調査のチカラ TOP > タグ一覧 > クラウドサービス市場

「クラウドサービス市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月22日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドサービス市場規模の2015年度(2015年4月~2016年3月)の実績と2020年度までの予測、および需要動向に関する調査

国内クラウド市場は1兆円を突破MM総研調査レポート近刊 12月16日に関連セミナー開催(M&Dレポート購読者限定) 2016年12月13日■ 2015年度の国内クラウド市場規模は1兆108億円、2020年度には3兆円を超えると予測■ クラウドのセキュリティに対する不安イメージが低下■ IaaS/PaaS領域ではAWSとMicrosoft Azureが顧客獲得で競争  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は12月13日、国内クラウドサービス市場規模の2015年度(2015年4月~2016年3月

2015年9月24日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドサービス市場規模の2014年度の実績と2019年度までの予測、および需要動向

2015年09月24日■ 2014年度の国内クラウド市場は7,749億円、2019年度には2兆円を超える予測 ■ 運用・移行コストやセキュリティに対する不安がユーザーの利用障壁に ■ パブリッククラウドのIaaS/PaaSではグローバルベンダーが多くの顧客を獲得 MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は9月24日、国内クラウドサービス市場規模の2014年度の実績と2019年度までの予測、および需要動向に関して調査結果を発表した。この調査は、クラウドサービスを導入済または検討中の法人計1,609

アメリカの動向をまとめています。

米国クラウドサービス市場に関する最近の動向

JETRO/IPA New York「ニューヨークだより」2013年3月号省庁・団体情報詳細ニューヨークだより 2013年3月号「米国クラウドサービス市場に関する最近の動向」 クラウドコンピューティングとは、2008年ころから用いられるようになったITの利用形態であり、一般には、サーバーなどの機器やソフトウエアなどのコンピューティング資源を自ら保有するのではなく、インターネットを通じて必要に応じて調達し、利用することを指す。米国では、企業や政府機関などにおいて、その経済性や柔軟性の利点から、徐々

2011年9月15日矢野経済研究所フィードバック数:3ビジネス

個人ユーザーを対象としたクラウドサービス市場に関する調査結果2011-個人向けデータ保管サービスを中心に利用者が拡大中-

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ