調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コミュニケーションアプリ

「コミュニケーションアプリ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年7月2日ワークポート★フィードバック数:0ビジネス

業務連絡でコミュニケーションアプリ(LINEやTwiiter、Facebookなど)を使用するのは”あり”ですか?(遅刻や休みの連絡、業務の報告など)

> 採用担当者のホンネ調査 ~採用の常識・非常識~> 業務連絡でコミュニケーションアプリ(LINEやTwiiter、Facebookなど)を使用するのは”あり”ですか?(遅刻や休みの連絡、業務の報告など)採用担当者のホンネ調査企業人事のホンネ。 求める人物像や面接のポイントを聞きました。 2016年06月27日業務連絡でコミュニケーションアプリ(LINEやTwiiter、Facebookなど)を使用するのは”あり”ですか?(遅刻や休みの連絡、業務の報告など)Qスタンプや、絵文字の使用はありですか

2016年5月31日近畿大学★フィードバック数:0マーケティング

新入生の約75%がLINEを最も利用 7,000人を超える大規模アンケート

ニュースリリース・プレスリリース配信サービスならNews2uリリース 新入生の約75%がLINEを最も利用 7,000人を超える大規模アンケート 近畿大学2016年05月27日 14時00分近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成28年(2016年)4月初旬に1年次入学生を対象にしたアンケート(7,355人)において、「最もよく利用するコミュニケーションアプリ」について調査しました。その結果、1位は「LINE」で、75.4%の学生が選択し、次いでは「Twitter」で17.6%の利用でした。一方「

2016年3月9日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム 歩きスマホ

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ何かをしながらスマートフォンを利用することがある人は全体の4割強、スマートフォン所有者の8割弱。「歩きながら」は全体の2割強、スマートフォン所有者の4割弱 歩きスマホをする人で利用する機能・サービスは「通話」「メール」「地図、GPS機能」が各5〜6割、「コミュニケーションアプリ」「乗り換え案内、運行情報」「Webサイトの検索」などが各2割強〜3割強 歩きスマホで危険な目にあった・あいそうになった経験がある人は歩きスマホをする人の4割弱。その

2015年4月3日楽天リサーチ★フィードバック数:0モバイル

携帯電話/スマホ利用についての調査です。

携帯電話利用に関する意識調査

『「SIMロック」の認知度、半数以上月額利用料金が「高い」と感じるのは4,000円以上現実は半数以上が6,000円超え。1万円台が最も多い』携帯電話利用に関する意識調査 2015年4月3日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、「携帯電話利用に関する意識調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2015年3月18日(水)から19日(木)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代~60代の男女1

2014年5月2日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

LINEなどコミュニケーションアプリについての調査です。

2014年5月コミュニケーションアプリに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > LINEのチャット利用は9割、無料通話利用は7割 LINEのチャット利用は9割、無料通話利用は7割 MMD研究所は、スマートフォンを所有している15歳~49歳のスマートフォンを所有している男女833人を対象に「2014年5月コミュニケーションアプリに関する調査」を2014年4月22日~4月24日にかけて実施致しました。 本調査では、コミュ

メールとLINEなどの使い分け状況を調査しています。

電子メールに関する調査

PRESS RELEASE 2013.1.18プライベートで電子メールとコミュニケーションアプリを利用する全国の 15 歳~59 歳の男女 500 人に聞いた「電子メールに関する調査」電子メールとアプリを使い分ける 73.0%72.8%が「早く返信しようと思うのはコミュニケーションアプリ」と回答マーケティングリサーチを行う株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中 の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行っております。今回、2012 年 12 月 19 日~2012 年

2012年9月13日ライフメディア★フィードバック数:7モバイル

話題のLINEについての調査です。

LINEに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイトLINEに関する調査。最もよく使われているのは音声通話ではなく「トーク」。 LINEに関する調査。最もよく使われているのは音声通話ではなく「トーク」。2012年9月 5日 ■テーマ:LINEに関する調査■有効回答:3706件(うちLINE利用者1163件)■調査期間:2012年8月22日から8月23日■対象者:スマートフォン利用者■キーワード:LINE,iPhone,Android,SNS,コミュニケーションアプリ無料音声通話などで人気のコミュニケーション

2012年5月14日ジャストシステムフィードバック数:11マーケティング要登録

SNS/コミュニケーションアプリの利用状況に関する調査

SNS/コミュニケーションアプリの利用状況に関する調査 Facebookに続く新たなサービスはあるか?SNS/コミュニケーションアプリの利用状況に関する調査LINEユーザーのアクティブ率が判明。 アプリをダウンロードして現在も利用している「77.4%調査結果サマリー「LINE」の認知度は32.5%、利用率は13.1%認知度は、Twitter、mixi、Facebookが8割を超え、LINEは「32.5%」利用率では、Twitter「36.3%」、mixi「34.5%」、Facebook「30.3

2011年10月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

買物と節約戦略に関する調査

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン SNSやコミュニケーションアプリの利用状況を発表~「SNSやコミュニケーションアプリ」の中で最も利用者増加率が高かったのは「スノー SNOW」~ ニールセン 「グローバル・コネクテッドコマース調査」の結果を発表 ~ オンライン、オフラインを横断する買い物客に訴求するオムニチャネル戦略 ~ ニールセン スポーツ スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPO

2011年3月30日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

日本のプライベートブランドに対する認識は?

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン SNSやコミュニケーションアプリの利用状況を発表~「SNSやコミュニケーションアプリ」の中で最も利用者増加率が高かったのは「スノー SNOW」~ ニールセン 「グローバル・コネクテッドコマース調査」の結果を発表 ~ オンライン、オフラインを横断する買い物客に訴求するオムニチャネル戦略 ~ ニールセン スポーツ スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPO

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ