調査のチカラ TOP > タグ一覧 > グローバルサーベイ

「グローバルサーベイ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

トーマツの調査です。

グローバルサーベイにみるシェアードサービスの現状 2015年版

グローバルサーベイにみるシェアードサービスの現状 2015年版Global Shared Service Survey 2015 デロイト トーマツ グループが2015年に実施したグローバル シェアードサービス サーベイより、グローバルにおけるシェアードサービスの実態・トレンドを紹介する。 2015年版 シェアードサービスサーベイ結果概要デロイト トーマツ グループが2015年に調査したシェアードサービスの実態・トレンドに関するサーベイ結果の概要を紹介します。第8回となる今回のサーベイで

第13回不正行為グローバルサーベイ

約半数がサイバー犯罪は低リスクとの認識「第13回不正行為グローバルサーベイ」の結果を公表 EYのメンバーファームである新日本有限責任監査法人は、EYが実施した「第13回不正行為グローバルサーベイ」の調査結果を公表しました。調査のなかで、昨今注目されているサイバー犯罪は、ビジネス上、低リスクであると海外諸国を含んだ全回答者の約半数が回答しました。一方、日本では70%以上がサイバー犯罪は高リスクであると回答しており、日本と海外諸国との間に課題認識のギャップがあることが判明しました。本サーベイは、20

EYによるレポートです。

2013年度 情報セキュリティ・グローバルサーベイ

日本企業のサイバー攻撃への対策は未整備~企業における情報セキュリティへの取り組みを日本とグローバルで考察~「2013年度 情報セキュリティ・グローバルサーベイ」の結果を発表日本は、情報セキュリティ予算総額の増加企業が少なく、情報セキュリティ戦略と企業の業務戦略が一致している企業が少ない(グローバルとの対比)必須とされるセキュリティ対策の日本での認知が低いグローバル、日本ともにスマートフォンやタブレットのセキュリティが最も注目されている一方、グローバルと比較して日本での対応は不備が多いEYのメンバ

企業のセキュリティについてのまとまったレポートです。

2012 グローバル情報セキュリティサーベイ

企業における情報セキュリティへの取り組みを日本とグローバルで考察 2012年度 情報セキュリティ・グローバルサーベイを公表脆弱(ぜいじゃく)性テスト(攻撃、侵入)は、グローバルで約19%の企業が未実施なのに対して、日本企業は約55%が未実施。日本では約36%、グローバルでは約51%の企業が情報セキュリティ予算を増加させる予定。その内訳は、日本、グローバルともに約50%の企業が、クラウドコンピューティング、仮想化、モバイルなどのセキュリティ新技術と事業継続に投資予定。タブレットコンピュータのビジネ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ