調査のチカラ TOP > タグ一覧 > キャップレート

「キャップレート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月8日都市未来総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ReiTREDAクォータリーレビュー2014年4Q

J-REITが保有する物件の最新稼働状況等page 12014年ⅣQトピック取得キャップレート●J-REITの物件の取得キャップレートは2014年には小幅ながら低下。●2002年から2008年の状況と比べて低下の速度が遅く、2014年のキャップレートは2008年をわずかに上回る。(2014/12末時点)J-REITの物件の取得キャップレート※1(CR)は2014年には小幅ながら低下した(東京都心5区※2の事務所:▲0.2%p、住宅:▲0.3%p)[図1]。 東京都心5区の事務所と住宅について、2

縮まらない東京と地方のオフィス利回り較差~東京への資金集中を背景に、地方オフィスのリスクプレミアム低下が緩やかな模様~

縮まらない東京と地方のオフィス利回り較差~東京への資金集中を背景に、地方オフィスのリスクプレミアム低下が緩やかな模様~ <要約・概要> 本稿ではキャップレートの決定要因とされる3つのファクター(投資法人の資本コスト、物件固有のリスクプレミアム、キャッシュフローの期待成長率)について、東京23区と地方都市のオフィス物件における差異をそれぞれ分析し、足元の市況回復局面において東京と地方の利回り較差が縮小しない背景を考察する。 分析の結果、投資法人の資本コストとキャッシュフローの期待成長率は、キャップ

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

最近の不動産市場について~ミニバブル期に比べて投資市場は冷静~

みずほインサイト日本経済2014 年 6 月 20 日最近の不動産市場について経済調査部エコノミストミニバブル期に比べて投資市場は冷静03-3591-1284大和香織kaori.yamato@mizuho-ri.co.jp○ 2013年の地価は前回の地価回復初期(2005年)と比べて緩やかながらも回復に広がり。土地取引も大幅に増加しており、実需に沿った地価回復の動き○ 不動産投資市場に目を転じると、地方都市のキャップレートは漸く低下し始めたもののミニバブル期に比べれば高止まり。一方、都区部のキャ

J-REIT市場動向

J-REITの評価指標として、三井住友トラスト基礎研究所が独自に算出しているNAV(Net Asset Value)を紹介します。 NAV(Net Asset Value)NAV(Net Asset Value)は、J-REITの保有不動産の価値を時価評価した修正純資産額を示し、J-REITを運用不動産の価値の面から評価する指標です。2002年9月を起点に、東証J-REITの全銘柄を対象として、NAVに対する時価総額のプレミアム・ディスカウントの推移を示しています。当指標は月次更新をしており、当

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ