調査のチカラ TOP > タグ一覧 > グローバル意識調査

「グローバル意識調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月8日GfK★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パーソナルデータの共有に関するグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「パーソナルデータの共有に関するグローバル意識調査」 GfKは17カ国、22,000人のインターネットユーザーに対しパーソナルデータの共有に関する意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでみると、メリットがあればパーソナルデータの共有に積極的な人の方が消極的な人より多い。・日本では、パーソナルデータの共有に積極的な人は僅か8%にとどまる。  割引やパーソナルサー

2016年11月4日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

身体の衰えに関するグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「身体の衰えに関するグローバル意識調査」  GfKは17の国と地域の22,000人に対し、身体の衰えに関する意識調査を実施し、結果を発表しました。 【概要】・ 現在または将来において、最も多くが不安に感じる身体の衰えは「視力の低下」と「注意力・記憶力の低下」。・ 「白髪」を最も懸念しているのは、日本の女性。加齢に伴う外見の変化を不安視。  GfKは19の身体の衰えに関する症状について、

2016年9月1日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

ホーム・インプルーブメントに関するGfKグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「ホーム・インプルーブメントに関するGfKグローバル意識調査」  GfKは22の国と地域の27,000人にホーム・インプルーブメントに関する意識調査を実施し、結果を発表しました。 【概要】・ホーム・インプルーブメントに対する関心は国や地域で大きな差。グローバルでは「インテリアの装飾やデザイン」、日本では「収納スペース」がトップに。  自宅で変えたい、改善したい箇所があるか、22の国と地

2016年6月29日GfKフィードバック数:0ビジネス

GfKグローバル意識調査:常に連絡が取れることの重要性

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「GfKグローバル意識調査:常に連絡が取れることの重要性」  GfKは22の国と地域の27,000人にテクノロジーや情報ニーズに対する意識調査を実施し、その中から「常に連絡が取れることの重要性」について結果を発表しました。 【概要】・どこにいても常に連絡が取れる状態でいることが重要と考える人はグローバルでは4割強。ロシア、中国、トルコでは過半。日本は2割弱。・ ドイツ、スウェーデン、カ

旅行産業におけるロボットの活用に関するグローバル意識調査

[トラベルズー・ジャパン株式会社] ,旅 ロボット ホテル 旅行 トラベルズー Travelzoo

2016年3月23日GfKフィードバック数:0ビジネス

企業責任に対する消費者のグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「企業責任に対する消費者のグローバル意識調査」  GfKは22の国と地域の27,000人に企業が負うべき責任に対する意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・消費者が考える最も重要な企業の責任は「優良な雇用機会の提供」。ただし、スウェーデン、中国では「従業員の健康・安全」がトップになり労働環境への関心の高さがうかがえる結果に。  企業が負うべき最も重要な責任は何か。雇用機会

2016年3月2日GfK★フィードバック数:0キャリアとスキル

ネット上のコミュニケーションに対するグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「ネット上のコミュニケーションに対するグローバル意識調査」 GfKは22の国と地域の27,000人にネット上のコミュニケーションに対する意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】 ・ネット上での触れ合いが実体験と同じぐらい良いものになり得ると考える人はグローバルでは4人に1人。一方、日本では10人に1人にとどまる。 ソーシャルメディアでのチャット、仕事でのビデオ会議、Goog

2016年3月1日GfKフィードバック数:0デジタル家電

アジア太平洋におけるデジタルカメラの販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「今の生活を楽しむか、将来の資産作りを優先するか GfKのグローバル意識調査」  GfKは22の国と地域の27,000人に今の生活を楽しむことと、将来の資産を作ることのどちらを優先させるかという意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは38%の消費者が今の生活を楽しむことより将来の資産作りを優先。この考えが最も強いのは香港。・日本では、将来の資産作り優先派が最

2015年9月9日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

第6回新入社員のグローバル意識調査

学校法人産業能率大学(東京都世田谷区)は、今年度の新入社員の海外志向などを尋ね、「新入社員のグローバル意識調査」としてまとめました。このテーマに関する調査は、2001年度から3年に1度実施しており、今年度より隔年で実施しています。調査は2015年7月31日から8月10日までの11日間、インターネット調査会社を通じて、インターネットリサーチで実施。今年4月に新卒採用された18歳から26歳までの新入社員を対象としています。第3回までは本学が開催する新入社員研修の参加者を対象に書面アンケートで実施し

2015年8月26日GfKフィードバック数:0デジタル家電

デジタル製品の見た目の重要性に関するグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブサイトを閲覧することにより、当社のCookie利用に同意するものとします 詳細

2013年7月24日産業能率大学★フィードバック数:0キャリアとスキル

新入社員対象の調査です。

第5回 新入社員のグローバル意識調査

学校法人産業能率大学(東京都世田谷区)は、今年度の新入社員の海外志向などを尋ね、「新入社員のグローバル意識調査」としてまとめました。このテーマに関する調査は、2001年度から3年に1度実施しており、今回が5回目となります。調査は6月18日から24日までの7日間、インターネット調査会社を通じて、インターネットリサーチで実施。今年4月に新卒採用(高卒以上)された18歳から26歳までの新入社員を対象にしており、サンプル数は793です。なお、第3回までは、本学が開催する新入社員研修の参加者を対象にアン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ