調査のチカラ TOP > タグ一覧 > グローバル平均

「グローバル平均」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年7月10日アドビ システムズ★★フィードバック数:0社会/政治

日本のZ世代に関する意識調査

アドビ、日本のZ世代に関する意識調査結果を発表 日本のZ世代は世界に比べて「創造的」ではない?自らを「創造的」と回答した生徒はわずか8% 【2017年6月29日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利ユージン、以下アドビ)は、本日学校経営者および教職員向けに開催している教育フォーラム「2017 Adobe Education Forum」において、日本の生徒と教師を対象とした、学習、クリエイティビティ、将来の仕事についての認識に関する調査結果「Gen Z in

2017年2月10日エデルマン★★フィードバック数:0社会/政治

トラストバロメーター2017

トラストバロメーター2017Home » インサイト » トラストバロメーター20172017 エデルマン・トラストバロメーター世界28カ国、33,000人以上を対象に実施した第17回信頼度調査「2017 エデルマン・トラストバロメーター[1]」(2017 Edelman Trust Barometer) の日本の調査結果を発表しました。本調査結果によると、自国に対する信頼度(自国の企業、政府、メディア、NGOに対する信頼度の平均値)において、日本の知識層[2] と一般層[3] の間に初めて大き

2016年1月27日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

身だしなみに関するグローバル調査

身だしなみを整えるために費やす時間は週4時間 GfKは22の国と地域で27,000人に対して、身だしなみを整える時間とその理由について調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・身だしなみを整える時間が最も長い国はイタリアで週5.6時間。日本は週3.6時間で調査国中3番目に短い。・身だしなみを整える理由は男女間で差異あり。22の国と地域の27,000人に、身だしなみを整えるために費やす時間とその理由について尋ねました。入浴、着替え、化粧、髭剃り、ヘアセットなど身だしなみを整えるために費や

TPPに関する世論調査

日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に 一方で関心度は他の...日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に 一方で関心度は他のTPP参加国に比べて最も高い~エデルマン・ジャパン、TPPに関する世論調査結果を発表~ 世界をリードするグローバルなコミュニケーションズ・マーケティング会社エデルマンの

2015年7月17日アウトブレインフィードバック数:0エンタテインメント

コンテンツ消費トレンドレポート

本コンテンツ消費トレンドレポートは、コンテンツの戦略、制作にかかわる企業の担当者向けに、コンテンツ戦略を成功させるためのインサイトをデータから導くサポートのために作成されたものです。 コンテンツ制作者は、読者にとって興味深く、良質なストーリーを提供することが重要ですが、同時に、人々がどこで、どんなコンテンツをどのように消費しているのかを知ることも読者を知る上でとても重要です。 本レポートは、人々がどのようにオンライン上のコンテンツを読み、視聴しているかをグローバルの視点から分析しています。 本調

人材不足についての調査です。

第10回人材不足に関する年次調査日本語版

日本の企業の83%が人材不足を課題とする結果に~グローバル平均は38%-総合人材サービスのマンパワーグループ 日本の企業の83%が人材不足を課題とする結果に~グローバル平均は38% マンパワーグループ、第10回人材不足に関する年次調査日本語版を発表 日本の企業の83%が人材不足を課題とする結果に~グローバル平均は38% マンパワーグループ、第10回人材不足に関する年次調査日本語版を発表 2015年6月22日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社

2014年11月19日リージャス★フィードバック数:0キャリアとスキル

職場に求める要素を調査しています。

「理想の職場」に関する調査

【プレスリリース、2014年11月19日】多様化する働き方を支援する先進的なワークプレイス・ソリューションプロバイダーの世界最大手企業、リージャス(本社:ルクセンブルク)は、「理想の職場」に関する調査を実施し、世界100ヶ国、2万2,000人以上の経営者や経営幹部から回答を得ました。設問: 「理想的な職場」に必要な要素は何でしょうか?(複数回答可)回答日本の回答者グローバル平均安全性が高い40%67%素敵な外観29%63%高機能で信頼性の高いIT環境56%82%プロフェッショナルな受付スタッフ2

2014年10月28日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方に関するグローバル調査

【プレスリリース、2014年10月28日】多様化する働き方を支援する先進的なワークプレイス・ソリューションプロバイダーの世界最大手企業、リージャス(本社:ルクセンブルク)は、「通勤時間」に関する調査を実施し、世界100ヶ国の2万2,000人以上の経営者や経営幹部から回答を得ました。その結果、グローバルの片道通勤時間の平均が32分30秒に対して、日本は39分6秒であることが明らかになりました。日本人は、往復で1時間30分近くの時間を通勤に費やしています。日本人の片道通勤時間を2年前の調査と比較する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ