調査のチカラ TOP > タグ一覧 > クラウドファンディング

「クラウドファンディング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月17日日経BP★★フィードバック数:0ライフスタイル

日経トレンディヒット商品ベスト30

2017年11月2日、月刊情報誌「日経トレンディ」が「2017年ヒット商品ベスト30」を発表した。 毎年恒例のこの企画は2016年10月から2017年9月までに発表された商品やサービスを、「売れ行き」「新規性」「影響力」の3項目で総合的に判定。それぞれのヒットの度合いを評価し、1位から30位までのランキングに集計したものだ(期間前に発表・発売された商品でも、期間内に著しくヒットしたものは対象となっている)。 ランキングの「ベスト10」は以下の通り。 1位 Nintendo Switch 2位 明

2017年9月23日矢野経済研究所★★フィードバック数:0大型消費/投資

国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2017年)

2017年09月07日 国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2017年) ~国内クラウドファンディングは貸付型が大きく寄与し、市場規模は拡大基調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるクラウドファンディング市場の調査を実施した。1. 調査期間:2017年4月~6月2. 調査対象:クラウドファンディング運営企業、利用企業等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用<クラウドファンディングとは>本調査におけるクラウドフ

ソーシャルレンディングに関する女性投資家の実態調査

ソーシャルレンディングに関する女性投資家の実態調査を実施しました。 【ソーシャルレンディングに関する女性投資家の実態調査】利用者数は前年比4倍増、約9割が20代〜50代の働く女性女性に人気な理由 第1位「一万円などの少額から投資できる」第2位「新しい投資方法に興味あり」第3位「比較的高い利回りが期待できる」 不動産特化型クラウドファンディング『OwnersBook』を運営するロードスターキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩野達志、以下当社)は、近年顕著な女性会員の増加を受

“不動産テック”(ReTech:Real Estate Tech)カオスマップ2017年版 考察レポート

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

投資に関する実態調査

【投資に関する実態調査】フィンテックで多様化・分散化する20代、30代の投資傾向ソーシャルレンディングは20代の74%が関心を示すこれからの投資方法は「少額投資」、「スマホで投資」がポイント 不動産特化型クラウドファンディング『OwnersBook』を運営するロードスターキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩野達志、以下当社)は、20代~60代の男女600人を対象に、投資に関する調査を実施しました。調査の結果、20代は約1割がフィンテック投資(ソーシャルレンディング・ビットコ

2017年4月23日ゆこゆこフィードバック数:0社会/政治

シニアの災害復興支援活動に関する意識調査

【リリース】シニアの災害復興支援活動に関する意識調査2017年4月13日ゆこゆこシニア調査レポートシニアの災害復興支援活動に関する意識調査シニアの約半数が被災地の「買って応援」「行って応援」に前向き。クラウドファンディングの認知率は48.0%。20.8%が「今後の利用意向あり」 シニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:萩原浩二)は、当社運営の宿泊予約サイト「ゆこゆこネット」の50代以上のメールマガジン会員1,962名を対象に、社会貢献活動に関する

2016年11月7日アスタミューゼ★★フィードバック数:0デジタル家電

AR/VR分野におけるクラウドファンディング市場動向

[アスタミューゼ株式会社] ,提携 投資 新規事業 AR クラウドファンディング イスラエル アスタミューゼ astamuse VR 中近東

2016年8月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2016年)

2016年08月19日 国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2016年) ~国内クラウドファンディングの市場規模は拡大基調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるクラウドファンディング市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年5月~6月2. 調査対象:クラウドファンディング運営企業、利用企業等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用<クラウドファンディングとは>本調査におけるクラウドファンディングとは、資金

2016年2月23日アスタミューゼ★フィードバック数:0社会/政治

投資総額約66億円「仮想現実(AR・VR・SR・MR)・3D投影」市場における全大学/研究機関205、769テーマ中、科研費獲得金額ランキングTOP50

「仮想現実(AR・VR・SR・MR)・3D投影」市場における科研費獲得金額ランキングTOP50 どのようなテーマが共感を呼び、どのような形で投資を集めているのか、世界中の特許/論文、科学技術研究費、ベンチャー投資、クラウドファンディング情報などを集め、独自に分析する本企画。今回は、基礎から応用までのあらゆる学術研究を発展させることを目的とする競争的研究資金「科研費」に着目し、180の有望成長市場のうちの150番目である「150. 仮想現実(AR・VR・SR・MR)・3D投影」市場における大学・

2016年1月6日金融庁★★フィードバック数:0企業情報システム

2015年 クラウドファンディングに関する調査結果報告書

ホーム 国際関連情報 証券監督者国際機構(IOSCO) IOSCOの最近のプレスリリース平成27年12月28日金融庁IOSCOによる「2015年 クラウドファンディングに関する調査結果報告書」の公表についてIOSCO(証券監督者国際機構)は、12月21日、「2015年 クラウドファンディングに関する調査結果報告書」及び「クラウドファンディングの規制に関するステートメント」を公表しました。内容については、以下をご覧ください。お問い合わせ先金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)監督局

2015年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

シェアリングエコノミー(共有経済)市場に関する調査結果 2015

2015年09月02日 シェアリングエコノミー(共有経済)市場に関する調査結果 2015 ~自動車・賃貸・旅行・衣料・人材・金融業界などを変革する共有経済~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のシェアリングエコノミー(共有経済)市場の調査を実施した。1. 調査期間:2015年4月~7月2. 調査対象:シェアリングエコノミーサービス提供事業者3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・Eメールによる取材、ならびに文献調査を併用<シェアリングエコノミーとは>本調査におけるシェ

2015年8月28日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドファンディング市場に関する調査結果 2015

2015年08月28日 国内クラウドファンディング市場に関する調査結果 2015 ~国内クラウドファンディングの市場規模は拡大傾向に~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるクラウドファンディング市場の調査を実施した。1. 調査期間:2015年5月~7月2. 調査対象:クラウドファンディング運営企業、利用企業等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用<クラウドファンディングとは>本調査におけるクラウドファンディングとは、資

2015年3月8日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

中小企業やNPOの可能性を広げるクラウドファンディング

論 文中小企業やNPOの可能性を広げるクラウドファンディング日本政策金融公庫総合研究所主席研究員竹 内 英 二要 旨中小企業やNPO(特定非営利活動)法人の資金需要には、銀行やベンチャーキャピタルといった既存の金融機関では満たせないものが少なくない。たとえば、不確実性の高い新規事業や収益を目的としない慈善事業の資金である。一方、日本の家計は多額の金融資産を保有しており、その一部でも起業活動や社会的問題の解決に振り向けられれば、既存の金融システムでは満たせない資金需要の多くが満たされるだろう。しか

2014年10月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

小額投資は創業を活性化させるか~クラウドファンディングの意義と課題~

小額投資は創業を活性化させるか~クラウドファンディングの意義と課題~

地方自治体でのクラウドファンディングの利用:意義と効果-総論

地方自治体でのクラウドファンディングの利用:意義と効果-総論 2014/07/07公共経営・地域政策部 副主任研究員 中田 雄介マーケット調査室 コンサルタント 渡邉 睦経済・社会政策部 研究員 北 洋祐公共経営・地域政策部 主任研究員 大塚 敬環境・エネルギー部 副主任研究員 水谷 衣里 今日、クラウドファンディングは、起業を目指す人々や社会活動の担い手による活動資金の獲得を目的とした利用だけでなく、地方自治体などの公的機関にも利用の拡大がみられる。本稿では、新たな潮流としてのクラウドファン

市場データです。

海外におけるクラウドファンディングの現状

海外におけるクラウドファンディングの現状

2013年10月22日リビジェンフィードバック数:0ビジネス

「クラウドファンディング」に関する認知度・実態調査

お知らせ - プレスリリース【調査リリース】「クラウドファンディング」に関する認知度・実態調査を実施クラウドファンディングの認知度約13%、利用経験率約4%という結果にスマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代〜30代の一般男女500人を対象に、「クラウドファンディング」についての調査を実施しました。報道関係者各位2013年10月22日株式会社リビジェンーーーーーーーーーーーーーーーー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ