調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コンビニエンスストア

「コンビニエンスストア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2017年4月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年4月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.41% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年05月12日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・女性で0.51%、最も小さいのは60~79歳・男性で0.13%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2017年3月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年3月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.45% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年04月07日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.62%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.22%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2017年2月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年2月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.58% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年03月10日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.71%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.31%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用し

2017年3月4日マーシュフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニエンスストアの利用意識に関するアンケート調査

コンビニエンスストアの利用意識に関するアンケート調査総括 出勤時のコンビニ利用「ほぼ毎日」が約16% 日常生活において、見ない日はないほど身近で当たり前の存在となった「コンビニエンスストア」。都心部では、少し歩けば「コンビニエンスストア」(以下コンビニと表記)がある。24時間365日、いつでも利用できる便利さが支持されている反面、利用者はコンビニの利用に満足しているのだろうか。どのような気持ちで利用しているのだろうか。今回は、有職者に限定し、通勤時や昼休憩時の「コンビニの利用時の意識」や「利用状

2017年1月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年1月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.53% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年02月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.69%、最も小さいのは20~39歳・女性で0.35%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用し

2016年12月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年12月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.77% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年01月13日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.84%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.49%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2016年11月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年11月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.58% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年12月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.74%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.25%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2016年11月29日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニドーナツに関するアンケート調査(第2回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 コンビニドーナツ 】に関するアンケート調査(第2回)コンビニドーナツの購入者は45%、直近1年間に購入していない人が2015年より増加。利用意向者は3割で女性や若年層で高い マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2回目となる『コンビニドーナツ』に関するインターネット調査を2016年10月1日〜5日に実施し、11,148件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■コンビ

2016年10月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年10月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.60% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年11月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.78%、最も小さいのは20~39歳・女性で0.40%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2016年9月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年9月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.86% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年10月07日 ~全ての年代において前年同月比の物価指数がプラスに~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用した新たな物価指数「T-POINT Price In

2016年8月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年8月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.49% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年09月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.75%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.12%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用し

2016年6月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニスイーツ(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニスイーツ購入者は全体の6割弱、男性5割弱、女性7割弱。週1回以上購入者は全体の約9%、「月に1回未満」がボリュームゾーン。購入する種類は「シュークリーム、エクレア」「ロールケーキ」「プリン、パンナコッタ」「チーズケーキ」「ヨーグルト」「和菓子」などが上位 コンビニスイーツを購入するシーンで最も多いのは「甘いものが食べたいとき」の他、「食後のデザートとして」「店頭でおいしそうな商品を見かけたとき」「小腹が空いたとき」などが上位。過去調

2016年4月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニでの生鮮食品の購入(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニでの生鮮食品購入者はコンビニ利用者の3割強。女性高年代層での比率が高い。週1回以上購入者は全体の約25%。購入意向ありは全体の2割弱。意向なしは5割強で高年代層ほど比率が高い 購入する生鮮食品は「牛乳」が最も多く、「カット野菜」「「野菜類(カット野菜以外)」「卵」「くだもの」などが続く コンビニエンスストアで生鮮食品を購入する場面は「スーパーなどで買い忘れた」が最も多く、「近くの店舗で買いたい」「コンビニで他のものを購入するついでに

2016年3月10日NPD Groupフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニいれたてコーヒー 集客の強力なフックとして機能

コンビニいれたてコーヒー 集客の強力なフックとして機能【東京、2016年3月8日】コンビニエンスストアにおける購買動態データを調査分析できる情報サービス『CVS購買実態トラッキング調査』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:トーマス・リンチ)は、この度、CVS購買実態について調査・分析しました。日本フランチャイズチェーン協会が発表した2016年1月のコンビニエンスストア売上高(既存店ベース)は10カ月連続で前年を上回り、来店客数、客単価ともにプラスと、コ

2016年3月9日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニエンスストアの利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストア週1回以上利用者は6割弱。よく利用するコンビニエンスストアは、全体では「セブンイレブン」が1位、「ファミリーマート」「ローソン」が続く(地域により傾向が異なる)。主利用者の「満足」の比率が高いのは、セイコーマート、セブンイレブン、ミニストップなど コンビニエンスストア利用時の重視点は「アクセスのよさ」「品揃えが豊富」「弁当・パン・惣菜類の充実度」が上位3位で、「ポイントやキャンペーンなどのお得なサービス」「お菓子、デザー

2016年2月8日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニコーヒー(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストア利用者のうち、コンビニコーヒー直近1年以内購入者は6割弱、週1回以上購入者は2割強。直近1年以内コンビニコーヒー購入者のうち「セブンイレブン」での購入者が7割強、「ファミリーマート」「ローソン」が各4割 コンビニコーヒー購入理由は「価格が安い」「値段の割においしい」「缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー等よりおいしい」が上位。「味が本格的」「できたてが飲める」などが続く 購入時の重視点は「味」「価格」「香り」が上位3位で

訪日中国人観光客のクレジットカード利用実態調査

メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 「爆買い」を支えるクレジットカードUnionPay International(銀聯国際)が調査を実施 訪日中国人の約9割が利用、約半数は現金よりカードメイン スーパーやコンビニでもカード利用 UnionPay International(銀聯国際)では訪日中国人客の日本でのクレジットカード 利用実態について、「訪日中国人観光客のクレジットカード利用実態調査」を実施いたしました。訪日中国人観光客300名を対象としたこの調査では、約9割の訪日中

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニのイメージ(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ『信頼性・安心感』『商品開発力や企画力』があると思うコンビニは、全体では「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」がトップ3。四国では『信頼性・安心感』の1位は「ローソン」。『商品開発力や企画力』はいずれの地域も「セブンイレブン」が1位 『革新的・先進的である』『顧客サービスが充実している』と思うコンビニは、全体では「セブンイレブン」が1位、「ローソン」「ファミリーマート」の順で続く。「いずれもない」が3割強みられる。『革新的・先進

2015年10月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニドーナツ

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストア利用者のうち、コンビニドーナツ購入者は4割弱。週1回以上は約7%、月に1回以下が2割強 コンビニドーナツ購入場面は「甘いものが食べたい」「小腹が空いた」が上位2位、「店頭でおいしそうな商品を見かけた」「他のものを買うついで」「コンビニコーヒーを買うとき」「食後のデザートとして」が続く 購入理由は「価格が安い」「1個でも買いやすい」「気軽に買える」「値段の割においしい」などが上位。購入時の重視点は「味」「価格」に続き「食感

2015年9月10日野村総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

ポイント・マイレージの年間発行額は2020年度に1兆円突破へ

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 CSRの取り組みTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2015年7月27日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

食品宅配サービス市場に関する調査結果 2015

2015年07月27日 食品宅配サービス市場に関する調査結果 2015 ~コンビニ宅配やネットスーパー宅配、在宅配食は今後も成長~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内食品宅配サービス市場の調査を実施した。1. 調査期間:2015年4月~6月2. 調査対象:配食サービス・惣菜(食材)宅配サービス企業、ファストフード・外食チェーン店運営企業、コンビニエンスストア、生協、量販店、乳業メーカー、食品宅配支援サービス企業、その他関連企業・団体等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面接取材

2015年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ポイントサービス(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへポイントサービスを利用・する店舗・施設の上位は「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「家電量販店」「クレジットカード」など。過去調査と比べ「コンビニエンスストア」は増加傾向、「家電量販店」は減少傾向 ポイントサービス利用者のうち、ポイントを交換・使用したことがあるのは「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「クレジットカード」「オンラインショップ(楽天、amazonなど)」「家電量販店」など

2016年4月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年4月度のTポイント物価指数は、前年同月比で-0.08% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年05月10日 ~最も上昇したのは60~79歳・男性で0.40%、最も低いのは20~39歳・女性で-0.55%~  データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社(以下「CCCマーケティング」)と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」)は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プ

2015年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニサービス(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニサービスの認知率上位は「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」「ATM」「ゆうパック・宅配便の取り扱い」「切手・はがき・印紙」「コピー・ファックスサービス」など。過去調査と比べ「行政関連サービス」などは増加、「コピー・ファックス」「映画・コンサート、スポーツなどのチケット購入」「予約商品」などは減少 コンビニサービスの直近1年間の利用経験の上位は「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」「ATM」「切手・はがき・印紙」がコンビニ利

2015年4月14日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

管内大型小売店販売概況[平成27年2月速報]

管内百貨店・スーパー販売概況最終更新日:平成29年5月12日管内百貨店・スーパー販売概況の概要中部経済産業局管内(富山、石川、岐阜、愛知および三重の5県)において調査対象となる百貨店およびスーパーなど(※)の販売活動などの動向を把握するために、経済産業省「商業動態統計調査」の管内分を集計したものです。 (※)対象となる百貨店およびスーパーなどとは、次に該当する事業所です。なお、百貨店、スーパーについては、従業員50人以上の小売事業所であることが前提です。百貨店:日本標準産業分類の百貨店、総合スー

2015年3月28日経済産業省★★フィードバック数:0ライフスタイル

コンビニの社会性です。

コンビニエンスストアの経済・社会的役割に関する調査

コンビニエンスストアの経済・社会的役割に関する調査をまとめました 経済産業省では、昨年9月から「コンビニエンスストアの経済・社会的役割に関する研究会」(座長 青山学院大学 経済学部 三村優美子教授)を開催しており、このたび同研究会において、報告書がとりまとめられました。報告書では、社会的インフラとなっているコンビニエンスストアが、我が国の抱える諸課題に対応しながら持続的に発展していくために、コンビニエンスストア各社、業界、政府をはじめとする関係者が取り組むべき事項を整理しています。 1.背景

ジャパンネット銀行の調査です。

コンビニエンスストアの利用と支払いに関する調査

コンビニエンスストアの利用と支払いに関する調査を実施2015年3月12日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2015年2月10日(火曜日)〜2015年2月11日(水曜日)、コンビニエンスストアの利用と支払いに関するアンケート調査を実施しました。本アンケートでは、全国の20歳から69歳の男女500名の方にご協力いただきました。調査結果トピックス利用目的は「買い物」、「ATMで入出金」、「カウンターコーヒ

2015年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム クーポンの利用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間のクーポン利用者は6割強で、女性の方が多い。直近1年間に利用したクーポンは「ファストフード」がトップ、「ファミリーレストラン」「スーパー」「ドラッグストア」「コンビニエンスストア」「居酒屋」などが続く 直近1年間利用者のクーポン入手先は「商品購入・サービス利用時にもらった」「新聞の折り込みチラシ」「レシートに印刷してあった」「メルマガ会員向けクーポン」の順で多い 直近1年間に利用したクーポンのタイプは「紙に印刷されたもの」がクーポ

2015年1月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニコーヒー(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストア利用者のうち、コンビニコーヒー購入経験者は6割強、直近1年以内購入者は6割弱で、いずれも2014年より増加。週1回以上購入者は2割強。直近1年以内コンビニコーヒー購入者のうち「セブンイレブン」での購入者が7割、「ファミリーマート」「ローソン」が各4〜5割。「ファミリーマート」が2014年より大きく増加 購入時間帯は「平日・午前中(8〜11時台)」「平日・午後(13〜15時台)」「休日・午後(13〜15時台)」が多い コン

2014年11月30日経済産業省★フィードバック数:0ライフスタイル

コンビニについてのレポートです。

コンビニエンスストアの経済・社会的役割研究会(第2回)‐配布資料

コンビニエンスストアの経済・社会的役割研究会(第2回)‐配布資料 商務流通保安グループ 流通政策課電話:03-3501-1708FAX:03-3501-6204 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2014年8月4日JETRO★フィードバック数:0ライフスタイル海外

マレーシアのコンビニ事情です。

マレーシアにおけるコンビニエンスストア調査

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 マレーシアにおけるコ

2014年8月1日財務省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年度 たばこ小売販売業経営実態調査結果

平成25年度 調査の結果用語の解説事業主(経営者)から雇用され、店舗に従事する従業員の数(事業主の家族を除く)。 総従業者のうち主にたばこの仕入れ・販売等に携わる従業員の数。 結果の概要(1)回収状況全国のたばこ小売販売業者の中から、標本理論に基づく無作為抽出により、合計7,100店を調査対象とし、3,655店から回答を得た(回収率51.5%)。 (2)たばこの年間売上高<図1>たばこの年間売上高は、500万円未満の店舗の割合が53.2%、500〜1,000万円未満の店舗の割合が14.6%、1

2014年6月13日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

惣菜(中食)市場に関する調査結果 2014

2014年06月12日 惣菜(中食)市場に関する調査結果 2014 ~惣菜の品質向上や新たな商材の投入など、コンビニエンスストアが好調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の惣菜(中食)市場の調査を実施した。1.調査期間:2013年11月~2014年5月2.調査対象:惣菜(中食)参入企業、その他関連企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、文献調査併用<惣菜(中食)市場とは>本調査における惣菜(中食)とは、店内では食べずに家庭や職場などに

2014年6月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニスイーツ(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニスイーツ購入者は全体の6割強、男性5割弱、女性7割強。購入頻度は過去調査に比べ減少傾向。購入する種類は「シュークリーム、エクレア」「ロールケーキ」「プリン、パンナコッタ」「チーズケーキ」「ヨーグルト」「和菓子」などが上位 コンビニスイーツを購入するシーンで最も多いのは「甘いものが食べたいとき」。以下「食後のデザートとして」「店頭でおいしそうな商品を見かけたとき」「小腹が空いたとき」「コンビニに立ち寄ったついでに」など、ついで買い、衝

2014年5月30日大日本印刷フィードバック数:0マーケティング

メディアバリューレポートVol.64「主婦の購買行動の変化」

◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆ 主婦の購買行動の変化を捉えた「メディアバリューレポートVol.64」発行臨機応変に買い物をする「コンビニ活用主婦」が増加【メディアバリューレポートVol.64「主婦の購買行動の変化」】メディアバリューレポートVol.64「主婦の購買行動の変化」 大日本印刷(DNP)は、流通各社の激しい競争のなかで、生鮮食品やチルド惣菜など、「食」の充実によって競争力を高めているコンビニエンスストアに注目。DNPの調査では、コンビニエンスストアの利用率は幅広い生活者層で9割を超

2014年3月31日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニでの日用品の購入

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストアで日用品を買う人はコンビニ利用者の5割弱。上位は「はがき、切手類」「タバコ、ライターなど」「事務用品、文具」「乾電池、電球、充電器など」など。購入頻度は「月に1回未満」が、購入者の半数弱。週1回以上購入者は全体の2割強 コンビニエンスストアでの日用品購入場面は「急に必要になった」が最も多く、「近くの店舗で買いたい」「他の店舗などで買い忘れた」「他の店舗が開いていない時間帯」「コンビニエンスストアで他のものを購入するついで

市場データです。

コンビニエンスストアの動向について

コンビニエンスストアの動向について

2014年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニエンスストアの利用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストア週1回以上利用者は6割弱。よく利用するコンビニエンスストアは、全体では「セブンイレブン」が1位、「ローソン」「ファミリーマート」が続く(地域により異なる)。最頻利用者の「満足」の比率が高いのは、セイコーマート、セブンイレブン、ミニストップなど コンビニエンスストア利用時の重視点は「アクセスのよさ」に続き、「品揃えが豊富」「弁当・パン・総菜など食品類の品揃え」などが上位に。セイコーマート主利用者では「価格」、ローソン主利用

2014年1月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニコーヒー

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストア利用者のうち、コンビニコーヒー購入経験者は5割弱、直近1年以内購入者は4割強。週1回以上購入者は2割弱。直近1年以内コンビニコーヒー購入者のうち「セブンイレブン」での購入者が最も多く、「ローソン」「ファミリーマート」が続く。東北、北陸、四国では「ローソン」、四国、九州では「ファミリーマート」、東北、北陸、中部では「サークルKサンクス」が多い コンビニコーヒー購入理由は「価格が安い」「値段の割においしい」「缶コーヒーやペッ

2013年12月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ポテトチップス(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ市販のポテトチップス購入者は9割弱。最も好きなポテトチップスメーカーは1位「カルビー」2位「湖池屋」 ポテトチップス購入者がよく買う場所は「スーパー」がトップ、「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」が続く。「同じメーカーの同じ味のものを買うことが多い」が、ポテトチップス購入者の4割強 ポテトチップス購入時の重視点は「味」「価格」の他、「容量、サイズ」「メーカー」「食感」「ポテトチップスの形状、大きさ」などが続く ポテトチップスを食べる場

2013年12月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニのイメージ(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ『商品開発力や企画力』『信頼性・安心感』があると思うコンビニは、全体では「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」がトップ3。四国では「ローソン」が1位 『革新的・先進的である』『顧客サービスが充実している』と思うコンビニは、全体では「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」の順で、過去調査に比べ「セブンイレブン」が増加傾向。「特にない」が3割強みられる 『独自性がある』は「セブンイレブン」「ローソン」「ミニストップ」がトッ

2013年11月11日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

VOL.61 お菓子に関する調査(2012/8)

お菓子に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.61 お菓子に関する調査調査日時:2012年8月16日(木)~8月20日(月) 最近は色々な種類のお菓子が増えてきていて、限定もののお菓子や、低カロリーを売り出した商品などたくさんあります。 私たちに身近なコンビニエンスストアにも、たくさんの種類のお菓子が置いてあり、迷ってしまいますよね。 そこで今回は、お菓子をテーマに10~60代のバルクメンバーに聞いてみました。※本調査レポートの引用・転載ご希望の方はこちらを

2013年11月11日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

VOL.73 お菓子に関する調査(2013)(2013/7)

お菓子に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.73 お菓子に関する調査(2013)調査日時:2013年7月11日(木)~7月18日(木) 皆さん、口さびしい時や小腹がすいた時、何を食べますか? ふと空いた時間に口にしているのは、お菓子ではないですか? いろんな場所で買うことができ、たくさんの種類があるお菓子。 そんなたくさん種類があるお菓子を、どのように選んで食べていますか? 今回は10代~60代のバルクルーメンバーに、お菓子について聞いてみました。※本調査

2013年10月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 弁当

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへお弁当を食べる人は全体の8割強。利用頻度は「週に4〜5日」「月に1日未満」が各2割弱。お弁当を食べる人のうち「コンビニエンスストアで購入」したものを食べる人が半数弱で最も多く、「スーパー」「弁当店・惣菜店など専門店」などが続く。自分で作る弁当を食べる人は3割弱、購入したお弁当を食べる 人は6割強 お弁当を購入する場面は「食事の準備をする時間がない」「短時間で食事を済ませたい」「すぐに食べたい」などが上位。以下「食事の準備や後片付けが面倒」「

2013年9月18日ライフメディア★フィードバック数:0ライフスタイル

コーヒーの飲用についての調査です。

コーヒーに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイトコーヒーに関する調査。コンビニコーヒーの飲用経験者の86%が「今後も飲みたい」。 コーヒーに関する調査。コンビニコーヒーの飲用経験者の86%が「今後も飲みたい」。2013年9月18日■テーマ:コーヒーに関する調査■有効回答:1500件■調査期間:2013年9月5日から9月11日■対象者:20歳以上の全国男女■キーワード:コーヒー,コンビニエンスストア,コーヒーショップ一日の始まりや休憩時間、食後にと様々なシーンで飲まれるコーヒー。最近ではコンビニエンススト

2013年9月3日Yahoo!フィードバック数:0ライフスタイル

買い方がわかりにくい? あのコンビニエンスストアの本格コーヒー

買い方がわかりにくい? あのコンビニエンスストアの本格コーヒーコーヒーが好きな日本人。調査結果によると16歳以上の64%が毎日コーヒーを飲んでいるそうです セブン-イレブンが販売しているセルフ式ドリップコーヒー「SEVEN CAFE(セブンカフェ)」。今年の7月中旬に販売数が1億杯を突破し、ヒット商品となっています。 ◆検索数は他社を圧倒検索数推移をみると、「セブンカフェ」の全国展開が始まった今年1月下旬から検索数は急上昇。コンビニエンスストア各社がコーヒーの店頭販売を始めるなか、セブン-イレブ

2013年7月24日ライフメディア★フィードバック数:0ライフスタイル

コンビニについての調査です。

コンビニエンスストアの利用に関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイトコンビニエンスストアの利用に関する調査。71%がコンビニのポイントカードを持っている。 コンビニエンスストアの利用に関する調査。71%がコンビニのポイントカードを持っている。2013年7月24日■テーマ:コンビニエンスストアの利用に関する調査■有効回答:1200件■調査期間:2013年7月12日から7月18日■対象者:10代から60代の全国男女■キーワード:コンビニエンスストア,コンビニ,CVS飲み物やお弁当を買ったり、お金を下ろしたり、コピーをしたり、色

2013年6月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニでの飲料の購入

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストア利用者のうち、飲料購入者は9割弱。「月に1回未満」がボリュームゾーン。週1回以上購入者は4割弱 コンビニエンスストアでの飲料購入者が購入する飲み物は「お茶系飲料」「コーヒー系飲料」が上位2位、「炭酸飲料」「紅茶系飲料」「水、ミネラルウォーター」「果汁飲料・ジュース」「スポーツ飲料」などが続く コンビニエンスストアでの飲料購入者の最頻購入飲料の容器・容量は「ペットボトル:500ml前後」が最も多い。お茶系飲料、炭酸飲料、水

2013年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム おまけ付き商品の購入

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間のおまけ付き商品購入者は5割弱。購入商品は「ペットボトル飲料」がトップ、「お菓子、デザート、アイスなど」「アルコール類」「缶入り飲料(アルコール以外)」などが続く。「缶入り飲料(アルコール以外)」は男性が女性を約23ポイントと大きく上回る。飲料では「お茶系飲料」「コーヒー」が上位2位、「炭酸飲料」「ビール系飲料」「紅茶」などが続く 購入したきっかけは「買おうと思った商品がたまたまおまけ付きだった」「おまけがついている方がついていな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ