代)風の強い冬の寒い日にサッカー大会があり、お昼にカップラーメンが差し入れされました。すごくあたたまり、美味しく感じました。(女性40代)金曜日など

2012年11月30日マクロミル★フィードバック数:5ライフスタイル

男性を対象とした料理や料理教室についての調査です。

男性の料理 実態調査2012

2012年11月30日料理をする男性は約8割。きっかけは「節約のため」が最多'料理教室で学んでみたい'男性は、4割超。昨年より7ポイント上昇料理教室に興味を持った理由、「自分で美味しい料理がつくりたい」が最多「自分磨きのため」、「家族・友人にふるまう」も3割超俺の得意料理ランキング、1位「チャーハン」、2位「カレー」、3位「野菜炒め」インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の20~59才の男性を対象に、「男性の料理実態調査」を実施いたしました。調査手

2012年10月24日フォーピースフィードバック数:1ライフスタイル

「食」に関する調査

オイラの名前は、「ダヨーネ伯爵」♪ オイラは、みんなが言う“普通なこと”や、世の中あたりまえと思われている“普通のできごと”についつい「ダヨナー♪」って言ってしまう、 お調子者なんダヨナー♪  「カレーとラーメンが明日にはこの世から消え去ります。最後に食べるとしたらどっち?」で多数派を勝ち取ったのはラーメン!(60.7%)気温も少しずつ下がってきて、ようやく秋らしい季節になりました。 秋といえばやっぱり「食欲の秋」!ということで、今回はユーザの「食」に関する調査を「だよねー」で行いました♪-・-

2012年8月30日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム レトルト食品の利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへレトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱。ボリュームゾーンは「月2〜3回程度」。「カレー」「パスタソース」「料理の素」などが上位 レトルト食品の利用場面は「作るのが面倒なとき」「時間がないとき」などが上位。週2〜3日以上利用者では「ふだんの食事のメニューとして」が最も多い利用場面 レトルト食品購入理由で多いのは「簡単に」「すぐに」食べられるから。非利用理由は、全体では「価格が高い」「おいしくない・味付けが良くない」「原材料や添加物が

2012年5月24日ウェブクルーフィードバック数:4ライフスタイル

辛い料理に関する1万人アンケート

報道関係者各位 ニュースリリース平成24年5月24日会 社 名 株式会社ウェブクルー 代表者名 代表取締役社長 青山浩 (コード番号8767東証マザーズ) 会 社 名 株式会社小肥羊ジャパン 代表者名 代表取締役社長 青山浩~「東京で最も辛いと思うお店」第1位はあのお店?~夏に辛い料理を食べる人は約85% 辛い料理に期待する効果は健康・美容効果中国最大級の火鍋専門店「小肥羊」 「辛い料理に関する1万人アンケート」調査結果節電や天候異常などの影響から、今年の夏も厳しい暑さが予想され、熱中症や夏

2010年8月31日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

レトルト食品の利用(第3回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへレトルト食品を週1回以上利用者が3割。「カレー」「パスタソーソース」の利用が多くみられる レトルト食品を利用する場面は、「作るのが面倒なとき」「時間がないとき」に続き、「ふだんの食事のメニューとして」「昼食」など日常的利用も3〜4割みられる レトルト食品を利用しない理由は「価格が高いから」「自分では料理をしないから」の他、「原材料や添加物が気になるから」「身体に悪そうだから」なども多い 【調査対象】 「MyVoice」のアンケート

2010年8月10日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

自宅で食べたいごはんものに関する意識調査

自宅で食べたいごはんものに関する意識調査 世代を超えて人気!自宅で食べたいごはんもの1位は「カレー」~外食に負けない味を!こだわり調理ポイントもさまざま最近、景気の低迷を受け消費者の外食離れが進んでいると言われているが、「外食もいいけれど自宅で!」というごはんものメニューは何だろうか?ネットユーザーに調査を実施し、20代から40代の男女467名の回答を集計した。外食もいいけれど、自宅で最も食べたくなるごはんものは何か尋ねたところ、「カレー」が35.1%で最も人気を集めた。続く2位に「炊き込みご飯

2008年11月17日マクロミルフィードバック数:1ライフスタイル

男性の料理 実態調査

2008年10月31日料理する男性は8割超。「週に1回以上」が約5割男性が料理をする理由は、「妻や家族、恋人を喜ばせたいから」35%でトップ男性の約6割、女性の約9割が「料理ができる男はカッコイイ」男性の得意料理は1位:「チャーハン(54%)」、2位:「カレー(53%)」、3位:「野菜炒め(45%)」インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、全国20~59才以下の男性を対象に、「男性の料理 実態調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ