調査のチカラ TOP > タグ一覧 > サイバー攻撃

「サイバー攻撃」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月20日マカフィー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報漏洩や混乱を目的としたサイバー攻撃が、防御側に与える時間的影響が明らかに

情報漏洩や混乱を目的としたサイバー攻撃が、防御側に与える時間的影響が明らかに ~対応時間を半分に短縮するとビジネスへの影響は約7割軽減~Verizon(ベライゾン)から提供されたデータをもとにしたAberdeen Group(アバディーングループ)の新しい分析は、情報漏洩とサービス可用性の長期間の中断という、二つの異なるインシデントタイプの時間的コストを定量化する、新たな証拠を提供します。これらの知見は、サイバーセキュリティ関係者に、検知と封じ込めのための時間の最小にすることが非常に重要であるこ

2017年3月16日CISCOフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

年次サイバーセキュリティレポート(2017年版)

Title: シスコ、年次サイバーセキュリティレポート(2017年版)を発表 Author:Subjects:; Description: 2017年3月10日最高セキュリティ責任者が明らかにするサイバー攻撃の真のコストと 企業が取り組むセキュリティ対策の現状 シスコ、年次サイバーセキュリティレポート(2017年版)を発表 2017年3月10日最高セキュリティ責任者が明らかにするサイバー攻撃の真のコストと 企業が取り組むセキュリティ対策の現状 シスコ、年次サイバーセキュリティレポート

2017年3月8日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃者と組織のセキュリティ担当者が得る報酬の不均衡が判明

インテル セキュリティ調査 サイバー攻撃者と組織のセキュリティ担当者が得る報酬の不均衡が判明 経営陣の過信が攻撃側に好都合な状況をつくりだす結果に ~ インテル セキュリティ、戦略国際問題研究所(CSIS)調査:サイバーセキュリティ戦略を遂行していると考える経営側に対し、同意するIT担当者は回答者のわずか半数 ~2017年3月2日※当資料は、2017年3月1日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。ニュース・ハイライトインテル セキュリティとCSISの最新レポートで、サイバー攻撃者と企業

2017年2月13日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるECサイトのセキュリティ実態調査 2016

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報トレンドマイクロについて 企業におけるECサイトのセキュリティ実態調査 2016~49.1%が、ECサイトへのサイバー攻撃を受けた経験「あり」と回答 攻撃を受けた7割以上が「情報漏洩」などの実害に繋がっている事実が明らかに ~2017年2月1日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、企業・組織におけ

2017年1月24日Radwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃における最大の懸念はデータ損失であることが、ラドウェアの調査により判明

サイバー攻撃における最大の懸念はデータ損失であることが、ラドウェアの調査により判明ラドウェアのグローバルアプリケーション&ネットワークセキュリティレポート2016-2017年によると、サイバー攻撃の最大の動機が身代金目的であり、最も頻発している攻撃形態はマルウェアによるもの、またIoTボットネットに対する懸念も増大している2017.01.17(本リリースは、Radware Ltd. が 2017年1月10日に米国にて発表したプレスリリースの日本語訳です)2017年1月10日 ニュージャージー州、

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

2016年12月26日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 IoTのセキュリティが今年のトップである。モノのインターネットの略であるが、その本質は世界のすべてのものがインターネットにつながるところにある。このIoTがBOTと化して攻撃に利用されることの危惧等にかねてから警鐘が鳴らされてきたところだ。さらに、ランサムウェアや標的型攻撃メールに代表されるサイバー攻撃は今や茶飯事となり、情報流出等の被害はとどまるところを知らない。サイバー空間はいたるところが攻撃対象とされる脅威遍在の

2017年の日本のサイバーセキュリティ予測

2017年日本のサイバーセキュリティ予測2020年の東京五輪に向けて 中小企業のサイバーレジリエンスに 取り組む日本 本投稿は、米本社で連載されている「短期的展望」と「長期的展望」で探る2017年のサイバーセキュリティ予測シリーズの一部です。本記事は英語版でもご確認いただけます。日本では2020年に東京で開催される夏季オリンピックが大きな話題になっており、この機会に新たなビジネスチャンスの創出が期待されています。また一方で、サイバー攻撃による東京五輪大会運営の妨害や、国家安全保障に関わる秘密

2017年サイバー・セキュリティ動向予測

Menu 製品およびサービスに関する お問い合わせ(日本) >> チェック・ポイント、2017年サイバー・セキュリティ動向予測を発表 Check Point Press Releasesチェック・ポイント、2017年サイバー・セキュリティ動向予測を発表標的がモバイル、IoT、重要インフラ、クラウドなどへ深化拡大の傾向2016年11月30日ゲートウェイからエンドポイントまでの包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:ピータ

2016年11月22日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

第3回「2016年のセキュリティ事件に関する意識調査」

第3回「2016年のセキュリティ事件に関する意識調査」を実施 インテル セキュリティ、2016年の10大セキュリティ事件ランキングを発表 ~ ランサムウェアや大規模な情報流出など、個人や企業への攻撃が顕著に デジタル経済を保護するサイバーセキュリティへの取り組みが必要な時代に ~2016年11月10日インテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)は本日、日本国内の経営層や情報システム部門などのビジネスパーソンを対象に「2016年の

2016年11月3日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク

TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク6 月に実施された調査では、スマートシティ・テクノロジに関連するサイバーセキュリティの課題について評価を行いました。調査の回答者には、連邦政府および地方自治体で働く 203名の IT プロフェッショナルが含まれていました。「スマートシティは市民に優れた効率性をもたらします。しかしながら、そのような効率化の実現に用いられるインターネット接続がひとたび悪意を持った者に悪用されると、インフラストラクチャに損害を与えたり、人命すら奪われる可能

2016年8月18日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起

フォーティネットは本日、FortiGuard Labsのサイバー脅威動向に関するグローバルレポートの内容を発表しました。 2016年8月10日フォーティネットジャパン株式会社脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起グローバルなサイバーセキュリティに関する脅威レポートで、高度な脅威テクニックや依然として多く見られるインザワイルド状態のサイバー脅威に関するデータを公表高性能サイバーセキュリティソリューション

2016年7月5日JPCERT/CCフィードバック数:0ビジネス

2015年度 CSIRT構築および運用における実態調査

近年のサイバー攻撃は、個別の組織や業界を標的とした攻撃、一個人の情報や金銭の搾取を目的とした攻撃、政治的な主張や技術力を誇示するための攻撃など、目的や対象、手法が多岐にわたり、事業の根幹を揺るがすような影響を及ぼすものもあります。そのため、組織では、サイバー攻撃への備えが課題となっています。備えの一つとして、発生したセキュリティインシデントに効果的に対処するための組織体制の要となる「Computer Security Incident Response Team(CSIRT)」の構築が注目されて

2016年6月23日エフセキュア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「脅威レポート」: マルウェア、THE DUKES、システムはどのようにして侵害されるか

「脅威レポート」: マルウェア、The Dukes、システムはどのようにして侵害されるかエフセキュアラボの2015年版「脅威レポート」。昨年一年間のセキュリティ脅威のハイライトや、主要なセキュリティ関連事件を紐解くことで、新しいセキュリティ分析ツールとして現代のサイバー脅威がどれほどセキュリティを侵害しているかを理解するための一助としたい。 *リンク先は、英文のみの閲覧となりますF-Secure Labs*は、2015年の「脅威レポート」を公開した。このレポートは、広範囲に渡るサイバーセキュリ

大型連休中のサイバー攻撃に関する調査

[株式会社サイバーセキュリティクラウド] ,Web改ざん WAF 攻撃遮断くん サイバーセキュリティクラウド サーバーセキュリティ DDoS対策 攻撃見えるくん クラウドWAF WAFセキュリティ サイバーセキュリティレポート

2016年5月21日IPA★★フィードバック数:0社会/政治

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」報告書

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」報告書について掲載日 2016年5月10日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月に経済産業省とIPAが共同で策定した、“サイバーセキュリティ経営ガイドライン”が公開されました。このガイドラインでは組織の情報セキュリティ対策の推進には経営層の主体的な関与が必要と指摘しています。IPAでは企業経営者の情報セキュリティに対する関与、組織的な対策状況について把握するため、文献・アンケート・ヒアリングの3段階で調査

ESET 日本版ネット常識力レポート2016

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 NEWSニュース | 最新のニュースをお届けします 2016.5.9 日本のサイバーセキュリティ意識の実態調査の結果2016年1月にESETは、日本におけるセキュリティ意識を把握しようと調査を行いました。日本のインターネットユーザーがサイバーセキュリティに対してどのような受け止め方をしているのか、その知識や理解などの実態を明らかにしようとしました。この記事は、ESETが第三者調査機関に委託した調査の報告書「Japan Cybe

2016年3月19日ITR★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業IT利活用動向調査2016

サイバー攻撃の認知率とリスク重視度が上昇 マイナンバー制度対応は前進するも、多くの企業は道半ば JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2016」の速報結果を発表 2016年3月17日一般財団法人日本情報経済社会推進協会株式会社アイ・ティ・アール 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業672社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査2016」の一

Flipping the Economics of Attacks (攻撃の経済的価値の反転)

サイバー攻撃者視点での調査結果発表2日侵入を防げば攻撃者は思いとどまる 次世代セキュリティ企業であるPalo Alto Networks (NYSE: PANW) は、独立調査機関であるPonemon Instituteが実施したサイバー攻撃者の経済的価値を研究するための調査の結果を公開しました。本調査はPalo Alto Networksが後援したものとなります。「Flipping the Economics of Attacks (攻撃の経済的価値の反転)」と題されたレポート(英語・ダウ

2016年3月2日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Trend Labs 2015年 年間セキュリティラウンドアップ

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報情報と金銭を狙ったサイバー犯罪の矛先が法人に Trend Labs 2015年 年間セキュリティラウンドアップ2015年の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。目次(抜粋)日本セキュリティラウンドアップ気づけない標的型サイバー攻撃、4社に1社は侵入済み、発覚までに5か月以上日本を狙う「正規サイト汚染」、気づけない不正広告が7000サイト以上に影響脆弱性を利用した「自

2016年3月2日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年下半期Tokyo SOCレポート

最新の「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「Tokyo SOCレポート」を発表 コグニティブ、クラウド、コラボレーションを軸に、セキュリティー事業を展開 TOKYO - 29 2 2016:2016年2月29日日本IBMは、「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「2015年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表しました。「2015 IBMセキュリティ

2016年2月18日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃の検知に関し自信過剰なITプロフェッショナル

Tripwire による調査:サイバー攻撃の検知に関し自信過剰な IT プロフェッショナルエンドポイントにおけるサイバー攻撃の検知に必要な7 つの重要なセキュリティコントロールに関する自信度を評価米オレゴン州ポートランド - 2016年2月11日 - エンドポイント検知/対応、セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダであるTripwire, Inc.は本日、Tripwireの依頼により Dimensional Research 社が実施した調査の結果を発表しました

2016年2月10日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > Tripwire による調査:物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答 Tripwire による調査:物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答エネルギー業界のITプロフェッショナルのうち、自社の制御技術を標的とするすべての脅威を正確に追跡できているのは、わずか35%にとどまる米オレゴン州ポートランド - 2016年2

2015年8月31日内閣府★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット上の安全・安心に関する世論調査

インターネット上の安全・安心に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.インターネットの安全・安心について(1) インターネットの利用頻度(2) インターネット利用に対する不安感(3) インターネットを利用した犯罪の増減2.インターネ

2015年6月30日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答 エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答Tripwire、400 名のエネルギー会社役員および IT プロフェッショナルのサイバーセキュリティに対する意見を比較ポートランド州オレゴン、2015 年 6 月 25 日発 -

2015年5月15日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」報告書について掲載日 2016年5月10日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月に経済産業省とIPAが共同で策定した、“サイバーセキュリティ経営ガイドライン”が公開されました。このガイドラインでは組織の情報セキュリティ対策の推進には経営層の主体的な関与が必要と指摘しています。IPAでは企業経営者の情報セキュリティに対する関与、組織的な対策状況について把握するため、文献・アンケート・ヒアリングの3段階で調査

2015年4月8日日経BP★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAの調査結果を読み解いています。

企業が悩むセキュリティ対策の実態

今回は、「パスワード」と「モバイル端末の業務利用」について取り上げる。いずれも、他社の状況が気になる話題だろう。主な業務システムにおいて、一般ユーザーの認証方法にID/パスワードを利用しているかどうかを聞いたところ、98.7%が「利用している」と回答した。  企業を狙うサイバー攻撃が後を絶たない。2014年中、情報処理推進機構(IPA)に報告された標的型攻撃メールは500件を超える。今回は、「2014年度情報セキュリティ事象被害状況調査」が明らかにした、企業を狙ったサイバー攻撃の実態をまとめた

2015年3月30日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズネットの調査です。

IT導入に関するアンケート調査

世間を揺るがし続けるセキュリティ問題、喫緊の課題とされるマイナンバー制度対応、今後増加が予想される業務部門主導のIT導入――。今、企業が直面しているIT課題や必要とされる対策は山積みですが、果たして実態はどうなのでしょうか!?そこで、キーマンズネットでは「IT導入に関するアンケート調査」を実施。企業のIT部門の実態はどうなのか、迫り来る課題をどう捉えているか、2015年の動向を紐解いていきます。またITベンダはどのようなソリューションで対応しようとしているのかも、合わせてお届けします!※調査実施

2015年2月18日ハミングヘッズ★フィードバック数:0マーケティング

ニュースのデータ分析によるコラムです。

500万記事の解析でみえた報道の深層

ITをもっと身近に。新しい形のネットメディア <毎週月・木更新!> 【公式ブログ】HH Newsの記者が取材のこぼれ話などを綴るブログです! 南紀白浜で問う「機能しているのか?サイバー攻撃対策」内部犯行、マイナンバーなどについて講演が行われた「第19回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」を詳細に取材。NISC・谷脇康彦氏(政府の動向)、IPA・小松文子氏(内部不正)、弁護士・岡村久道氏(マイナンバー)の3つの講演を中心にレポート。 読むだけがニュースじゃない!独自の超高速マシンを使った

2015年2月18日Radwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年のDoS/DDoS攻撃「セキュリティレポート」

2014年のDoS/DDoS攻撃「セキュリティレポート」をリリース2015.02.18統合アプリケーションデリバリーソリューションのリーディング・プロバイダーである日本ラドウェア株式会社(東京都目黒区、以下ラドウェア)は、Radware, Ltd.の緊急対策チーム(ERT)が作成した「グローバルアプリケーション&ネットワークセキュリティレポート 2014-2015年」日本語版を公開しました。本レポートでは、サイバー攻撃がその回数、継続期間、複雑さ、攻撃対象などの面で転換点に達していることを指摘し

2015年1月20日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年にサイバー脅威の標的となった企業は、2013年の2倍以上に

[本リリースは、2014年12月9日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(GReAT)※1は、2014年の脅威の状況を特徴づける主な出来事を総括しました。昨年もさまざまなセキュリティインシデントが発生しましたが、特にその規模および企業、政府、公的/私的機関に対する影響の面で、標的型攻撃と悪意のある攻撃が際立っていました。GReATが過去12か月間に発見、報告した7件のAPT攻撃においては、標的となった企業は少なくと

10大ニュースです。

2014セキュリティ十大ニュース

2016年12月26日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 IoTのセキュリティが今年のトップである。モノのインターネットの略であるが、その本質は世界のすべてのものがインターネットにつながるところにある。このIoTがBOTと化して攻撃に利用されることの危惧等にかねてから警鐘が鳴らされてきたところだ。さらに、ランサムウェアや標的型攻撃メールに代表されるサイバー攻撃は今や茶飯事となり、情報流出等の被害はとどまるところを知らない。サイバー空間はいたるところが攻撃対象とされる脅威遍在の

2014年12月24日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

求められるサイバーセキュリティの人材育成

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 求められるサイバーセキュリティの人材育成 ◆サイバー攻撃は、攻撃意図や対象が多様化するとともに手法も複雑化しており、特に経済・生活基盤への攻撃は被害が甚大になることもある。近年では国を越えたサイバー攻撃の例も見られるため、その脅威は世界中で警戒されている。◆日本では2014年11月にサイバーセキュリティ基本法が成立した。国においてサイバーセキュリティを推進する体制が整備・強化されるとともに、国、地方公

2014年11月20日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トレンドマイクロのまとめです。

2014年第3四半期セキュリティラウンドアップ

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報トレンドマイクロについて -日本と海外の脅威動向を分析した「2014年第3四半期セキュリティラウンドアップ」を公開-業種・規模の大小問わず、様々な法人が標的型サイバー攻撃の対象に~国内法人からの解析依頼のうち、遠隔操作型不正プログラムの割合が前年比7倍に~2014年11月20日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレ

2014年11月10日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク要登録

脅威予測―2015年とその後 潜在する脅威の顕在化

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報 ホーム > トレンドマイクロについて > プレスリリース > -トレンドマイクロ、2015年以降の国内外の脅威動向を予測したレポートを公開-金銭を扱うシステムの弱点を狙うサイバー犯罪の深刻化を予測トレンドマイクロについて -トレンドマイクロ、2015年以降の国内外の脅威動向を予測したレポートを公開-金銭を扱うシステムの弱点を狙うサイバー犯罪の深刻化を予測~モバイルバンキングやモバイル決済シス

2014年10月3日アラタナフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「ECサイトにおけるサイバー攻撃の傾向」Vol.2

アラタナECセキュリティ対応チーム 「ECサイトにおけるサイバー攻撃の傾向」Vol.2〜月間約2万回以上ものサイバー攻撃を検知〜株式会社アラタナ(本社:宮崎県宮崎市、代表取締役社長:濵渦伸次 以下アラタナ)のセキュリティ対応チーム「aratana-CSIRT(アラタナシーサート)」では、EC-CUBE制作実績数国内No.1を誇るアラタナのネットショップ構築サービス「カゴラボ」を対象に「ECサイトにおけるサイバー攻撃の傾向」を調査しています。「aratana-CSIRT(アラタナシーサート)」は日

2014年8月19日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トレンドマイクロのレポートです。

2014年第2四半期 日本と海外における脅威動向

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報狙われるインターネットの根幹、問われる企業の信頼 2014年第2四半期 日本と海外における脅威動向2014年第2四半期における国内外の脅威動向についての分析をご紹介します。攻撃者は正規Webサービスを侵害することでより多くのインターネット利用者へ攻撃を続けています。日本では、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)やネット広告などインターネットの正規「Web配信」の仕組みの大元を侵害することで

2014年7月8日野村総合研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ITソリューションフロンティア Vol.31 No.7

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2014年2月28日警察庁★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

年間のまとめです。

平成25年中のサイバー攻撃の情勢及び対策の推進状況について

平成25年中のサイバー攻撃の情勢及び対策の推進状況について

2013年12月12日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年サイバー攻撃の「三大脅威」と、2014年の脅威予測は?

2013年サイバー攻撃の「三大脅威」と、2014年の脅威予測は? 2013年も残りあと約半月に差し掛かりましたが、今年も様々なサイバー攻撃やサイバー犯罪が国内の企業や団体、そして個人のインターネット利用者を襲いました。トレンドマイクロでは、2013年に国内で猛威をふるったサイバー攻撃、サイバー犯罪を 2013年のサイバー攻撃「三大脅威」として選定しました。 ■三大脅威 (1)-止まらない Web改ざん2013年には、様々な企業や団体の Webサイトが改ざんの被害にあい、公になった改ざん事例の

2013年12月3日HPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本でのサイバー犯罪によるコストは50%増、攻撃への対処に要する時間も34%拡大

日本でのサイバー犯罪によるコストは50%増、攻撃への対処に要する時間も34%拡大とHPが発表- セキュリティ・インテリジェンス・ソリューションが影響を軽減し、1組織あたり年間平均8600万円のコスト削減につながることを、今回2回目となる年次調査で明らかに -2013年12月3日日本ヒューレット・パッカード株式会社日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、Ponemon Instituteが実施した日本での調査結果を発表しま

PwCのレポートです。

米国サイバー犯罪調査-2013における主要な発見事項-

米国サイバー犯罪調査‐2013における主要な発見事項‐危機感の欠如PwCが米国において実施した、サイバー犯罪調査2013によると、「サイバー犯罪の脅威が深刻になりつつあるにもかかわらず、組織のリーダー達の危機感は依然として希薄である。」という調査結果が導出されました。リーダー達の多くは、自社のサイバーセキュリティ体制を正確に把握しておらず、サイバー攻撃によってもたらされるさまざまなリスクを過小評価し、逆に知らず知らずのうちに攻撃に対する脆弱性を増大させてしまっていることさえあります。一方、ビジネ

10Minutes‐サイバーセキュリティの厳しい現実‐

10Minutes‐サイバーセキュリティの厳しい現実‐国家や企業を標的にしたサイバー攻撃が世界中で大きな社会問題となっています。これは、もはやITの問題ではなく、組織の存亡に関わる経営課題にほかなりません。特に、インターネットを介した企業間の連携や、事業活動のグローバル化が進んだ現代のビジネス社会では、問題がさらに複雑化しています。ひとたび、顧客情報や製品情報等の機密情報が盗難されたり漏えいしたりすると、組織が受けるダメージは計り知れません。このような中、PwCは、サイバー攻撃から効果的に情報資

2013年8月23日警察庁フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成25年上半期のサイバー攻撃情勢について

平成25年上半期のサイバー攻撃情勢について

2013年8月9日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃後の復旧に要する費用の平均は6,400万円に

本リリースは、2013年 6 月 25 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した2013 Global Corporate IT Security Risks Surveyにより、サイバー攻撃を受けた大企業がその復旧に要したコストの平均額は 64 万 9,000 ドル(およそ 6,400万円)に達することが分かりました。サイバー攻撃は、規模や種類の違いは

2013年3月25日マカフィーフィードバック数:3セキュリティ/ネットワーク

重要インフラへのサイバー脅威とマカフィーの取り組み ― グローバル調査レポート

重要インフラへのサイバー脅威とマカフィーの取り組み ― グローバル調査レポート 日本語版公開 ※本ブログは、マカフィー株式会社サイバー戦略室 兼 グローバルガバメントリレイションズ 佐々木弘志によるものです。2010年に制御システムを標的とした世界初のマルウェアであるStuxnetが発見されたのを契機に、重要インフラに対する脅威が現実のものとなっています。その実態は、マカフィーの年次重要インフラ保護レポート Vol. 2 (※1)で報告されています。このレポートでは、世界14ヶ国の電力、ガス、石

2013年3月2日警察庁★フィードバック数:47セキュリティ/ネットワーク

警察庁によるサイバー攻撃についてのまとめです。

平成24年中のサイバー攻撃情勢について

平成24年中のサイバー攻撃情勢について

2012年1月10日アイティメディア★フィードバック数:12セキュリティ/ネットワーク

TechTargetが標的型攻撃についての調査結果を発表しました。

標的型攻撃対策に関する読者調査リポート

2011年、特定の企業や組織を対象としたサイバー攻撃である「標的型攻撃」が次々と明るみに出た。大企業や防衛産業といった重要情報を握る企業だけでなく、そうした企業に関連する中堅・中小規模の企業や組織も標的になっており、決して他人ごとでは済まされない。関連記事標的型攻撃の“常とう手段”、送信者詐称メールにどう対処すべきか標的型攻撃の被害も防ぐ? 「プレゼンテーション仮想化」の意外な効果

2011年11月17日シマンテックフィードバック数:8セキュリティ/ネットワーク

シマンテック、サイバー攻撃に対する中・小規模企業の意識調査の結果を発表

ニュースルームシマンテックの最新ニュース シマンテック、世界中で2,200万件の WannaCryランサムウェアによる攻撃の試みをブロックサイバーセキュリティのトップ企業の一つであるシマンテック コーポレーション(Nasdaq: SYMC、本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、以下、シマンテック)は、感染を試みた約2,200万件のWannaCryの攻撃を、高度なエクスプロイト防御テクノロジーによって30万カ所のエンドポイントでブロックし、顧客に完全な保護を提供したことを発表しました。Wan

2011年9月29日IPAフィードバック数:17セキュリティ/ネットワーク

東日本大震災に乗じた標的型攻撃メールによるサイバー攻撃の分析・調査報告書

標的型攻撃に関する調査結果最終更新日 2011年12月13日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター ※本報告書の「震災マルウェア」検体について、ファイル形式、CVE番号に誤りがあったため修正しております。 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、脆弱(ぜいじゃく)性を利用した新たなる脅威の実態把握と対策促進のための調査レポートとして「東日本大震災に乗じた標的型攻撃メールによるサイバー攻撃の分析・調査報告書」を9月29日(木)からIPAのウェブサイトで公開

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ