調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コスト指数

「コスト指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年8月31日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

アメリカ: 賃金の動向

今週の指標 No.1125 アメリカ:賃金の動向 ポイント2015年8月31日アメリカでは、景気は弱めの動きもみられるが、回復が続いている。このような状況下、FRBは金融政策の正常化へ向けて舵を切ろうと、その前提条件となるデュアルマンデート(雇用最大化、物価の安定)の達成状況を注視している。今回は労働市場の状況について、賃金の動向を確認する。賃金の動向をみる主な指標としては、(1)平均時給(月次)、(2)雇用コスト指数(四半期)がある。雇用コスト指数はベネフィットコスト(残業代、保険・社会保障

2013年11月25日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

アメリカの状況です。

アメリカ:賃金・報酬の動向

今週の指標 No.1083 アメリカ:賃金・報酬の動向 ポイント2013年11月25日13年7~9月期の雇用コスト指数は前年同期比+1.9%となった(図1)。雇用コスト指数は賃金・報酬と諸手当(注)から構成されているが、どちらも世界金融危機による雇用環境の悪化により伸び率が鈍化した。諸手当は世界金融危機後に減少していた労働時間が増加に転じたことを背景に伸び率が高まる局面も見られたが、賃金・報酬は09年7~9月期以降、おおむね横ばいで推移している(図2)。このことが物価上昇率を抑える一因となってい

2013年11月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:雇用コスト指数(第3四半期)

BTMU Focus USA Diary:雇用コスト指数(第3四半期)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ