「キムチ鍋」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月28日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

鍋料理に関する意識調査

プラネットの提供するサービスをご紹介します。 プラネットからのニュースとお知らせ。お知らせサービス、セミナー、調査研究などのお知らせです。メディア掲載情報各種メディアで紹介された情報の一覧です。 2016.10.21株式会社プラネット食Vol.48 鍋料理に関する意識調査家族でも“ひとり鍋”でも重宝する、手軽でおいしい「鍋の素」が浸透 ~夫は鍋料理に“妻の愛情“を感じ、妻は“手抜き”ができて助かっている?~国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:

2015年1月16日エイチーム★フィードバック数:0ライフスタイル

都道府県別のランキングもあります。

冬は『鍋』!最も食べられているのは○○○鍋 出身地別の鍋ランキングや“具”のランキングも!

口コミ件数21,596件 ・ 提携引越し業者数268社TV・ラジオCM放送中!引越し見積もりと料金の比較 引越し侍 冬と言えば鍋!最もよく食べられている鍋&欠かせない“具”ランキング2015/01/14公開 1月も半ばに入りましたが、相変わらず厳しい寒さが続いています。寒い冬は、あたたかい『鍋』が食べたくなりますよね。今回の調査レポートは、冬の風物詩とも言える『鍋』をテーマにしたランキングをご紹介します。総合ランキングや出身都道府県別の よく食べる“鍋の種類”ランキングに加え、“鍋に欠かせない

2014年2月2日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「鍋のシメの食材」に関する調査

「鍋のシメの食材」に関する調査結果を発表 ― シメの食材は「うどん」と「ごはん」が断然人気 ― 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役:稲垣佳伸)では、自社のネットリサーチサービス『myアンケートlight』にて20代~60代の男女を対象に、「鍋のシメの食材」に関するアンケートを実施いたしました。調査期間は2013年12月4日(水)~2013年12月9日(月)。有効回答は1,855名から得られました。調査結果サマリーシメの食材は断然「うどん」か「ごはん」。シメに対する意識が高いのは大阪「

2014年1月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム なべ料理(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ冬場に自宅でなべ料理を食べる頻度は「1ヶ月に2〜3回程度」「1週間に1回程度」がボリュームゾーン。近畿・中国・四国などの西日本では頻度が高く、北海道では頻度が低い傾向。冬場に自宅や外食で一人鍋をすることがある人は2割強 自宅でよく食べるなべ料理は全体では「おでん」が1位、「寄せ鍋」「すき焼き」「水炊き」「キムチ鍋・チゲ鍋」「湯豆腐」などが続く(地域により傾向が異なる)。「キムチ鍋・チゲ鍋」は女性10・20代で人気 自宅でなべ料理を食べる人の

2013年11月28日K×K-Bizフィードバック数:0ライフスタイル

韓国食材・食品に関する実態調査

キムチは日本家庭の常備品 キムチを日常的に購入している人は7...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース キムチは日本家庭の常備品 キムチを日常的に購入している人は77%キムチ鍋、豚キムチなど、 食卓によく登場するメニューに使われるキムチは日本の食卓に定着 韓国食材・食品のマーケティングおよび企画を行うコリアンフードマーケティング【K×K-Biz】(所在地:東京都千代田区、発起人:木原 修)は、韓国農水産食品流通公社 東京aTセンター(所在地:東京都新宿区、東京支社長:金

2013年11月11日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

VOL.19 鍋料理に関する調査(2009/1)

鍋料理に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.19 鍋料理に関する調査調査日時:2009年1月24日(土)~1月28日(水) 寒い日が続くこの季節、食べたくなるのがあたたかい鍋料理ですね。 今回は、寒い日にぴったりの「鍋料理」をテーマにアンケートを実施しました。 10代~60代以上のメンバーに、 【好きな鍋料理】や【鍋料理を食べる頻度】について聞いてみました。 鍋料理はどういう風に食べていますか?皆様の声を見てみましょう。※本調査レポートの引用・転載ご希望の

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

美味しいお鍋の食べ方は?(2006/01)

【第118回】アンケート結果:2006年1月11日〜1月17日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)6,025人 寒さが増すと、何をするのも億劫になるという方もきっと多いことでしょう。でもそんな寒い冬だからこそ、楽しみなものもあります。例えば、「スキー」「コタツ」「風呂」「睡眠」「熱燗」等々、挙げれば限がありませんが、何はなくとも忘れてはならないのが「お鍋」ですよね。そこで今回は日本の冬の味覚の代名詞、体の芯まで温かになる「お鍋」についてお尋ねしましました。2人に1人が週1回

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

お酒に会う鍋ものはなんですか?(2003/12)

【第13回】アンケート結果:2003年12月3日〜12月9日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)5,141人 すっかり、寒さが身に染みる季節になってきました。木枯らしがピューと吹く日には「今日の夜はお鍋にしよ!」なんて考える主婦の方もきっと多いことでしょう。そこで今回は、皆さんに「お酒に合う鍋もの」について聞いてみました。 堂々の1位は「おでん」。「自分でも簡単に作れて手軽なので・・・」(女性20代)、「予算の都合上、おでんはよく家でやる鍋」(男性30代)など、家庭料理の

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

鍋料理は好きですか?(2009/01)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査凍える冬に堪らなく食べたくなるのが、あたたかい鍋料理ですね。ここ最近では従来の定番鍋に加えて、「カレー鍋」「コラーゲン鍋」「火鍋」などユニークな鍋料理が続々と登場し、高い人気を博していると言います。そこで今回は、皆さんの好きな鍋料理について聞きました。 全体の96.2%が「鍋好き」と回答さて

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:1ライフスタイル

鍋料理は好きですか?(2013/01)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト" PR&InformationsラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。 Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

鍋料理は好きですか?(2010/02)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査2月に突入し、次第に春が近づきつつあるとはいうものの、まだまだ夜の冷え込みは厳しいもの。寒さが増せば増すほど、食卓に上る頻度が増えるのが「鍋料理」ではないでしょうか。鍋をつっつきながら一杯やるなんて、考えただけで堪りませんね。そこで今回は、皆さんが好きな「鍋料理」の定番について聞きました。

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

好きな鍋料理はなんですか?(2011/02)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト" PR&InformationsラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。 Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

2013年2月14日アサヒビールフィードバック数:1ライフスタイル

鍋料理に関する意識調査

ニュースリリースアサヒグループホールディングスのニュースリリース 2013年1月25日アサヒグループホールディングス株式会社 冬の風物詩 鍋料理に関する意識調査好きな鍋料理 東日本「寄せ鍋」、西日本「水炊き」がトップ〜 全体の2人に1人が「毎週、家族でお鍋の日」〜 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)の、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、2013年1月16日(水)〜1月22日(火)にインターネットで、鍋料理に関する意識調査を実施し、825人の有

2012年1月11日ウェザーニューズフィードバック数:35ライフスタイル

日本の鍋事情

発行日 : 2012年01月11日 ウェザーニューズ、「日本の鍋事情」調査結果発表日本人がひと冬に食べる鍋の回数は11回~ 最も鍋を食すのは香川県で14回、最も少ないのは沖縄県で9回 ~日本人の9割が“鍋が好き” / 最も鍋が好きなのは山梨県民で、3人に2人が“とても好き”日本人が最も好きな鍋は“寄せ鍋” / 日本人は“すき焼き”より“キムチ鍋”派!?鍋を食べる一番のきっかけは“寒い時一回の鍋にかける金額は全国平均1,046円 / 最も高いのは沖縄県で1,375円日本人の3割が“鍋奉行” / 鍋

2011年12月9日キリンビールフィードバック数:1ライフスタイル

「忘年会と鍋の楽しみ方」に関する調査

キリン食生活文化研究所 レポートVol.32「忘年会と鍋の楽しみ方」に関する調査について〜節電の冬をあったか鍋で乗り切ろう!〜  キリンホールディングス株式会社(社長 三宅占二)のキリン食生活文化研究所では、食をとりまく様々な情報をレポートとして随時お知らせしています。今回は「忘年会と鍋の楽しみ方」について20歳以上の男女を対象にインターネット調査を実施し、5,084名の有効回答をいただきました。 トピックス今年の冬、寒さを乗り切るために食べるのは「鍋料理・おでん」が89%と圧倒的。週1回以上、

2010年1月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム なべ料理

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ冬場、月に数回以上自宅でなべ料理を食べる人は7割 よく食べる鍋料理は、自宅では「おでん」、「寄せ鍋」、「すき焼き」、外食では「しゃぶしゃぶ」、「寄せ鍋」、「もつ鍋」が上位3位 パウチタイプの鍋つゆを購入したことがある人は56.7%、最もよく購入されているのは「(エバラ)キムチ鍋の素」 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2010年1月1日〜1月5日【調

2009年11月2日アイシェアフィードバック数:3ライフスタイル

寒い時期に食べたくなる鍋料理の堂々1位は「キムチ鍋」!~鍋料理を一緒に食べたい相手、男性の約4割は「恋人」と!

寒い時期に食べたくなる鍋料理ランキング! 鍋料理に関する意識調査 寒い時期に食べたくなる鍋料理の堂々1位は「キムチ鍋」!~鍋料理を一緒に食べたい相手、男性の約4割は「恋人」と!寒くなるとおいしくなる鍋料理。人々はどのように楽しんでいるのか?20代から40代のネットユーザー男女557名の回答を集計した。寒い時期に最も食べたくなる鍋料理は?と聞いたところ、全体では「キムチ鍋(18.1%)」「おでん(14.5%)」「水炊き(10.2%)」が人気の上位に。以下「すき焼き(8.8%)」「よせ鍋(7.9%)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ