調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コアCPI上昇

「コアCPI上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

消費者物価(全国15年5月)~コアCPI上昇率はゼロ近傍で推移も、幅広い品目で値上げが続く

消費者物価(全国15年5月)~コアCPI上昇率はゼロ近傍で推移も、幅広い品目で値上げが続く | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年5月)~コアCPI上昇率はゼロ近傍で推移も、幅広い品目で値上げが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率はゼロ近傍の推移が続く・物価上昇品目数はさらに増加・コアCPIは夏場

消費者物価(全国15年4月)~コアCPI上昇率はゼロ%も、物価上昇品目数が下落品目数を大きく上回る

消費者物価(全国15年4月)~コアCPI上昇率はゼロ%も、物価上昇品目数が下落品目数を大きく上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年4月)~コアCPI上昇率はゼロ%も、物価上昇品目数が下落品目数を大きく上回る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びゼロ%に・物価上昇品目数

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国15年3月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びプラスも、先行きはマイナスに

消費者物価(全国15年3月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びプラスも、先行きはマイナスに | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年3月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びプラスも、先行きはマイナスに 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びプラスに・コアC

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し

2015・2016年度経済見通し 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2014年10-12月期の実質GDPは前期比0.4%(前期比年率1.5%)と3四半期ぶりのプラス成長となったが、回復のペースは鈍い。実質GDPの水準は駆け込み需要が本格化する前の2013年10-12月期よりも▲0.8%低く、駆け込み需要とその反動の影響を除いて考えてもこの1年

消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく

消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は0.2%まで低下・エネルギーの下落幅は15年度入り後さらに拡大・コアCPI上昇率は15年度入り後にはいっ

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は0.5%まで低下・ガソリン、灯油の下落率が前年比で二桁のマイナスに・コアCPI上昇率は15年度入り後にはいったんマイナスへ総務省が1月30日に公表した消費者物価指数によると、14年12月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合

消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ

消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は2ヵ月連続の1%割れ・コアCPI上昇率は15年度入り後には0%台前半へ総務省が12月26日に公表した消費者物価指数によると、14年11月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比2.7%(10月:同2.9%)となり

消費者物価(全国14年10月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は14年度末にかけて0.5%程度へ

消費者物価(全国14年10月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は14年度末にかけて0.5%程度へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年10月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は14年度末にかけて0.5%程度へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は13年10月以来

消費者物価(全国14年9月)~コアCPI上昇率は10月以降、1%割れが続く公算

消費者物価(全国14年9月)~コアCPI上昇率は10月以降、1%割れが続く公算 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年9月)~コアCPI上昇率は10月以降、1%割れが続く公算 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は1%まで低下・コアCPI上昇率は10月以降、1%割れが続く公算総務省が10月31日に公表した消費者物価指数によると、14年9月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比3.0%(8月:同3.1%)となり、上昇率は前

物価動向です。

価格上昇品目数は増加も、『2%』までは距離―品目別動向から見る消費者物価の行方

経済百葉箱 第74号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。価格上昇品目数は増加も、「2%」までは距離 ― 品目別動向から見る消費者物価の行方―菊池紘平 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:田原 健吾 日本銀行が2013年1月に2%の

消費者物価(全国14年7月)~年末にかけては景気下振れが物価の下押し要因へ

消費者物価(全国14年7月)~年末にかけては景気下振れが物価の下押し要因へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年7月)~年末にかけては景気下振れが物価の下押し要因へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率は前月と変わらず・年末にかけては景気下振れが物価の下押し要因に総務省が8月29日に公表した消費者物価

消費者物価(全国14年6月)~コアCPI上昇率は頭打ちから鈍化へ

消費者物価(全国14年6月)~コアCPI上昇率は頭打ちから鈍化へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年6月)~コアCPI上昇率は頭打ちから鈍化へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率は消費税の影響除きで2ヵ月連続鈍化・年末にかけて1%割れへ総務省が7月25日に公表した消費者物価指数によると、14年6月

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―駆け込み需要は前回の増税前に匹敵する大きさに2014年1-3月期の実質GDPは前期比1.6%(年率6.7%)の高成長となった。外需は引き続き成長率を押し下げたが、消費税率引き上げ前の駆け込み需要を主

消費者物価(全国14年5月)~消費増税分の価格転嫁後は値上げの動きが一服

消費者物価(全国14年5月)~消費増税分の価格転嫁後は値上げの動きが一服 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年5月)~消費増税分の価格転嫁後は値上げの動きが一服 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費税の影響を除くと上昇率はほぼ変わらず・コアCPI上昇率は夏場以降鈍化へ総務省が6月27日に公表した消費者物価指数によ

消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁

消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費税率引き上げ分以上に上昇幅が拡大・約6割の品目が100%以上の価格転嫁率に・コアCPI上昇率は夏場以降鈍化へ総務省が5月30日に公表

消費者物価(全国14年3月、東京14年4月)~消費税率引き上げ分はほぼフル転嫁

消費者物価(全国14年3月、東京14年4月)~消費税率引き上げ分はほぼフル転嫁 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年3月、東京14年4月)~消費税率引き上げ分はほぼフル転嫁 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPIは4ヵ月連続で前年比1.3%・4月の東京都区部では消費税率引き上げ分がほぼフル転嫁・4月の全国コアCPIはバブル期以来の3%台へ総務省が4月25日に公表した消費者物価指数によると、14年3月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.3%(2

消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く

消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは3ヵ月連続で1%台の伸び・物価上昇の裾野がさらに広がる・消費税率引き上げ後のコアCPI上昇率は3%台前半へ総務省が2月28日

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPI上昇率は0.1ポイント縮小・物価上昇の裾野が広がる・コアCPI上昇率は1%程度まで拡大へ総務省が10月25日に公表した消費者物価指数によると、13年9月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.7%(8月:同0.8%)と4ヵ月連続のプラスと

消費者物価(全国13年8月)~物価上昇の裾野が徐々に広がる

消費者物価(全国13年8月)~物価上昇の裾野が徐々に広がる | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年8月)~物価上昇の裾野が徐々に広がる 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPIは3ヵ月連続のプラス・物価上昇品目数が4ヵ月連続で増加・コアCPI上昇率は年末にかけて1%程度まで拡大へ総務省が9月27日に公表した消費者物価指数によると、13年8月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.8%(7月:同0.7%)と3ヵ月連続のプラスとなり、上昇率は前月から0.

消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ

消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは2ヵ月連続のプラス・物価上昇品目数が3ヵ月連続で増加・コアCPI上昇率は年末にかけて1%程度まで拡大へ総務省

消費者物価(全国13年6月)~コアCPI上昇率は年末にかけて1%近くまで拡大へ

消費者物価(全国13年6月)~コアCPI上昇率は年末にかけて1%近くまで拡大へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年6月)~コアCPI上昇率は年末にかけて1%近くまで拡大へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは1年2ヵ月ぶりのプラス・物価上昇品目数が2ヵ月連続で増加も、引き続き下落品目数を下回る・コアCP

消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ

消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは7ヵ月ぶりにマイナス圏を脱す・物価下落品目数の割合は11ヵ月連続で50%を上回る・コアCPI上昇率は6月以降プラスへ総務省が

消費者物価(全国13年4月)~東京都区部のコアCPIが4年2ヵ月ぶりの上昇

消費者物価(全国13年4月)~東京都区部のコアCPIが4年2ヵ月ぶりの上昇 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年4月)~東京都区部のコアCPIが4年2ヵ月ぶりの上昇 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIのマイナス幅縮小・物価下落品目数の割合は10ヵ月連続で50%を上回る・東京都区部のコアCPIが4年2ヵ月ぶ

消費者物価(全国13年3月)~コアCPIは夏場にかけて上昇へ

消費者物価(全国13年3月)~コアCPIは夏場にかけて上昇へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年3月)~コアCPIは夏場にかけて上昇へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・全国のコアCPIは下落幅拡大も、4月の東京都区部は下落幅縮小・物価下落品目数の割合は9ヵ月連続で50%を上回る・コアCPIは夏場にかけて上昇へ総

消費者物価(全国13年2月)~コアCPIは13年度前半には上昇へ

消費者物価(全国13年2月)~コアCPIは13年度前半には上昇へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年2月)~コアCPIは13年度前半には上昇へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは4ヵ月連続のマイナス・物価下落品目数の割合は8ヵ月連続で50%を上回る・コアCPIは13年度前半には上昇へ総務省が3月29日

2013年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

消費者物価(全国13年1月)~コアCPIの下落率はいったん拡大した後、13年度前半には上昇へ

消費者物価(全国13年1月)~コアCPIの下落率はいったん拡大した後、13年度前半には上昇へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年1月)~コアCPIの下落率はいったん拡大した後、13年度前半には上昇へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは3ヵ月連続のマイナス・物価下落品目数の割合は7ヵ月連続で50%を上回

消費者物価(全国12年12月)~コアCPIのマイナス幅は春にかけていったん拡大へ

消費者物価(全国12年12月)~コアCPIのマイナス幅は春にかけていったん拡大へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国12年12月)~コアCPIのマイナス幅は春にかけていったん拡大へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは2ヵ月連続のマイナス・物価下落品目数の割合は6ヵ月連続で50%を上回る・コアCPIの下落率は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ