調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コンテンツビジネス

「コンテンツビジネス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年9月26日ニュースイッチ★フィードバック数:0エンタテインメント

統計からみるアニメ会社の実像と課題

統計からみるアニメ会社の実像と課題制作本数は増加も単価は下落夏は世界中で、日本のアニメに関連する大きなイベントが目白押し。7月には、ロサンゼルスでアニメエキスポ2017が、パリでジャパンエキスポが開催された。8月には、ワシントンでオタコン2017が開催されたばかりだ。そこで、今回は、情報通信業基本調査(注)から、日本の代表的なコンテンツビジネスであるアニメ産業を支えるアニメ制作会社の実像に迫るデータを整理し、単価が低下する中での多作化の傾向や、事業展開として二次市場収益獲得志向があるものの、実現

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」~「コンテンツファン消費行動調査 2017」より~

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」~「コンテンツファン消費行動調査 2017」より~ 博報堂DYメディアパートナーズ博報堂2017年7月5日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:矢嶋弘毅)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:水島正幸)との共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」(※1)は、毎年実施している全国調査「コンテンツファン消費行動調査」(※2)の2017年版を実施し、そのデータをもとに最新の全11カテゴリ・計832のコンテンツ

コンテンツファン消費行動調査 2016

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」 リアルタイム、リアルプレイスでの体験設計を重視したコンテンツに注目 〜「コンテンツファン消費行動調査 2016」より〜 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂2016年9月12日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:戸田裕一)との共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」(※1)は、毎年実施している全国調査「コンテンツファン消費行動調査」(※

ウィジェットの最新市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングウィジェットの最新市場動向がまとまりました モバイル向けウィジェットが大きなビジネスになろうとしている2008年の国内市場は、ウィジェット作成市場が50〜100億円コンテンツダウンロード市場が約13,000コンテンツ、126億円2013年のコンテンツダウンロード市場は514億円と予測市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、ウィジェット(*)の市場動向を調査し、この

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ