調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コンクリート

「コンクリート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月5日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界における3Dデータ活用の実態調査

PR 日本の建設業界で生産性向上やクライアントへの提案力の強化手段として、3Dデータの活用が進みつつある。設計領域では3D CADを活用した3Dモデリングや各種の解析、施工領域では3Dデータによる情報管理や工程管理など、さまざまな場面おいて3Dデータを活用する場が広がってきた。さらに近年は、対象物の3Dモデルと設計情報データベースを組み合わせ、コンピュータ上で仮想の建設作業を行う「BIM(Building Information Modeling)」や「CIM(Construction Info

2015年11月4日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「くい打ち業者」動向調査

公開日付:2015.10.30 旭化成建材(株)(TSR企業コード:291364748、千代田区)の「くい打ち」データの偽装を受け、国土交通省は旭化成建材以外の業者にも調査の対象を広げる検討に入った。今回、東京商工リサーチは、保有する日本最大級の企業データベースを活用し、「くい打ち業者」の動向を調査、分析した。全国に「くい打ち業者」は454社あることが確認された。従業員10名未満が5割を上回り、資本金1,000万円未満が3割を占めた。また、前年と業績が比較可能な313社では、最新期の売上高5億円

2014年7月2日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

平成26年度 主要建設資材需要見通し

平成26年7月1日 平成25年度の主要建設資材の需要量実績は、同年度の建設投資見込み(実質値)が前年度比7.7%の増加で、うち建築部門は10.1%の増加、土木部門は5.0%の増加となったため、セメント、生コンクリート、骨材、木材、普通鋼鋼材が増加、アスファルトが減少となった。平成26年度の主要建設資材の需要見通しは、同年度の建設投資見通し(実質値)が前年度比-0.8%の減少で、うち建築部門は0.8%の増加、土木部門は-2.7%の減少と見通されていることから、全ての資材において減少と見通される。<

2014年4月28日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果<建設資材モニター調査:平成26年4月1~5日現在>

主要建設資材需給・価格動向調査結果<建設資材モニター調査:平成26年4月1~5日現在> 平成26年4月25日○ 本調査結果は、平成26年4月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】生コンクリート、骨材(砂、砂利、砕石)、アスファルト合材(新材、再生材)、木材(型枠用合板)、石油は、“やや上昇”。その他の資材は、“横ばい”。【需給動向】全ての資材が、“均衡”。

2014年3月28日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

廃棄物等の発生や再資源化についての調査です。

平成24年度建設副産物実態調査

平成24年度建設副産物実態調査結果について ~前回調査より建設廃棄物の再資源化率は2.3ポイント増、建設発生土利用率は9.7ポイント増~ 平成26年3月27日平成24年度に全国の建設工事から排出された建設副産物注1)について、再資源化及び排出量等の調査結果をとりまとめましたので公表いたします。 ・全国の建設工事や再資源化施設等を対象に、建設副産物の発生量、再資源化状況及び最終処分量等の動向に関する実態を把握するための統計調査です。・調査結果は建設リサイクルに関する諸施策の策定及びその効果の進

2013年3月27日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成25年3月1~5日現在)

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成25年3月1~5日現在) 平成25年3月26日○ 本調査結果は、平成25年3月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】異形棒鋼、H形鋼、石油は、“やや上昇”。アスファルト合材(新材)、木材(型枠用合板)は、“やや上昇”と“横ばい”の境界上。その他の資材は、“横ばい”。【需給動向】全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】全て

2013年2月27日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成25年2月1~5日現在)

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成25年2月1~5日現在) 平成25年2月26日○ 本調査結果は、平成25年2月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】異形棒鋼、H形鋼、石油は、“やや上昇”。その他の資材は、“横ばい”。【需給動向】全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】全ての資材が、“普通”。○ 被災3県(岩手県・宮城県・福島県)における建設資材の動向【

2013年1月28日国土交通省フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成25年1月1~5日現在)

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成25年1月1~5日現在) 平成25年1月25日○ 本調査結果は、平成25年1月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】石油は、“やや上昇”と“横ばい”の境界上。その他の資材は、“横ばい”。【需給動向】全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】全ての資材が、“普通”。○ 被災3県(岩手県・宮城県・福島県)における建設資材の動向

2012年12月26日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成24年12月1~5日現在)

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成24年12月1~5日現在) 平成24年12月25日○ 本調査結果は、平成24年12月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】全ての資材が、“横ばい”。【需給動向】全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】全ての資材が、“普通”。○ 被災3県(岩手県・宮城県・福島県)における建設資材の動向【価格動向】骨材(砂利)は、“やや上昇

2012年11月27日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成24年11月1~5日現在)

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成24年11月1~5日現在) 平成24年11月26日○ 本調査結果は、平成24年11月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】全ての資材が、“横ばい”。【需給動向】全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】全ての資材が、“普通”。○ 被災3県(岩手県・宮城県・福島県)における建設資材の動向【価格動向】生コンクリート、骨材(砂利

2012年10月26日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成24年10月1~5日現在)

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成24年10月1~5日現在) 平成24年10月25日○ 本調査結果は、平成24年10月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】全ての資材が、“横ばい”。【需給動向】全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】全ての資材が、“普通”。○ 被災3県(岩手県・宮城県・福島県)における建設資材の動向【価格動向】生コンクリート、骨材(砂利

2012年8月28日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成24年8月1~5日現在)

主要建設資材需給・価格動向調査結果(平成24年8月1~5日現在) 平成24年8月27日○ 本調査結果は、平成24年8月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】全ての資材が、“横ばい”。【需給動向】全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】全ての資材が、“普通”。○ 被災3県(岩手県・宮城県・福島県)における建設資材の動向【価格動向】生コンクリート、骨材(砂、砂利)

2012年6月29日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

平成24年度主要建設資材需要見通し

平成24年6月28日 平成23年度の主要建設資材の需要量実績は、同年度の建設投資見込み(実質値)が前年度比2.0%の増加で、うち建築部門は3.8%の増加、土木部門は0.2%の減少となったため、セメント、生コンクリート及び普通鋼鋼材が増加、骨材、木材及びアスファルトが減少となった。平成24年度の主要建設資材の需要見通しは、同年度の建設投資見通し(実質値)が前年度比7.9%の増加で、うち建築部門は5.9%の増加、土木部門は10.5%の増加と見通されていることから、全ての資材において増加と見通される。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ