調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ゲーム業界採用

「ゲーム業界採用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年8月29日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年7月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ネイティブアプリに注力する企業が増え、上場しているSAPでもネイティブゲームをリリースしている企業は軒並み時価総額が上がっています。こうした傾向と共に、Android(Java)やObjective-Cでの開発経験やUnityの経験のあるエンジニアのニーズが高まりました。また、グラフィックデザイナーやイラストレーターの求人も増加しています。クリエイティブ系の求人では経験年数や転職回数よりスキルを要視して採用する企業が多く、ポートフォリオが合否を分けています。 <今後の見通し> I

2013年7月30日ワークポートフィードバック数:1キャリアとスキル

2013年6月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> スマートフォン向けソーシャルゲームの開発で利用されることが多いUnityを使用した開発経験者の需要が高まっています。エンジニアはもちろん、3Dデザイナー等の職種でも募集があるため、経験者は武器を大いに活かせる案件でしょう。また、少数ながら実務未経験でも応募可の求人があり、独学での開発経験者にもチャンスがあります。ターゲット層は20代若手のポテンシャル層~30代後半の経験豊富な人材の層まで幅広く、ディレクターやプランナー職であれば、多少転職回数が多くても面接に進んでいます。エンジニ

2013年5月31日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年4月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ゲーム業界の選考では、応募企業のゲームはもちろん他社のゲームも含めたプレイ経験が重視されています。プレイ経験をベースに、他社のゲームと比較した際の優位性や改善点を説明できれば、他者との差別化を図ることができるでしょう。また、積極採用中の企業では、選考期間の短縮化が進んでいます。求職者もスピードを意識してスケジュールを組み、企業から即日面接を実施したいといった連絡があった際にも対応できるようにしておくと、有利に転職活動を進めることができるでしょう。<今後の見通し> ゲーム業界におけ

2013年4月22日ワークポートフィードバック数:2キャリアとスキル

2013年3月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> 優秀な人材を確実に採用するため、選考期間を短縮する企業が多く見られました。ゲーム関連の求人の約75%が、1~2回の面接で合否が決定しています。当月は2012年度の採用計画達成や新年度のスタートにあわせての期間調整も多かったと思われますが、今後もこうした傾向は続きそうです。中には、一次面接から採用の決定権を握る面接官が担当したり、一次面接後に即二次面接を行ったりといったケースもありました。面接前の企業研究、自己PRなどの準備は万端にしておきましょう。<今後の見通し> ゲーム関連企業

2013年3月31日ワークポートフィードバック数:2キャリアとスキル

2013年2月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> 当月はPSvitaの価格改定、PS4発売といったハード面の話題が世間を賑わせたものの、採用面に大きな変化は見られませんでした。慎重な採用方針をとる企業が多く、内定までの期間も総じて長い傾向にあります。全体的に、「コンシューマ・オンラインを問わずゲーム作りをしていきたい」というマルチに活躍できる方が求められていました。こうした中、スマホ・ソーシャルゲーム関連の採用はスピード感を失わず、好調を維持しています。書類選考のスピードを早めたり、面接回数を削減したりといった工夫で優秀な人材の

2013年2月1日ワークポートフィードバック数:1キャリアとスキル

2012年12月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム業界は依然として活発な採用活動を展開しており、戦略的ポジションからポテンシャル層まで幅広いニーズがあります。戦略的ポジションは求められる要件レベルも高めである分、報酬も良い求人が目立ちました。職種別に見ると、ディレクター・プランナーの求人が好調です。業界は来年以降の新規タイトル投入に向けた下準備の期間に戦力強化を図っていると考えられ、これから多くの企業が採用目標を掲げて一気に採用を活発化させるものと思われます。<今後の見通し> ソーシャルゲーム業界は、決算報告など

2012年12月26日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年11月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> 当月はディレクター・プランナーの求人が目立ちました。経験者はもちろん、ポテンシャル層の採用も活発化しており、企業によってはポテンシャル採用者向けセミナーを開催したり通常の選考フローより面接回数を短縮したりといった施策を展開しています。また、クリエイター求人も好調でした。前月までと同じくデザイナーのポテンシャル層の採用も続いていますが、アートディレクターなどの採用も増えてきています。クリエイター系求人ではポートフォリオの提出が求められるため、実務で携わった作品やURL、個人での制作

2011年11月21日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年10月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム・モバイル・ブラウザゲームの求人数は引き続き増加しており、当月はコンシューマ向けゲームの5倍以上となりました。特にWebアプリ開発エンジニアのニーズが高く、多少採用基準に満たない人材でも採用されるケースが目立ちます。ベンチャー企業では、競合企業に先駆けて良い人材を採用したいという意向から選考フローを短縮する動きも見られました。また、プランナー・デイレクター・プロデューサー職でも、コンシューマゲームとの割合が8:2と圧倒的にソーシャル・モバイル・ブラウザゲーム系が多

2011年8月22日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年7月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ソーシャル業界とコンシュマー業界は、引き続き活況を呈しています。求人数の上では大差はないものの、コンシュマー業界の採用枠は1~2名程度であるのに対してソーシャル業界は5名以上の大量採用枠を設定する求人も多くあるのが特徴でしょう。コンシュマー業界はひとりを採用するのに非常に慎重に選考を進めますが、ソーシャル業界では採用ハードルを引き下げてポテンシャルも含めた採用を行っており、採用方針の差も顕著です。実際に採用に至るケースを見ても、ソーシャル業界が圧倒的にコンシュマー業界を上回ってい

2011年6月28日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年5月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ゲーム業界の採用意欲は衰えを知らず、コンシューマー、オンライン、ソーシャル、全ての分野において活発な採用活動が行われました。これまで目立った動きのなかったソーシャル企業が新たに採用をスタートしたほか、ソーシャル人材の採用を新たに試みるコンシューマー企業の動きが顕著です。転職者の動向を見ると、コンシューマー企業にこだわりを見せる転職者が減り、幅広く転職の可能性を探る傾向が高まりました。これは、スマートフォンが普及したこと、またソーシャルゲームの存在感が増したことによるものでしょう

2011年5月20日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年4月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> 震災の影響で採用活動が停止した反動により、面接を一気に行う企業や新たな採用をスタートさせる企業が増えました。これに伴って、採用人数も例月より多い結果となっています。ソーシャルゲーム業界の活況も続いており、ゲーム業界の転職マーケットの好調ぶりが窺える月でした。 職種別に見るとプランナーやデザイナーの活動が目立ち、プログラマーはやや控えめな印象です。最近のプランナーの活動においては「コンシュマー向け」「オンライン向け」「ソーシャル向け」とビジネスモデルの理解に基づいた企画が求められる

2011年4月21日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年3月 ゲーム業界採用動向

[] <要旨> 企業側には「震災による自宅待機措置」として1週間程度選考をストップさせる動きが多く見られたものの、転職く希望者側に活動を休止する動きは少なく、変化はそれほどありませんでした。求人数も増加しています。しかし、海外人材に関しては、帰国者が続出したことから大きな影響が出ました。リーマンショック後の減少傾向が改善されつつあった海外人材の採用は、震災を境に人材確保が非常に難しくなっています。<今後の見通し> 震災の影響が少なかったゲーム業界では、転職マーケットにも大きな変化はなさそうです。

2011年3月25日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年2月 ゲーム業界採用動向

[] <要旨> スマートフォンマーケットの急激な拡大に伴い、ソーシャルゲーム各社が対応を急いでいる様子が伝わってきた月でした。しかしながら、市場には十分な経験と知識を有する人材が未だ少なく、供給が追いついていないのが現状です。関連する求人の増加も予想されるため、条件を満たす求職者の選択肢は広がっていくでしょう。 全体を見ると、ソーシャル業界を追随する形でオンライン業界、コンシューマー業界などからも求人の依頼がありました。市場のバランスが改善されつつあると考えられ、ソーシャル業界一辺倒だったゲーム

2011年2月24日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年1月 ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム業界の活況と共に急増した求人数は横ばいに転じました。人材が充足したことによる採用終了と、新規採用の数が同程度で推移しています。コンシューマー向け、オンライン向けの入れ替わりはあまりなく、ソーシャルゲーム系求人に入れ替わりがありました。 特筆すべきは、大手パブリッシャーが大量採用に動いたことでしょう。ソーシャルゲーム業界進出に出遅れたことから採用活動も後手に回っていましたが、ソーシャル系人材に加えてWEB系、モバイル系人材をも採用するなど一気に巻き返しを図った形で

2011年1月25日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2010年12月 ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ゲーム業界のマーケットは、引き続きソーシャル業界が牽引しています。しかし、エンジニアは採用ニーズの高い状況が続く中でディレクターやデザイナーは現状維持か減少となり、ポジションによってはピークを過ぎた感があります。 一方、コンシューマー業界がオンラインやソーシャルに参入したことでWEB系人材の需要が高まり、WEB系エンジニアやWEBディレクター、デザイナーなどの求人が大手パブリッシャーや中堅パブリッシャーから相次ぎました。コンシューマー業界では依然としてPS3やXbox360とい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ