「サマーズ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年9月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

みずほリサーチ 2014年9月号

今月の視点試されるオバマ政権の外交政策─ 乱気流に巻き込まれた戦時からの「出口戦略」─みずほ総合研究所 欧米調査部 部長 安井明彦経済見通し世界経済は先進国を中心に緩やかに回復─ 日本経済は2度の消費増税を乗り越え、景気拡大を維持 ─政策動向税制の重要判断を年末に控える安倍政権─ 注目される消費税率引き上げと法人税改革の行方 ─米国動向サマーズの長期停滞論─ 世界的な貯蓄と投資の不均衡とその影響 ─中国動向調整局面を迎えた中国の不動産市場─ 住宅市場調整による経済への影響と今後の見通し ─今月の

2014年8月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

サブプライムなくして成長なし~長期停滞論と同じ視点に立つ『負債の家』論~

みずほインサイト米 州2014 年 8 月 20 日サブプライムなくして成長なし欧米調査部主席研究員長期停滞論と同じ視点に立つ『負債の家』論03-3591-1219小野亮makoto.ono@mizuho-ri.co.jp○ サマーズ元財務長官は「米国経済はバブルなくして成長はない」という。2人の米経済学者が著した『負債の家』も同じ視点に立ち、サブプライム・ローンが米国の消費の鍵だと指摘する。○ かつての住宅ブームでは信用度の低いサブプライムと呼ばれる人々に住宅ローンが広がり、住宅関連の消費につ

2014年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の「長期停滞論」と「日本化」

リサーチ TODAY2014 年 6 月 18 日米国の「長期停滞論」と「日本化」常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創米国の長期金利が年初から予想外に低下を続けたことに市場の関心が集まっている。みずほ総合研究所は米国の「長期停滞論」と自然利子率に関するリポートを発表している1。昨年来、米金融政策が出口に近づき、金利急騰リスクが懸念されてきたにもかかわらず、なぜ今年に入ってから長期金利が低下しているのか。複数の要因が指摘されているが、米金融政策に対する示唆という点で特に注目されるのが「潜在成

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ