調査のチカラ TOP > タグ一覧 > キログラム

「キログラム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月16日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第9回)を公表(ブラジル)

2015年5月29日、韓国の統計庁から2014年の畜産物(牛・豚・鶏)の生産費が公表された。2014年は肥育もと牛の価格上昇に伴い肥育牛の生産費は上昇したが、他の畜種は飼料費の下落に伴い収益が向上している。  2014年の生産費は、肉用子牛(韓牛)が1頭当たり324万ウォン(前年比4.5%減)、肥育牛(韓牛)が生体100キログラム当たり92万5000ウォン(同2.7%増)、肥育牛(韓牛以外)が同63万5000ウォン(同4.4%減)、生乳が1リットル当たり796ウォン(同1.4%減)となった。また

2015年2月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

豚飼養頭数はわずかに増加(EU)

欧州委員会は2月17日、23の加盟国について2014年12月末時点の豚飼養頭数を公表した。これによると、総飼養頭数は、前年比1.2%増の1億3260万頭とわずかに増加した。内訳をみると、母豚(同0.4%増)、妊娠母豚(同1.2%増)、生体重20〜50キログラム未満の子豚(同3.0%増)がそれぞれわずかに増加しており、今後とも安定的な豚肉生産の継続が見込まれている。なお、肉豚としての出荷が近い生体重50キログラム以上の肥育豚については、同0.8%減とわずかに減少した。国別に見ると、最も飼養頭数が増

2014年11月18日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014年9月のフィードロット飼養頭数は、史上3度目となる90万頭台(豪州)

豪州フィードロット協会(ALFA)は11月11日、豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)と共同で、全国フィードロット飼養頭数調査結果(2014年7〜9月期)について公表した。これによると、継続する干ばつと海外市場からの高まる需要を反映し、2014年9月のフィードロット飼養頭数は90万8118頭(前年同期比15.3%増、前回調査比7.4%増)となった(図1、表)。90万頭台となったのは2006年12月以来であり、史上3度目のことである。また、稼働率も、2006年12月以来の80%台となった。ALFAは

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年8月)

Ⅰ-2 米の1世帯1ヵ月当たり支出金額・購入数量の推移支出金額対前年比0.1▲ 11.8▲ 5.9▲ 0.91.8▲ 2.4▲ 6.2▲ 4.14.8▲ 2.27.16.68.06.74.05.82.5▲ 4.5▲ 1.6▲ 20.0▲ 8.5▲ 12.1▲ 15.0▲ 9.410.2▲ 29.7▲ 17.5▲ 14.8▲ 13.4▲ 8.1購入単価対前年比426▲ 5.3368▲ 13.6364▲ 1.1360▲ 1.1353▲ 2.03581.6345▲ 3.8340▲ 1.33657.13

2014年6月5日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013年の畜産物生産費調査の概要について(韓国)

2014年5月30日、韓国の統計庁から2013年の畜産物(牛・豚・鶏)の生産費が公表された。2013年は肉用牛および養豚は卸売価格の低迷と飼料費の上昇により、収益が悪化する一方、酪農は好調な生乳取引価格を背景に収益が向上している。  2013年の生産費は、繁殖牛(韓牛)が1頭当たり339万ウォン(前年比4.2%高)、肥育牛(韓牛)が生体100キログラム当たり90万ウォン(同6.2%安)、肉用牛が同66万ウォン(同1.9%安)、生乳が1リットル当たり807ウォン(同2.9%高)となった。また、肥育

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年4月)

Ⅰ-2 米の1世帯1ヵ月当たり支出金額・購入数量の推移支出金額対前年比0.1▲ 11.8▲ 5.9▲ 0.91.8▲ 2.4▲ 6.2▲ 4.14.8▲ 2.27.16.68.06.74.05.82.5▲ 4.5▲ 1.6▲ 20.0▲ 8.5▲ 12.1▲ 15.0▲ 9.410.2▲ 29.7購入単価対前年比426▲ 5.3368▲ 13.6364▲ 1.1360▲ 1.1353▲ 2.03581.6345▲ 3.8340▲ 1.33657.13742.54028.03958.63804.1

2014年5月22日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

メキシコの畜産をめぐる最近の情勢~牛肉価格は高値続伸

2014年3月の牛肉生産量は、前年をやや上回る  メキシコ連邦政府農牧省農牧漁業情報局(SIAP)によると、2014年3月の牛肉生産量は、前年同月比4.4%増の14万8330トンとなった(表1)。この増加要因は、1頭当たりの出荷重量が同0.8%減とわずかに減少したものの、と畜頭数が同19.6%増となったことが挙げられる。牛肉生産量を州別に見ると、シェア1位のベラクルス州は2万126トン(同0.4%減)、第3位のチアパス州は1万89トン(0.8%減)となった一方、第2位のハリスコ州は1万6713ト

2013年9月23日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2012年の畜産物生産費調査の概要について(韓国)

韓国統計庁から2012年の畜産物(牛・豚・鶏)の生産費が公表された。2012年は畜産物の供給過剰による卸売価格低迷と飼料費の高止まりにより、2年連続で収益性が悪化している。  2012年の生産費は、肉用牛および生乳の生産費は前年より上昇、養豚、養鶏は前年を下回ったものの、依然として高い水準にある。繁殖牛(韓牛)が1頭当たり3,254千ウォン(前年比6.3%高)、肥育牛(韓牛)が生体600キログラム当たり5,764千ウォン(同1.3%高)、肉用牛が同4,063千ウォン(同1.0%高)、生乳が1リッ

2013年2月1日東京都★フィードバック数:6社会/政治

5歳から17歳までの身体検査統計です。

平成24年度学校保健統計調査結果(速報)

平成24年度学校保健統計調査結果(速報)平成25年1月30日総務局 この速報は、平成24年度に実施された学校保健統計調査の結果のうち、東京都分について公表するものです。17歳(高校3年生)の男女の身長は全国値より高く、体重は全国値より軽い「むし歯(う歯)」のある者の割合は、ほとんどの年齢で全国値より低い1 発育状態(1) 身長 東京都の17歳、男子の身長は170.9センチメートルで全国の170.7センチメートルより0.2センチメートル高い。17歳、女子の身長は158.7センチメートルで全国の15

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ