調査のチカラ TOP > タグ一覧 > サブサハラ

「サブサハラ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月29日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

踊り場にさしかかったアフリカ経済

アフリカの経済成長は踊り場アフリカのGDPはこれまで資源価格に左右されてきた。図1にサブサハラ・アフリカ49カ国のGDP合計と、資源価格を代表して石油価格の推移を重ねて示したが、両者は驚くほど似た動きをしている。ここに入れなかった北アフリカもサブサハラ・アフリカも、いまや総輸出の6割以上は石油と天然ガスで占められている。したがって現在の急激な原油価格下落は輸出収入を減少させ、経済成長率を引き下げて、今後はマイナス成長に落ち込む可能性すら否定できない。 北アフリカの場合、この10年間、投資と輸出増

PwCのレポートです。

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐

サブサハラ・アフリカの成長とともに ‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐サハラ砂漠以南の地域「サブサハラ・アフリカ」は「最後のフロンティア」と呼ばれ、世界中が注目する新興市場としてその地位を確立しつつあります。欧米や中国系企業と比較し、現地への投資や進出が消極的との印象がある日本企業ですが、多くの日本企業はその理由として情報不足を挙げています。一方で経済的な自信を深めるサブサハラ諸国は、近年では積極的な経済外交や投資誘致策を展開しており、今後グローバル企業間におけるサブサハラ・アフリカ市場での競争は

南アフリカ経済の現状と今後の展望~ サブサハラ・アフリカ市場攻略拠点として注目される南アフリカ ~

南アフリカ経済の現状と今後の展望~ サブサハラ・アフリカ市場攻略拠点として注目される南アフリカ ~ ○南アフリカが1994年にアパルトヘイト政策を完全撤廃してから今年で20年が経つが、その間、同国の経済は概ね順調に推移してきた。しかし、最近、多くの新興国で経済ファンダメンタルズが悪化する中、南アフリカも例外ではなく、景気は、2012年以降、鈍化を続けている。景気鈍化の主因は、個人消費の減速と鉱山ストライキ激化による生産・輸出の低迷である。○南アフリカの個人消費は、雇用情勢の停滞や家計負債残高の拡

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ