「ゲノム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

注目分野の特許出願技術動向調査

注目分野の特許出願技術動向調査をとりまとめました~第四次産業革命に対応する研究開発戦略構築へ~ 特許庁は、第四次産業革命との繋がりが深いIoT関連技術である「スマートマニュファクチャリング技術」や、革新的なバイオテクノロジー技術である「ゲノム編集及び遺伝子治療関連技術」等、社会的に注目を集めている分野を中心に選定した15の技術テーマで、特許出願情報の調査を実施しました。1.特許出願技術動向調査とは 特許庁では、市場創出に関する技術分野、国の政策として研究開発を推進すべき技術分野を中心に技術テー

2017年3月25日コスモ・バイオフィードバック数:0大型消費/投資

株主様アンケート

第34期第2四半期株主通信において、第5回目となる株主様アンケートを実施させていただいた結果、506名の株主様よりご回答をいただくことができました(回答率:8.9%)。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。 6. 今回の株主通信で、どの記事に興味を持たれましたか?(複数回答可) 7. 当社の情報は、どのように入手していらっしゃいますか?(複数回答可) 8. 当社ホームページの投資家向けサイトをご覧になったことはありますか? 9. 当社のIR活動についてさらに充実を望むことは何ですか?(複

2016年1月27日アスタミューゼフィードバック数:0社会/政治

研究テーマ別「人工知能(知的エージェント・知能システム)」市場における科研費獲得ランキング

平田オリザ氏のロボット演劇研究もランクイン。総額120億円・「人工知能(知的エージェント・知能システム)」市場における科研費獲得ランキング 近年、より成熟し横断的になった産業の中で、多くの企業が異分野での新規事業創出を目指し、また大学・研究機関は研究開発成果・特許の事業化促進を活発化させるなど、激しい競争環境が生まれている。総務省によると、企業の好業績などを背景に、企業や大学・研究機関などの2014年度の科学技術研究費総額が前年度比4.6%増の18兆9713億円となり、2年連続の増加で、リーマ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ