調査のチカラ TOP > タグ一覧 > サントリー

「サントリー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月20日日経BP★★フィードバック数:0マーケティング

環境ブランド調査2017

2017年7月7日サントリーが首位奪還 トヨタが社会活動で強さ 日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実傑)は、7月7日、2017年の「環境ブランド調査」の結果を発表しました。今年で18回目を迎えるこの調査は、日経BP環境経営フォーラムが毎年主要560企業ブランドを対象に、各企業の環境に関する活動が一般の消費者にどう伝わっているかについてインターネットを利用してアンケート調査し、結果を集計・分析しているものです。今回は2017年3月15日〜4月23日にアンケート調査を実施し、全国の消費者2万30

企業情報サイト調査 2016

企業情報サイトのユーザー評価、1位はサントリー2位は資生堂、3位はトヨタ自動車 株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表取締役社長・榛沢明浩)は、有力企業240社の企業情報サイトについてユーザーからの評価を行い、その結果を公表した。 ■1位はサントリー  前回3位だったサントリーが一年ぶりに1位に返り咲いた。同社のサイトは「技術・品質・安全」「ニュースリリース」の評価でそれぞれ1位、「CSR・環境」「理念・ビジョン」で2位になるなど多くのコンテンツで高い評価を得た。 次い

2016年11月9日WineBazaarフィードバック数:0社会/政治

ワイン好き200人が選んだ“デイリーワイン”ブランドランキング――1位は「アルパカ」

INDEX調査のポイント調査詳細調査方法調査のポイント・ワイン好きが読む飲むデイリーワイン、1位「アルパカ」、2位「コノスル」「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。」 ・メーカー別ランキングでは、サントリーがトップに調査詳細WineBazaarでは、過去の調査で「週に1回」以上、ワインを飲んでいるワイン好きな男女200人を対象に調査を実施。普段から最もよく飲んでいるワイン(デイリーワイン)について調査しました。「普段から最もよく飲んでいるワイン(デイリーワイン)」について自由回答形式で集めた回答を

2016年7月6日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2016-春夏

Webサイトのブランド力、総合編では「Yahoo! JAPAN」、 一般企業編では「サントリー」が1年ぶりの首位に 日経BPコンサルティング調べ 「Webブランド調査2016-春夏」2016年06月30日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2016-春夏」の結果をまとめた。リニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響を明らかにするもので、2016年6月30日に調査報告書を発行・発売した。調査結果の

2015年6月29日日経BPフィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2015-春夏

Webサイトのブランド力、一般企業編で「サントリー」「アサヒビール」ら総合飲料メーカーが上位占める - 日経BPコンサルティング調べ「Webブランド調査2015-春夏」 -2015年06月29日日経BPコンサルティング(東京都港区)は、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2015-春夏」の結果をまとめた。リニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響を明らかにするもので、2015年6月26日に調査報告書を発行・発売した。調査結果のポイント■ インタ

2014年8月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 機能系ビール飲料(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ機能系ビール飲用経験は4割弱。週1回以上飲用者は2割強 直近1年間に飲んだ機能系ビールは「サントリー金麦 糖質75%オフ」「淡麗グリーンラベル」「アサヒオフ」が上位 機能系ビール飲用理由は「価格が安いから」「好みの味だから」「飲みやすいから」「糖質が少ないから」「おいしいから」などが上位 アルコール飲用者の機能系ビール飲用意向・非飲用意向はいずれも4割弱。ビール類飲用者が飲みたい銘柄は「サントリー金麦 糖質75%オフ」「淡麗グリーンラベル」

2014年7月8日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境ブランド調査2014

■リリースの訂正とお詫び 2014年7月8日発表の本リリースに誤りがありました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫びし、下記の通り訂正させていただきます。[2014/07/09] 【訂正箇所】 本文2段落目(誤)トヨタ自動車は4年連続2位ながら、(正)トヨタ自動車は5年連続2位ながら、 2014年7月8日サントリーが1位、トヨタが2位と不動男性はトヨタ、女性はサントリー人気が顕著に 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は、7月8日、2014年の「環境ブランド調査」の結果を発表しました。今年で1

2014年3月4日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

「消費増税前の買いだめ・まとめ買い」に関する意識・実態調査

トレンド総研のプレスリリース/広報・PR情報[消費増税前の消費トレンド]増税前の賢い消費、キーワードは“定番商品” 「サントリー 金麦」「日清 カップヌードル」などが定番商品の購入予定としてラインナップ[消費増税前の消費トレンド]増税前の賢い消費、キーワードは“定番商品” 「サントリー 金麦」「日清 カップヌードル」などが定番商品の購入予定としてラインナップ生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、このたび、「消費増税前の買いだめ・まとめ買い」をテーマにレポートしま

第59回:復活してほしいお菓子・飲料(2013)

ブランドなんでもランキング第59回:復活してほしいお菓子・飲料子供の頃、おやつの時間がとても待ち遠しく、遠足ともなると前日にお菓子を買いに行くのが当日よりも楽しみだったなんてことがあった思い出があります。学生時代、部活の後に自動販売機で飲料を選ぶ自分がちょっぴり大人っぽく感じたこともあります。こういったお菓子や飲料は子供にとってとても大切なもので大人になってからも懐かしく感じることがありますね。今回は復活してほしいもの第二段、お菓子と飲料についてたずねました。他を大きく離しての1位は1980年代

第54回:心に響く社是・社訓(2012)

ブランドなんでもランキング第54回:心に響く社是・社訓多くの企業には社是、社訓、設立趣意、経営理念、社員心得などに表された行動指針があります。これらの言葉は社内で受け継がれ共通の価値となっています。今回はこうした言葉が一般の人にどのように受け止められているか尋ねてみましたソニー「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」まずはソニーの設立趣意として第一に掲げられている「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場の建設

第39回:懐かしの商品ブランドに関するイメージ調査(2010)

ブランドなんでもランキング第39回:懐かしの商品ブランドに関するイメージ調査缶ビールやインスタントラーメン、最近ではお菓子やドーナツなど「限定復刻版」商品の発売がニュースになっています。以前はよく見かけたけれど最近そういえば・・・なんていうものも多いのではないでしょうか。今回は現在販売終了してしまった商品ブランドのイメージについて聞いてみました。当時を思い出させてくれる あのブランド まずは販売当時この商品のファンだったかどうかについて聞いてみました。最もファンだった人が多かったのは1946年に

第56回:1年間に使った金額(ファストフード・飲料)(2012)

ブランドなんでもランキング第56回:1年間に使った金額(ファストフード・飲料)昼食時、一歩外に出ると外食チェーン店やコンビニ、スーパーでみかける商品は至るところに出回っており、利用・購入する機会が非常に多いものです。これは住む地域が同一であれば年代、家族構成に関係なく目にする機会については同様、つまり誰でも手軽に利用できるものであると言えます。それでは、そのような商品に私たちは一年間にどれくらいの金額を使っているのでしょうか。日ごろ何気なく利用していることが多く、改めて聞かれて初めて考えることも

第51回:企業名から連想する漢字(2012)

ブランドなんでもランキング第51回:企業名から連想する漢字毎年、年末にその年の世相を表す漢字一字が「今年の漢字」として発表されていますね。今回は「絆」でした。これは全国からの公募で決まりますが、応募総数は過去最高の約50万票だったそうです。震災があったこの一年を振り返り、募った思いを漢字一字に託した方も多かったのではないかと思います。ところで、企業に対するイメージは人それぞれ違いますね。しかしブランドとして確立されたものはなにがしかのイメージをユーザーに与えているはずです。今回は企業名から連想す

購買理由調査です。

お茶系ドリンク2013年9月~10月の購買理由

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 『〜お茶系ドリンク2013年9月〜10月の購買理由〜新商品の「伊藤園 お〜いお茶 ぞっこん」と「サントリー 緑茶 伊右衛門 特茶」が存在感を発揮!「NB」と「PB」の購買内容に世代間で大きな差が』をリリース致しました。 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 『〜お茶系ドリンク2013年9月〜10月の購買理由〜新商品の「伊藤園 お〜い

購買理由調査です。

ノンアルコール飲料2013年8月の購買理由

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 『〜ノンアルコール飲料2013年8月の購買理由〜売れ筋ランキング 上位10ブランドで全体の90.8%を占めた!認知・検討・購入ランキングすべてで「サントリー オールフリー」が首位に!』をリリース致しました。 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 『〜ノンアルコール飲料2013年8月の購買理由〜売れ筋ランキング 上位10ブランドで全体

2013年8月29日ニホンモニター★★フィードバック数:0マーケティング

1990年以降の年ごとのランキングが見られます。

CM起用社数ランキング年表

テレビCM60年記念!【CM起用社数ランキング年表】 テレビCM60周年1953年8月28日、日本で初めてテレビCMが放送されました。今年2013年で満60歳を迎えたテレビCM。その時代を象徴するたくさんのタレントがCMを彩ってきました。ニホンモニターでは1990年からCM起用社数のランキングを集計しています。今回はCM60年を記念して、CM起用社数ランキングを年表にまとめてふりかえってみました。90年代初頭ではミスタードーナツや宝くじなど、出演のみならず数多くのCMソングも手掛けた所ジョージさ

2013年8月15日ウェブレッジフィードバック数:0ライフスタイル

大手ビール会社のスマートフォンサイトで最もビールがのみたくなるのはどれか

IoT・モバイルに関するニュース・情報をお届け 猛暑の夏 ビールが飲みたくなるスマホサイトはどれか?! ユーザービリティ調査結果を公表 自社が運営する71,000人のモニター会員にwebサイトやスマートフォンサービスについて直接評価してもらうサービス『ポストコ』を利用して、「大手ビール会社※のスマートフォンサイトで最もビールがのみたくなるのはどれか」と、その理由を調査しました。※大手ビール会社:アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリービールの4社一番「ビールがのみたくなる」のは『

2013年6月28日日経BP★フィードバック数:25マーケティング

Webサイトのランキングです。

Webブランド調査2013-春夏

総合ランキングで「楽天市場」が前回に続きトップ。一般企業首位のサントリーをキリンビールが猛追 ―「Webブランド調査2013-春夏」(2013年4月実施)より―2013年06月28日日経BPコンサルティング(東京都港区)は、インターネットユーザーが国内500のWebサイトを評価する、「Webブランド調査2013-春夏*」の結果をまとめ(表1)、2013年6月28日に調査結果報告書を発行・発売した。楽天市場が前回に続き第1位をキープ一般企業ランキングでは、3回連続第1位のサントリーにキリンビールが

2012年9月21日日経BP★フィードバック数:7ライフスタイル

安心感のブランド調査です。

食の安全・安心ブランド調査2012

キリンビールが初の1位に躍進、サントリーが僅差の2位に。約7割が「食ブランドの安心イメージ」を気にすると回答 ―食の安全・安心ブランド調査2012―2012年09月21日日経BPコンサルティング(東京都港区)は、「食の安全・安心ブランド調査」を実施し、2012年9月21日に調査結果報告書を発行・発売した。本調査は、食べ物や飲み物を製造・販売する企業や、外食関連企業・店舗など300ブランドの「安全・安心」イメージを消費者に聞いた。1位となったのは、昨年の20位から躍進したキリンビール。「認知度」を

企業情報サイト調査 2008

企業情報サイト調査2008News Release 企業情報サイト調査 2008News Release「企業情報サイト第1位はサントリー」2008年11月18日結果概要日本ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表者・榛沢明浩)は、有力企業250社の企業情報サイトについてユーザーからの評価を行い、その結果を公表した。1位はサントリーで、全てのコンテンツで安定した高い評価を得た。2位はトヨタ自動車となった。CCサイト指数ランキング調査内容業種別に抽出した企業情報サイトユーザーに対象サイトのコンテ

2008年7月7日日経BP★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

BPによる企業の環境ブランド調査です。トヨタがTOPです。

環境ブランド調査2008

サントリー、日産などが浮上 自動車・飲料でトップ5独占環境ブランド調査2008 ランキング発表※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose 【調査の概要】 日経BP環境経営フォーラムが、各業種から売り上げ上位の企業を中心に選んだ560社を調査の対象にした。各企業の環境に関する活動が一般の消費者にどう伝わっているかについて、インターネットを利用してアンケート調査を実施した。調査期間は2008年3月24日~4月30日、2万233人から有効回答を得た。主要指標である「環境ブランド

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ