調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ギリシャ経済

「ギリシャ経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ギリシャ新提案で交渉決裂は回避:6月22日ユーログループ、ユーロサミット

ギリシャ新提案で交渉決裂は回避:6月22日ユーログループ、ユーロサミット | ニッセイ基礎研究所 ギリシャ新提案で交渉決裂は回避:6月22日ユーログループ、ユーロサミット 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり22日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)、ユーロ圏臨時首脳会合(ユーロサミット)は、前日のギリシャ政府による新たな「改革プログラム」の提示を受けて、無秩序な債務不履行(デフォルト)、ユーロ離脱に発展しかねない交渉の決裂を回避した。48時間で支援機関が新提案を精査、欧州時間の24日夜にユ

経済の停滞が続くユーロ圏と財政危機の今後

〈レポート〉経済・金融経済の停滞が続くユーロ圏と財政危機の今後主席研究員 山口勝義1  はじめにが進んでいる。ユーロ圏では、財政危機の拡大を通じ経済の停滞が長く続いている。リーマンショック2  継続する財政危機と経済停滞後の大幅な落ち込みの後、2010年には前年比09年10月にギリシャで表面化したユーロ圏プラスに回復した実質GDP成長率は、その後の財政問題はその後拡大を続け、イタリアやは低下に転じ、12年には再びマイナス成長とスペイン等の主要国にまで危機が波及する懸なった可能性が高い。念ばかりか

ユーロ圏の財政危機は最悪期を脱したのか?~様々なリスクを抱えながら今後も波乱含みの可能性~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融ユーロ圏 の財 政 危 機 は最 悪 期 を脱 したのか?∼様 々なリスクを抱 えながら今 後 も波 乱 含 みの可 能 性 ∼山口 勝義要旨ユーロ圏では、2012 年 9 月の ECB による新たな国債購入策の導入決定等を受け、市場センチメントは大幅に改善した。しかしながら、直面するリスクを踏まえれば財政危機が最悪期を脱したとみなすのは時期尚早であり、今後も市場波乱が生じる可能性が残されている。はじめには回避されることとなっ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ