調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ケイパビリティ

「ケイパビリティ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2016年 世界の上場企業上位2,500社に対するCEO承継調査

日本の新任CEOの平均年齢は61歳と世界で最も高く、他企業からの招聘(3%)、他企業でのCEO経験(9%)、他企業での勤務経験(33%)、MBA保有率(4%)は世界で最も低く、女性CEO就任はなしStrategy& 第17回CEO承継調査を実施2017年5月16日 - PwCネットワークのStrategy&は、世界の上場企業における時価総額の上位2,500社を対象に、CEOの承継についての第17回となる年次調査をまとめました。 調査対象のうち2016年にCEOが交代したのは14.9%、372社で

2017年5月15日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査

~ ITのケイパビリティに対する認識ギャップがDXを阻害 ~国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査結果を発表 成熟市場である国内においてデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革を目指す必要があるとの認識が広まっている 経営課題の解決手段として、経営層と情報システム部門の間にITのケイパビリティに対する認識ギャップが存在 延命してきた基幹業務システムを、業務プロセスやビジネスロジックを見直した上で、 ITインフラの更新時、抜本的に見直したいとの意向が強い

第12回グローバル・イノベーション調査

R&D支出世界上位1000社のうち日本企業は支出額・企業数ともに減世界ランキングではトヨタが10位世界でR&D支出は製品ハードウエアからソフトウエアやサービス開発へシフトStrategy& 第12回グローバル・イノベーション調査を実施2016年10月26日 - PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&は、2016年グローバル・イノベーション調査を実施した。 12年目となる2016年調査の結果、以下の動向が明らかになった。2016年調査におけるR&D支出トップ1000社のR&D支出額は

Strategy& 第11回グローバル・イノベーション調査

世界ランキングではトヨタが8位、ホンダが21位Strategy& 第11回グローバル・イノベーション調査を実施2015年10月28日 - PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&は、2015年グローバル・イノベーション調査を実施した。この調査は、研究開発に多額の費用を投入した世界の上場企業のトップ1000社を「グローバル・イノベーション1000社」として特定し、研究開発が企業業績に及ぼす影響および企業業績について評価を行い、高い費用対効果を生むためには何が手がかりになっているのかを探

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ