調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コマース利用

「コマース利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年10月31日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

20代「Instagram」利用者の約半数が、新機能「ShopNowを認知」

20代「Instagram」利用者の約半数が、新機能「ShopNowを認知」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年9月度)20代「Instagram」利用者の約半数が、新機能「ShopNowを認知」3人に1人が、「ECサイトのInstagramアカウントをフォロー」調査結果サマリー3人に1人が、「ECサイトのInstagramアカウントをフォロー」ECサイトが運用している「Instagram」アカウントをフォロー中の人は35.8%で、2017年6月度調査(25.4%)から10.4ポ

2018年9月6日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

3割以上がコンビニで現金を使わず。「キャッシュレス化」が進む

3割以上がコンビニで現金を使わず。「キャッシュレス化」が進む Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年6月度)3割以上がコンビニで現金を使わず。「キャッシュレス化」が進む10代と20代は、他世代と比べて「スマホ決済」が浸透調査結果サマリーリアル消費で「キャッシュレス化」が進む。3割近くがコンビニも現金を使わず公共交通機関やコンビニエンスストアなど、さまざまなシーンでの支払い方法を聞いたところ、「公共交通機関の運賃を現金以外で支払うことが多い」という人は44.6%、「コンビニエンスストア

2018年5月8日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強

ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年3月度)ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強最も利用されている“個人の所有物を売れるサービス”は、「リアル店舗」調査結果サマリーネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強インターネットオークションやフリマアプリなど、個人の所有物を売ることができるネット上のサービスを利用した経験がある人に、過去、どういったサービスを使ったことが

2018年4月3日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

10代が洋服を買うECサイトは「Amazon」、20代は「ZOZOTOWN」

10代が洋服を買うECサイトは「Amazon」、20代は「ZOZOTOWN」 『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年2月度)』~フリマアプリ「ラクマ」の利用率が約2割に増加~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年2月度)』の結果を発表します。本調査は、1

2018年2月20日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECで「かご落ち」したのは、「送料や手数料が高かった」から

ECで「かご落ち」したのは、「送料や手数料が高かった」から Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年1月度)ECで「かご落ち」したのは、「送料や手数料が高かった」から7割以上に、Eコマースの「かご落ち」をした経験あり調査結果サマリーECで「かご落ち」する理由、1位は「送料や手数料が高かったから」直近1年間で「かご落ち」をしたことがある人に、その理由を聞いたところ、最も多くの人から挙がった理由は「送料や手数料などが高かった」でした(35.8%)。次いで、「選べる支払い方法が少なかった」「

2017年8月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年7月度)

再配達問題で、過半数が「配達員にねぎらいの声がけ」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年7月度)再配達問題で、過半数が「配達員にねぎらいの声がけ」約8割が「配送で不満に思った」経験あり調査結果サマリー再配達問題の報道以降、過半数が「配達員にねぎらいの声をかけるようになった」ECの再配達問題をはじめとする物流業者の負担増に関する報道以降、59.2%の人が「日時指定をして、その時間帯は在宅するようになった」や、54.6%の人が「配達員に『おつかれさまです』などと声がけするようになった」

2017年7月24日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年6月度)

「LINEショッピング」の認知者は、4人に1人 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年6月度)「LINEショッピング」の認知者は、4人に1人20代の約半数が「Instagram」でECサイトのアカウントをフォロー調査結果サマリー「LINEショッピング」の認知者は、4人に1人SNSを入り口として、ファッションや家電、コスメなどのさまざまなショップにアクセスし、SNS上で商品が購入できるショッピングサービスで知っているものを聞いたところ、「LINEショッピング」を挙げる人が最も多く(22

ASEAN3カ国・日本・中国のeコマース利用実態調査

プレスリリース「ASEAN3カ国・日本・中国のeコマース利用実態調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング ASEAN3カ国・日本・中国のeコマース利用実態調査 報道関係各位2017年7月12日株式会社クロス・マーケティング -ASEAN3カ国・日本・中国のeコマース利用実態調査- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、シンガポール・タイ・インドネシア・日本・中国に在住する20~49歳の男女を対象に「ASEAN3カ国・日本・中国のeコマース利用

2017年6月22日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年5月度)

「再配達問題」を知らなかった10代は3人に1人、20代は5人に1人 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年5月度)「再配達問題」を知らなかった10代は3人に1人、20代は5人に1人「1回目の配達で受け取れば、ポイント付与」サービスで、再配達は減る調査結果サマリー10代の3人に1人、20代の5人に1人が、「再配達問題を知らなかった」ECサイト(または、アプリ)で購入した商品の再配達が多いことが問題となっていることについて、「報道内容をよく知っていて、他者にも説明できる」人は49.1%、

2017年5月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年4月度)

ECサイトの5大プレミアムサービス利用率1位は、「Amazon」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年4月度)ECサイトの5大プレミアムサービス利用率1位は、「Amazon」最も利用するデバイスは6割がパソコン、3割がスマートフォン調査結果サマリーECサイトの5大プレミアムサービスの利用率1位は、「Amazon」Eコマース利用経験者に、「アマゾンプライム会員」「Yahoo!プレミアム会員」「楽天プレミアム会員」「ZOZOプレミアム/ZOZOプラチナム会員」「ヨドバシ・プレミアム会員

Eコマースに関する調査--富裕層ほどモバイルよりPCでEコマースを利用

Eコマースに関する調査--富裕層ほどモバイルよりPCでEコマースを利用  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、Eコマースに関する調査を行った。 今回は、Eコマースの利用状況を年代や可処分所得、そして利用デバイスなどに関してクロス集計を行った。 ≪調査結果サマリー≫モバイルコマースは若年層、PCコマースは年代が上がるにつれ利用率が高くなる。どの年代においても約35%のユーザーがPCとモバイルの両方を使い分けてインターネットを行っている。可処分

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ