調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コミュニケーション

「コミュニケーション」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月17日KASPERSKY labフィードバック数:0マーケティング

ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響

Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響※2017年1月13日更新:地図画像を修正しました。調査結果の概要人々は楽しい気分になるためソーシャルメディアを利用している: 回答者の約半数は、「自分が楽しいと感じたこと」(61%)を含め、明るい話題の投稿をするようにしている。ところが、ソーシャルメディアは必ずしも前向きに受け止められていない: 57%の回答者は、ソーシャルメディアを利用した後、他の人が自分より良い生活を送っていると感じたことがあると認めている。ソーシャル

2017年1月13日講談社フィードバック数:0キャリアとスキル

インバウンド2000万人時代のおもてなし英会話力調査

純ジャパ1,000人に聞く、「インバウンド2000万人時代のおもてなし英会話力調査」 2017年1月5日 純ジャパ1,000人に聞く、「インバウンド2000万人時代のおもてなし英会話力調査」 2017年1月5日株式会社講談社純ジャパ1,000人に聞く、 「インバウンド2000万人時代のおもてなし英会話力調査」 今後3~4年の間に純ジャパの7割が 自分の英会話力を高めたい! 外国人に道を聞かれて「英語で答えられる」純ジャパは2割 一方で、日本に来る外国人とコミュニケーションをしたい純ジャパは7

2017年1月3日LINE★フィードバック数:0モバイル

LINEモバイル サービス開始3ヶ月の利用動向

【LINEモバイル】サービス開始3ヶ月の利用動向を公開2016.12.21All ライトユーザーからヘビーユーザーまで、ユーザーごとの年齢や利用動向に適したプランが選択され、11月は「コミュニケーションフリープラン」の申し込み割合が6割弱まで上昇LINEモバイル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:嘉戸 彩乃)は、同社が運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」 https://mobile.line.me/ において、サービス開始3ヶ月(2016年9月5日~11月

2016年12月28日大日本印刷フィードバック数:0大型消費/投資

メディアバリューレポート VOL.76「進化するギフト・コミュニケーション」

メディアバリューレポート VOL.76「進化するギフト・コミュニケーション」最上級のリアルコミュニケーションとなる、SNS時代のギフト 昨年末に生活者がやり取りした「お歳暮・冬ギフト」の市場規模は3,562億円(DNP調べ)。前年より4.1ポイント低下したものの10代から70代の25.5%が「お歳暮・冬ギフト」を贈っている。一方、お菓子のパッケージにメッセージを書いて手渡すなどカジュアルギフトのやりとりも活発になっており、1年を通じたギフト市場全体の規模については、9兆9,535億円(法人需要

2016年12月6日グローコム★★フィードバック数:0社会/政治

日本人のコミュニケーション力に関する調査

日本の職場は「ほめ力不足」コミュ力改善が「働き方改革」の大き...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 日本の職場は「ほめ力不足」 コミュ力改善が「働き方改革」の大きな課題に~日本人のコミュニケーション力に関する調査結果~ パブリックスピーキング及びPRのコンサルティングを手掛ける株式会社グローコム(本社:東京都港区)は、日本人のコミュニケーションの問題点を洗い出すため、会社員約1,000人に対し、「コミュニケーション力」の調査を行いました。 Q4 「ほめる」上司を持

2016年11月18日ゆこゆこフィードバック数:0大型消費/投資

「夫婦の国内旅行」に関する調査

【リリース】シニア夫婦の国内旅行に関する調査 20162016年11月17日ゆこゆこシニア調査レポートシニア夫婦の国内旅行に関する調査 2016いい夫婦の秘訣は“旅行”!2人でのんびり 会話が増加半数以上が「一緒に旅行することで夫婦仲がよくなった」シニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:萩原浩二)は、当社運営の宿泊予約サイト「ゆこゆこネット」の50代以上のメールマガジン会員2,115人を対象に、11月22日の【いい夫婦の日】を前に、「夫婦の国内旅

2016年11月17日アスラテック★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年に国内で開発されたサービスロボットの動向に関する調査

2016年に国内で開発されたサービスロボットの動向に関する調査結果を発表2016年に国内で開発されたサービスロボットの動向に関する調査結果を発表2016年に国内で開発されたサービスロボットの動向に関する調査結果を発表 2016年に国内で製作された新サービスロボット数は91機種(10月末時点)2016年の新サービスロボットの機種数は昨年比で133%となる見込み見守り・コミュニケーション向けロボットが最も多く、構成比の15%に及ぶアスラテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒谷 正人

2016年10月20日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2016

スマートフォンやLINEに代表されるメッセージングアプリの普及に伴い、一般に消費者と企業のコミュニケーションのデジタル化や多様化が進んでいくと言われています。一方で、消費者と企業とのコミュニケーションの実態を捉えた実態調査や意識調査の公開データは多くはなく、企業のオムニチャネル化の検討にとって情報が不足している課題がありました。このたびトランスコスモス株式会社とトランスコスモス・アナリティクス株式会社は共同で消費者と企業のオムニチャネルコミュニケーションの実態把握を目的とした「消費者と企業のコミ

2016年10月9日日本RV協会フィードバック数:0大型消費/投資

今夏のキャンピングカー旅行の実態

9割の家族が家にいる以上にコミュニケーションが取れたと回答日本RV協会が今夏のキャンピングカー旅行の実態を調査~旅費管理は「奥様」の回答が60.0% 妻が旅行でも財布の紐を握る~ 2016年10月03日公開2016年10月05日更新  一般社団法人日本RV協会(所在地:東京都町田市、会長:増田 浩一)は、この夏休みにキャンピングカー旅行を楽しんだユーザーから、その旅行先、旅行目的、移動距離、宿泊数、同伴者、計画の立案者、および費用の管理者など、13項目にわたって調査しました。その結果、この夏の

2016年10月8日レバレジーズフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年8月に面接を受け、お見送りとなった事例122件の理由を調査

若年層就職支援サービス「ハタラクティブ」が面接NG理由の調査リリースを発表 ※※※から資料のダウンロードをお願いいたします※※※フリーター、第二新卒層が面接に受からない理由とは? 若年層向け正社員就職支援サービス「ハタラクティブ」(運営会社:レバレジーズ株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役:岩槻知秀、URL:)は、2016年8月に面接を受け、お見送りとなった事例122件の理由を調査しました。・今回の対象は、正社員経験0~2年の正社員就職を希望している方・3人に1人が、「受け身姿勢への不安」「

2016年9月21日ビデオリサーチ★フィードバック数:0モバイル

スマホはシニアの新しいコミュニケーションツール!? 60代前半の半数以上が使い、3人に1人がLINEアプリを利用

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2016年9月13日スマホはシニアの新しいコミュニケーションツール!?60代前半の半数以上が使い、3人に1人がLINEアプリを利用 株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:加藤 讓)は「Senior+/ex」(シニアプラスエクス)の最新データとSNSについてのアンケートから敬老の日にちなみ「シニアとデジタルモバイル」について分析した結果を紹介します。なお、この結果はシニア研

クレーンゲーム(UFOキャッチャー)に関しての利用実態調査

ニュースリリース掲載・配信 PRナビ企業の広報・PRを適正価格でサポート! リリースも無料掲載中まるごと広報代行サービス PRナビ | リリース無料掲載中! > リリース > ゲーム・ホビー・エンタメ > 欲しいのは景品よりも、孫の笑顔!? シニア層のクレーンゲームの利用実態を調査 プレイする目的、1位は「孫へのプレゼントのため」 家族間コミュニケーションが増えると7割以上が実感欲しいのは景品よりも、孫の笑顔!? シニア層のクレーンゲームの利用実態を調査 プレイする目的、1位は「孫へのプレゼント

2016年8月4日宣伝会議フィードバック数:0ビジネス

インナーコミュニケーション白書2016

「戦略的社内広報」で社員が変わり、会社が変わる。広報担当者123人に調査「インナーコミュニケーション白書2016」 従業員を対象としたインナーコミュニケーションを重視する企業が増えてきました。ある機関の調査によれば、広報活動における重要なステークホルダーとして「従業員とその家族」のスコアが上昇しているという結果も出ています*1。一方で、日本企業は海外に比べ、社員個人の職場への愛着や働きがい、組織への帰属意識という点では温度差があるという現実も。社内広報の活動が生産性の向上に寄与しているかという

「親子のコミュニケーション」についての調査

夏休み前、必見! 子どもと接する際に注意するべきこと2016.07.20.WED 年月日(木)~日(水)にをインターネットを通じて実施名から回答を得ました。ごアンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。回答者の中から抽選で、(組み立て式簡易サッカーゴール)など、プレゼントの当選は、品物の発送を以てかえさせていただきます。この度、調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告(指導者養成機関)の中川英治ヘッドマスターの調査結果に関するコメントと総括を記載していますので、合わせてご

アルバイト&パート 職場コミュニケーション調査2016

お知らせ「ニュースリリース」 | ツナグ・ソリューションズ 2016年06月29日 | ニュースリリース【アルバイト&パート職場コミュニケーション調査2016】『"ゆとり"から"団塊"まで...世代入り乱れるカオスな職場で 上司・店長が身を守るための3つの「境界線」!』をリリースしましたツナグ働き方研究所(株式会社ツナグ・ソリューションズ/本社:東京都/社長:米田光宏)が「アルバイト&パートの職場におけるコミュニケーションのありかた」に 関する意識調査を実施。『上司・店長からの働きかけに対する

コミュニケーション&テレプレゼンスロボットの市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングコミュニケーション&テレプレゼンスロボット(*)の市場規模予測 コミュニケーション&テレプレゼンスロボットの市場は大きく拡大し、2024年には2015年比25倍強の473億円になると予測。受付、介護、見守りなど幅広い分野での導入が見込まれる。(*) コミュニケーション&サービスロボットの定義は「調査結果のポイント」に記載。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、

「健康食品」の利用に関する調査

[株式会社リンクアンドコミュニケーション] ,健康食品 調査 サプリ 意識 利用 健康 機能性表示食品

2016年6月19日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

メールにおけるコミュニケーションの課題(2016年)

メールにおけるコミュニケーションの課題(2016年)  キーマンズネットでは、2016年3月28日〜4月15日にかけて「メールにおけるコミュニケーションの課題」に関するアンケートを実施した(有効回答数:308名)。回答者の顔ぶれは、営業部門が全体の52.3%、情報システム部門が27.5%、全社・事業部スタッフ部門が20.3%、製造・関連部門が19.8%という構成比であった。今回は、メールでのコミュニケーションにおける課題の有無や解決のために利用したツールについて聞いた調査結果をお届けする。なお

社内コミュニケーションについてのアンケート

社内コミュニケーションに関するアンケート調査結果職場でのコミュニケーションを目的とした懇親会の必要性、76%が「必要」。 夜の懇親会を行う職場は現在90%、一方参加したくても出来ない人も少なくない。 ライフスタイルの多様化から、職場では夜よりも「昼の懇親会」を求める人が増加中。 お弁当宅配・ケータリングの総合モール「ごちクル」・デリバリー型の社員食堂「シャショクル」を運営するスターフェスティバル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:岸田祐介)と「ごちクル」のお弁当宅配サービスを法人のお客様に提供し

コミュニケーションロボットによる接客に関する調査

プレスリリース「コミュニケーションロボットによる接客に関する調査」 | クロス・マーケティング コミュニケーションロボットによる接客に関する調査 報道関係各位平成28年5月31日株式会社クロス・マーケティング コミュニケーションロボットの接客体験者は1割未満“技術面のぎこちなさ”解消で利用意向アップなるか-コミュニケーションロボットによる接客に関する調査-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する20歳~7

2016年6月2日オウチーノフィードバック数:0ビジネス

「SNSと職場コミュニケーション」実態調査

2016.5.25 「SNSと職場コミュニケーション」実態調査株式会社 オウチーノSNSが普及し、いまやプライベートだけでなく、仕事で活用している人も多い。一方で、仕事とプライベートは切り離したいと考える人もいる。若手社会人は、SNSと職場の関係についてどう考えているのだろうか。住まいのことならなんでも、対面・無料で相談できる「家」とリフォームの相談窓口です。Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.

2016年5月27日マクロミル★★フィードバック数:0ライフスタイル

産後夫婦の意識ギャップが判明。妻の“夫にイラッ”の原因とは?

世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホーム産後夫婦の意識ギャップが判明。妻の“夫にイラッ”の原因とは? 2016年5月24日|Author : ジャスミン産後夫婦の意識ギャップが判明。妻の“夫にイラッ”の原因とは?Tag : 産後,出産,産後クライシス,夫婦,妻,夫,コミュニケーション,離婚「産後クライシス」という言葉が浸透してきました。「平成23年度全国母子世帯等調査(厚生労働省)」によると、ひとり親世帯になった理由の1位は「離婚」ですが、死別以外でひとり親世帯になった時

2016年5月19日リクルート★フィードバック数:0ライフスタイル

「夫、子どもと会話が弾む!」保育園のICTサービス利用で約7割が "家族とのコミュニケーションが変化 "

「夫、子どもと会話が弾む!」保育園のICTサービス利用で約7割が "家族とのコミュニケーションが変化 " 「夫、子どもと会話が弾む!」保育園のICTサービス利用で約7割が "家族とのコミュニケーションが変化 " 2016年5月17日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ株式会社リクルートマーケティングパートナーズ (東京都中央区/代表取締役社長:山口 文洋)が提供する保育園と保護者をつなぐ、コミュニケーションサービス『kidsly(キッズリー)』において、保護者向けにアンケートを実

2016年5月3日ネクスウェイフィードバック数:0ライフスタイル

スーパーマーケットの本部店舗間・店内コミュニケーションの現状調査

営業支援のネクスウェイ。約7000法人への営業支援実績HOMEニュース&トピックススーパーマーケットの本部店舗間・店内コミュニケーションの現状調査を実施スーパーマーケットの本部店舗間・店内コミュニケーションの現状調査を実施 ITホールディングスグループの本部店舗間コミュニケーションを改善、最適化するサービス「店舗matic」を提供する株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 宏昌、以下ネクスウェイ)は、スーパーマーケットの店舗で働く従業員(正社員)の方200名を対象とした「ス

チームラン参加者へのアンケート調査

カスタムプロデュース株式会社のプレスリリース/広報・PR情報デキる会社はもう始めている!社内のコミュニケーション活性化にランニングの新トレンド「チームラン」の活用が急増中(チームラン参加者へのアンケート調査結果)デキる会社はもう始めている!社内のコミュニケーション活性化にランニングの新トレンド「チームラン」の活用が急増中(チームラン参加者へのアンケート調査結果)アメリカのランニング専門店市場でシェア1位(*1)を誇るランニング専門ブランド「BROOKS(ブルックス)」(輸入総代理店:カスタムプロ

2016年4月30日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

嫁ブロック実態調査

嫁ブロック実態調査44%の方が、嫁ブロックを理由に内定を辞退!―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『ミドルの転職』( https://mid-tenshoku.com/ )上で、サイトを利用しているユーザーを対象に「嫁ブロック」についてアンケートを行ない、から回答を得ました。以下、概要をご報告します。※嫁ブロック…妻に転職することを反対されること。 調査結果概要

2016年4月12日MM総研フィードバック数:0社会/政治

Web統合電話帳アプリケーション市場の概況 (2015年末)

Web統合電話帳アプリケーション市場の概況 (2015年末) 2016年04月06日■ 2015年12月末の市場規模は、前年比69%増の78.2万ライセンスに拡大 ■ 事業者シェアはPhone Appliがクライアントライセンス数シェアで75%を獲得 ■ 大企業の導入が加速、クラウド提供の浸透で2016年末は120万規模に拡大へ  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は、主要なソリューション事業者へのヒアリング調査等をもとに、企業内にある様々なコミュニケーションツールの統合・連携を実現する

社内コミュニケーションに関する意識調査

[ショップジャパン] ,カラオケ コミュニケーション 調査 ショップジャパン オークローンマーケティング 出世 テレサ・テン 石原裕次郎 Shop Japan 大人のムード歌謡

2016年3月18日Pmasフィードバック数:0大型消費/投資

従業員がもっと安心して働くために、企業が考えるべき3つのこと。退職金・企業年金に関して必要なコミュニケーションとは?(2016春)

Pmas |企業年金制度・退職給付会計・年金資産運用等に関する解説・最新情報を発信 企業年金・退職金・退職給付会計に関する情報なら「Pmas」 > データバンク > レポート > 従業員がもっと安心して働くために、企業が考えるべき3つのこと。退職金・企業年金に関して必要なコミュニケーションとは?(2016春) 従業員がもっと安心して働くために、企業が考えるべき3つのこと。退職金・企業年金に関して必要なコミュニケーションとは?(2016春) 先日公開した「退職金・企業年金の現状に迫る

2016年3月9日ネオマーケティングフィードバック数:0社会/政治

手紙と対人コミュニケーション力に関する調査

手紙と対人コミュニケーション力に関する調査 アイリサーチとは サービスアイリサーチでは、業界随一の幅広いサービスをご提供しており、それぞれに蓄積されたノウハウと豊富な実績がございます。 ここでは、私たちがご提供するサービスを一覧でご紹介いたします。 サービス一覧へソリューション モニターについて 分析手法 アウトプット 料金一覧アイリサーチでは、業界随一の幅広いサービスに対応しており、それぞれ、リサーチ業界でも安価な料金にてご提供させていただいております。 ここでは、私たちがご提供するサービスの

2016年3月9日サイダスフィードバック数:0ビジネス

人事管理システムに関する調査

News ReleasesニュースリリースNews Releasesニュースリリース 2016.03.07 【調査レポート】"社内コミュニケーション"に課題を感じている企業が約5割 ===================================================人事担当者を対象に「人事管理システムに関する調査」を実施"社内コミュニケーション"に課題を感じている企業が約5割~原因は「組織の縦割り」 組織を超えたコミュニケーションが必要~====================

2016年2月14日ヤマハ発動機フィードバック数:0ビジネス

社内のブランドスローガン浸透と社内コミュニケーションの活性化に関するアンケート調査

[ヤマハ発動機株式会社] ,調査 ストレッチ 社内コミュニケーション スローガン ヤマハ発動機 Revストレッチ

2016年2月12日NTTアド★フィードバック数:0モバイル

若年層の写真・動画コミュニケーションに関する調査

若年層の写真・動画コミュニケーションに関する調査

2016年1月27日MM総研フィードバック数:0ビジネス

コミュニケーションロボットの企業需要動向

コミュニケーションロボットの企業需要動向(2016年1月) 2016年01月26日■ 企業のコミュニケーションロボットの認知度は60.7% ■ 企業のうち導入を検討しているのはまだ10.1%、活用用途の拡大が望まれる ■ 導入を阻害している要因は、活用用途の不明確さや導入コストの高さ ■ 20.3%の企業がコミュニケーションロボット産業への参入意向を示す  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)はコミュニケーションロボットの企業需要動向調査に関する調査結果を発表した。本リリースにおける「コミ

2015年12月2日ウォンテッドリーフィードバック数:0エンタテインメント

コミュニケーションツール利用に関する意識調査 2015

【コミュニケーションツール利用に関する意識調査 2015】 6割以上がFacebookやLINEはプライベート専用ツールとして利用 ビジネスパートナーと繋がることに抵抗を感じる人は約半数2015年11月27日ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:仲暁子、以下 当社)は、「Wantedly」ユーザー399名を対象に、ビジネスコミュニケーションツールに関する意識調査を行いましたので、調査結果をお知らせいたします。調査背景スマートフォ

2015年11月19日MMDLabo★フィードバック数:0ライフスタイル

夫婦間のコミュニケーションに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 夫婦間でのスマートフォン、Webサービスを利用した特別なメッセージのやりとり、3割が経験あり 夫婦間でのスマートフォン、Webサービスを利用した特別なメッセージのやりとり、3割が経験あり MMD研究所は11月22日のいい夫婦の日にちなみ、スマートフォンを持つ20~59歳の既婚の男女434人を対象とした「夫婦間のコミュニケーションに関する調査

2015年11月4日エン・ジャパン★フィードバック数:0ビジネス

「ビジネス会話で感じた不快感」についてアンケート

ビジネス会話での不快感、43%が経験。“敬語を使わない後輩”に多くの方が不快感。―『エン転職』ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の総合求人・転職支援サービス『エン転職』 ( https://employment.en-japan.com/ )上で、サイト利用者を対象に「ビジネス会話で感じた不快感」についてアンケートを行ないました。下記、概要をご報告いたします。 ■調査結果概要 ビジネス上で

2015年10月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 人付き合い(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ友人の数は「3〜4人」「5〜6人」「11人以上」がボリュームゾーン。5人以上いる人が全体の5割弱で、過去調査と比べ減少傾向。人付き合いが得意な人は2割強 友人とのコミュニケーションのとり方は「直接会って話す」が8割弱、「メール」が6割、「電話で話す」が5割弱。「チャットアプリ・ツール(LINE、カカオトークなど)」「無料通話ツール・アプリ(Skypeなど)で通話」などは若年層、「メール」は30代以上、「電話で話す」は50代以上での比率が高い

2015年10月20日MM総研★フィードバック数:0デジタル家電

「コミュニケーションロボット」に関する一般消費者意向(2015年10月)

「コミュニケーションロボット」に関する一般消費者意向(2015年10月) 2015年10月20日■ コミュニケーションロボットの認知度は68.4% ■ 購入意向は14.7%で、購入意欲の刺激が課題 ■ 求める形状やサイズは多様化する傾向 ■ 介護現場、交通機関、エンターテインメント施設等への導入に期待が高い MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)はコミュニケーションロボットの一般消費者意向に関する調査結果を発表した。本リリースにおけるコミュニケーションロボットとは、日常生活において、人間とコ

マスターブランドパワー調査2015

ホーム > ニュースリリース > マスターブランドパワー調査2015 3つの要素でセブン-イレブン、伊勢丹、トヨタがそれぞれトップに ~トライベック・ストラテジーとハバス・ワールドワイド・ジャパンが共同で実施~ ニュースリリース2015年10月5日 マスターブランドパワー調査20153つの要素でセブン-イレブン、伊勢丹、トヨタがそれぞれトップに~トライベック・ストラテジーとハバス・ワールドワイド・ジャパンが共同で実施~オウンドメディアコンサルティングのトライベック・ストラテジー株式会社(所在地

2015年9月25日ESSPRIDEフィードバック数:0ビジネス

社内コミュニケーションにおけるおやつの効果

第3回 おやつが社内コミュニケーションを変える?報道関係者各位平成27年9月25日株式会社 ESSPRIDE 日本古来の「飲みニケーション」が崩壊!? 一般社員の75%が「上司と飲みに行きたくない」コミュニケーションツールとしての「おやつ」に期待が高まる オリジナルのお菓子の活用を軸に、企業の組織改革やトータルブランディングを手掛ける株式会社ESSPRIDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役グループCEO :西川世一)は、企業のトータルブランディングの必要性を改めて考えるべく、ブランディングに必

経理職が英語力を身につけると年収が上がるのか?

経理職が英語力を身につけると年収が上がるのか?【鼎談】経理パーソンを対象に行ったアンケート結果をもとに英語学習や経理職のキャリアについて語る ビジネスシーンでの英語スキルの需要がますます高まっている昨今。社会人の英語勉強法や、英会話スクールは世の中に数多くありますが、経理という専門職に役に立つ英語力を身につけるために試行錯誤されている方も多いのではないでしょうか。経理パーソンを対象に行ったアンケート結果をもとに、英語学習・経理実務・経理職のキャリアに詳しい三氏が"経理職の英語力と年収の関係"、

2015年8月25日近畿大学フィードバック数:0マーケティング

近大新入生のコミュニケーションツール使用調査

ニュースリリース・プレスリリース配信サービスならNews2uリリース 近大の新入生が日常的に用いる連絡手段は?6人に5人が「LINEなどのコミュニケーションツールを多用」平成27年度大学1年生(6,521人)アンケート実施 近畿大学2015年08月25日 14時00分 表1.日常的連絡を行う際の連絡手段 表2.各連絡手段を使用する学生の割合近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成27年度(2015年度)1年生6,521人(農・医・工学部を除く)を対象に実施するアンケートにおいて、「雑談や気軽な連絡

2015年7月27日MMDLabo★★フィードバック数:0モバイル

2015年上半期スマートフォンアプリコンテンツに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > SNS/コミュニケーションサービス利用「Instagram」が昨年より6.6ポイント増 SNS/コミュニケーションサービス利用「Instagram」が昨年より6.6ポイント増 MMD研究所は、スマートフォンを所有する20歳以上の男女563人を対象に「2015年上半期スマートフォンアプリコンテンツに関する調査」を実施致しました。【 調査結果サ

ビジネスメール実態調査2015

一般社団法人日本ビジネスメール協会は、日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です。コミュニケーション、書き方、効率化を指導するプロフェッショナルを育成し認定を行ないます。 受付時間 9:00~18:00(土日祝日、年末年始を除く) 「ビジネスメール実態調査2015」発表 「ビジネスメール実態調査2015」仕事で初めての連絡、失礼だと思う手段の第1位は「LINE」(50.87%)7割の人が「自分のメールに不安を感じることがある」不安の第1位は「正しく伝わるか」(80.48%)

2015年6月30日大日本印刷★フィードバック数:0ライフスタイル

DNPの調査です。

第5回 日常生活とギフトの実施状況に関する調査

◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆ 消費を創出する、女性のギフト・コミュニケーションメディアバリュー研究で「第5回 日常生活とギフトの実施状況に関する調査」を実施詳細な調査レポート(PDF611KB)はこちらからご覧ください。大日本印刷(DNP)は、生活者の情報メディア利用と購買行動の変化を調査・分析する「メディアバリュー研究」で、「第5回 日常生活とギフトの実施状況に関する調査」を実施し、女性のギフト実施動向について結果をまとめました。年間を通じて、生活に密着したギフトを贈る機会は多く、消費の活

2015年5月15日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

今年の新入社員は「スマート家電型」

今年の新入社員は「スマート家電型」データや合理性重視のエコなデジタルネイティブ世代―オリジナルの適性検査から新人傾向を発表― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、エン・ジャパンが顧客企業に提供している新人研修を受講した2015年度の新入社員388名を対象に、企業が求める特性や能力を持つ人材を短時間で簡単に見極められる適性テスト『3E-IP』()を実施。その結果を元に、今年の新人傾向や昨年からの変化、育成のポイントをまとめました。以下、概

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ