調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コスト上昇

「コスト上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年9月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の住宅資材・用地問題の分析~米国住宅市場の供給制約に関する検証(2)~

みずほインサイト米 州2014 年 9 月 17 日米国の住宅資材・用地問題の分析欧米調査部エコノミスト米国住宅市場の供給制約に関する検証②03-3591-1289山崎亮ryo.yamasaki@mizuho-ri.co.jp○ 本稿では、米国における住宅用建設資材・開発用地の不足と、住宅建設コストの増大という問題について考察した。米国では、これらの問題が住宅市場の供給制約になっているとの指摘がある。○ 住宅用建設資材の不足は軽微とみられる一方、開発用地の不足は深刻なようだ。特に、東西の海岸地域

2014年3月26日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

食品産業の9割でコスト上昇、うち7割が価格転嫁できず-日本公庫・平成25年下半期食品産業動向調査-

ニュースリリース平 成 26 年 3 月 26 日食品産業:コスト影響株式会社日本政策金融公庫keikyou食品産業の9割でコスト上昇、うち7割が価格転嫁できず― 日本公庫・平成25年下半期食品産業動向調査 ―日本政策金融公庫(略称:日本公庫)農林水産事業が1月に実施した平成 25 年下半期食品産業動向調査で、原材料や光熱等の価格変動によるコストへの影響を質問したところ、食品関係企業(製造業、卸売業、小売業、飲食業)の 87.7%でコストが上昇したと回答しました。そのうち 67.2%がコスト上昇

2014年1月19日日本立地センターフィードバック数:0ビジネス

新規事業所立地計画に関する動向調査 製造業+物流業〔まとめ〕

産業立地 2014年1月号36新規事業所立地計画に関する動向調査製造業+物流業〔まとめ〕一般財団法人 日本立地センター 産業立地部景気上昇が言われる一方、「国内市場の縮小」が不安視が重要である。企業を誘引していくには、地域のビジネスされ、「原燃料の高騰」が経営コストを圧迫し、「人材確保・モデルを構築することが求められていると言えよう。育成」が今後の課題となる中での調査となった。企業の新こうした今後の新規立地が期待できる条件として、製規事業所の立地が増加していくのか、調査結果が注目され造業、物流業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ