「カーニー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年1月23日A.T. カーニーフィードバック数:0大型消費/投資

The Battle for the Smart Home: Open to All(スマートホームビジネス勝利への条件)

[] 経営コンサルティング会社A.T. カーニー(本部:米国イリノイ州シカゴ、東京オフィス:港区)は、スマートホームに関する調査報告書を発表、概要の日本語版を本日ウェブサイトで公開した。The Battle for the Smart Home: Open to All(スマートホームビジネス勝利への条件)と題されたこの報告書では、世界全体でのスマートホームの市場規模は現在150億米ドルだが、2020年までに500億米ドル、2030年までに4000億米ドルまで拡大すると予測。さらにアジアでの市場

2016年6月27日A.T. カーニーフィードバック数:0社会/政治

2016年新興国小売市場の参入魅力度ランキング

[] 経営コンサルティング会社A.T. カーニー(本部:米国イリノイ州シカゴ、東京オフィス:港区)は、本日、世界の新興国小売市場に関する最新調査「2016年グローバル・リテール・デベロップメント指数」の結果を発表し、参入魅力度の高い国上位30カ国をランキングした。 世界で最もダイナミックな小売市場の一つである中国が1位、そして法整備等によりビジネス機会が向上し、急成長中のインドが2位へと躍り出た。今年で15回目となる「グローバル・リテール・デベロップメント指数(以下GRDI: Global Re

2016年2月4日A.T. カーニーフィードバック数:0ビジネス

グローバル・サービス・ロケーション指数調査 A.T. カーニー

[] 経営コンサルティング会社A.T. カーニー(本部:米国イリノイ州シカゴ、東京オフィス:港区)は、『2016年度グローバル・サービス・ロケーション指数調査』を実施し、世界のアウトソーシング対象国(オフショア市場)の魅力度ランキングを発表した。本調査は、2004年より継続的に実施されており、企業のITサービス、コールセンター、バックオフィス業務などの海外移転先であるオフショア市場の選択の指針となる各国の魅力度を評価し、さらにグローバル・サービス産業の現状と今後の展望を分析したもの。「経済的魅力

2015年5月21日A.T. カーニー★フィードバック数:0社会/政治

都市ランキングです。

グローバル都市展望2015

[] 本グローバル・シティ(The Global Cities)は、2つの調査から構成されている。◆ グローバル・シティ・インデックス(グローバル都市指標)2015調査(以下、GCI)は、2008年より始まり、今回で5回目を数える。全世界125の都市を、「ビジネス活動」「人的資源」「情報流通」「文化的経験」「政治的関与」の5つの観点から総合的に評価したもの。 上位5都市は調査開始当初より過去5回にわたり変動していない。順位 - 都市名 1 ニューヨーク 2 ロンドン 3 パリ 4 東京 5 香港

2013年6月28日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

カーニー新体制が始動する英中銀~「期待」への働きかけを重視した金融政策へ~

カーニー新体制が始動する英中銀~「期待」への働きかけを重視した金融政策へ~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ