調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コンセンサス

「コンセンサス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年4月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月機械受注弱気のコンセンサスを大幅に上回る良好な結果 2015年6月10日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年4月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+3.8%となり、市場コンセンサス(同▲2.1%)を上回った。前月に内閣府より公表された見通しでは4-6月期に大幅な減少が見込まれていたことから、機械受注の減少

2015年4月13日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年2月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月機械受注前月比減少も市場コンセンサスを上回る 2015年4月13日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年2月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲0.4%となったものの、市場コンセンサス(同▲2.2%)を上回った。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比+0.9%と2ヶ月ぶりに増加した。企業収益の改善を背景に

2015年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月日銀短観

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月日銀短観企業の業況感は非製造業で改善、先行きは慎重 2015年4月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆日銀短観(2015年3月調査)は、総じてみると、これまで足踏み状態にあった企業の業況感が改善に転じていることを確認させる内容であった。この背景として、2014年4月の消費税引き上げ後に低迷していた個人消費が緩やかな増加基調に転じたことなどが挙げられる。先行きについて

2015年2月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今年最大のリスクは米国の思いがけない鈍化

リサーチ TODAY2015 年 2 月 12 日今年最大のリスクは米国の思いがけない鈍化常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表はみずほ総合研究所が独自に作成・公表しているCSI(Cumulative Surprise Index)で、これによれば、世界経済のけん引役の役割を担うはずの米国経済に変調がみられる。2015年になって発表された米国の経済指標は相次いで期待外れの結果に終わっていた。2014年は過去2年と比べ、エコノミストの見通しと実績の乖離が小さくなりネガティブ・サプライ

2014年12月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年11月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月鉱工業生産コンセンサス比下振れも、生産計画は強気 2014年12月26日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年11月の生産指数は、前月比▲0.6%と3ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.8%)を下回った。市場コンセンサスや前月の製造工業生産予測調査の結果に反して低下となったことはネガティブだが、減少幅は小幅であり、均してみれば生産は持ち直し基調と

2014年12月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月日銀短観

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月日銀短観企業の業況感は足踏み状態、先行きも慎重な見方 2014年12月15日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆日銀短観(2014年12月調査)は、景気回復の遅れを反映して、企業の業況感が足踏み状態にあることを再確認させる内容であった。先行きについては、大企業と中小企業のいずれも悪化を見込んでおり、企業は今後の経営環境について慎重にみているようだ。◆大企業製造業の「業

2014年7月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

みずほ独自指標CSIからは期待外れも、経済実態は改善だ

リサーチ TODAY2014 年 7 月 29 日みずほ独自指標 CSI からは期待外れも、経済実態は改善だ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所が独自に作成し公表しているCSI(Cumulative Surprise Index)によれば、最近の米国経済は市場予想と比べて下振れが目立つようになった。みずほ総合研究所はCSIの下振れをどう評価するかに関するリポートを発表している1。下記の図表が示すように、CSIからは、米国経済指標が今年3月以降、市場参加者の期待を上回るパフォ

米国経済(週次)予測(2014年1月10日)<市場のコンセンサスを大きく下回った12 月の雇用統計、しかし支出サイドのGDP は大幅に改善>

米国経済(週次)予測(2014年1月10日)<市場のコンセンサスを大きく下回った12 月の雇用統計、しかし支出サイドのGDP は大幅に改善>2014-01-14 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年9月4日SMBC日興証券フィードバック数:0社会/政治

2013~2014年度の企業業績見通し

2013 年 9 月 3 日SMBC日興証券株式会社SMBC日興証券、「2013~2014 年度の企業業績見通し」を発表SMBC日興証券株式会社は、本日、2013~2014 年度の企業業績見通しを発表いたしましたのでお知らせいたします。添付資料 2013~2014 年度の企業業績見通し(2013 年 9 月)以 上2013 年 9 月 3 日株式調査部Report /日本 /ストラテジー2013~2014 年度の企業業績見通し(2013 年 9 月)<日本株ストラテジーレポート>内外需とも業績

2013年7月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年6月日銀短観

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月日銀短観業況判断は大幅な改善、総じてポジティブ ◆2013年6月の日銀短観では、業況判断DIは大幅な改善を示した。内訳を見ても広い業種で業況が改善しており、景気改善の動きを確認する内容であった。前回調査では改善が見られなかった中小企業製造業の業況が改善し、設備投資計画も上振れするなど、総じてポジティブな内容であった。◆大企業・製造業の「業況判断DI(最近)」は+4%ptと前回(▲8%pt)から大幅

米国経済(週次)予測(2013年3月15日)

No. 39CQM(超短期経済予測モデル)熊坂侑三(APIR リサーチリーダー,ITエコノミーCEO)内容に関するお問い合わせは下記までe-mail:kumasaka@iteconomy.com米国経済(週次)予測(2013 年 3 月 15 日)ポイントCQM 予測の動態:実質 GDP 成長率2013Q1 (%,前期比年率換算)平均(GDP)4.0支出サイド所得サイド3.02.962.472.01.981.0BottomedOut ?0.010/2911/211/911/1511/2311/3

2013年3月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

戦略調整が求められるユーロ圏危機対策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 戦略調整が求められるユーロ圏危機対策~財政危機国の景気配慮へ~『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載 2013年3月1日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 児玉 卓ユーロ圏危機をめぐる2012年の最大の成果は、ユーロ圏が統合深化に向かっていること、それには時間がかかること、スローペースの統合作業が統合不可能を意味するわけではないこと、などに関わる民意レベルでのコンセンサスが

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ