「サーバー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月11日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ミネラルウォーター市場に関する調査を実施(2016年)

2017年03月07日 ミネラルウォーター市場に関する調査を実施(2016年) ~拡大を続けるミネラルウォーターと宅配水、課題解決が成長持続の鍵~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のミネラルウォーター市場及び宅配水市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年2月2.調査対象:飲料メーカー、宅配水製造企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびにアンケート調査併用<ミネラルウォーター市場、宅配水市場とは>本調査におけるミネラルウ

2016年12月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内コンバージドシステム市場予測

2016年の国内コンバージドシステム市場規模は、479億9,000万円と予測 2020年の市場規模は804億6,200万円、2015年~2020年の年間平均成長率は13.8%に 2020年におけるハイパーコンバージドシステムの構成比は35.9%に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内コンバージドシステム市場の予測を発表しました。2015年の国内コンバ

2016年4月7日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

ミネラルウォーター市場に関する調査結果 2015

2016年03月29日 ミネラルウォーター市場に関する調査結果 2015 ~大幅増に転じたミネラルウォーター、堅調に推移する宅配水~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のミネラルウォーター市場及び宅配水市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年12月~2016年2月2.調査対象:飲料メーカー、宅配水製造企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびにアンケート調査併用<ミネラルウォーター市場、宅配水市場とは>本調査におけるミネラルウォーターとは主

2015年2月16日矢野経済研究所★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

市場データです。

データセンター事業に関する調査結果 2014

2015年02月16日 データセンター事業に関する調査結果 2014 ~首都圏データセンターへの投資の伸びは一時的に鈍化するも再び伸長~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるデータセンター事業の調査を実施した。1. 調査期間:2014年8月~2015年1月2. 調査対象:アウトソーシング事業者、データセンター専業者、建設会社、設計会社など3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・電子メールによる取材、ならびに文献調査を併用<データセンターとは>本調査におけるデータセ

2015年1月19日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

市場データです。

ミネラルウォーター市場に関する調査結果 2014

2015年01月19日 ミネラルウォーター市場に関する調査結果 2014調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のミネラルウォーター市場及び宅配水市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年11月~12月2.調査対象:飲料メーカー、宅配水製造企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびにアンケート調査併用<ミネラルウォーター市場、宅配水市場とは>本調査におけるミネラルウォーターとは主に地下水などを源泉とし、ペットボトルやビンなどの容器で市販用・業務用に

2014年3月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(一次)インド共和国のデータセンターにおける高効率サーバー導入のプログラム型BOCMプロジェクト組成事業

平成24年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(一次)インド共和国のデータセンターにおける高効率サーバー導入のプログラム型BOCMプロジェクト組成事業

2013年2月22日矢野経済研究所フィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

データセンター事業に関する調査結果 2013

2013年02月22日 データセンター事業に関する調査結果 2013 ~相次ぐ新設、今後もデータセンターへの投資は堅調に拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のデータセンター事業の調査を実施した。1. 調査期間:2012年7月~2013年1月2. 調査対象:アウトソーシング事業者、データセンター専業者、建設会社、設計会社など3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・E メールによる取材、ならびに文献調査を併用<データセンターとは>本調査におけるデータセンターとは、IT

2012年10月17日IPAフィードバック数:21セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2012年第3四半期(7月~9月)]

HOME情報セキュリティコンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2012年第3四半期(7月~9月)] コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2012年第3四半期(7月~9月)]第12-28-263号掲載日:2012年 10月 17日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター (PDFはこちら) 1.コンピュータウイルス届出状況(1)四半期総括 2012年第3四半期のウイルス届出件数※1状況は、2012年第2四半期から全体的に減少する

2012年6月21日矢野経済研究所フィードバック数:4ライフスタイル

ミネラルウォーター市場に関する調査結果 2012

2012年06月21日 ミネラルウォーター市場に関する調査結果 2012 ~「水」の持つ本質的な価値の再認識が市場拡大に結びついた1年~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のミネラルウォーター市場及び宅配水市場の調査を実施した。1.調査期間:2012年3月~5月2.調査対象:飲料メーカー、宅配水製造企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびにアンケート調査併用<ミネラルウォーター市場、宅配水市場とは>本調査におけるミネラルウォーターとは主に地下水

2012年5月30日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年4月SIer・NIer業界採用動向

[] <要旨> スマートフォン(モバイル)向けアプリケーション開発の案件が多いこと、大阪など地方の求人が10%増えたことなどを要因として、Web系システムインテグレータの求人が好調です。職種別内訳を見るとエンジニア系6割、ネットワーク系2割、営業系が1割、その他1割と、エンジニア系のニーズの高い状態が続いています。さらにエンジニアの中でも、JavaやPHPでの開発経験を求める求人が5割、VB,C#,.net,C++でも応募可能な求人が3割、その他何らかの開発経験があれば応募可能な求人が2割と、企

2011年5月24日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年4月PG・SE職採用動向

[] <要旨> 新たな採用計画を立てた企業の積極的な新規募集が目立つ月でした。特にシステム開発エンジニア全体の新規求人のうち7割を占めるスマートフォン(iPhone、Android)アプリ開発関連は好調で、エンターテイメント関連や情報系サイトに加えて自社製品(パッケージ)開発企業からの求人も増えてきています。 また、インターネットサービス関連企業の求人も、LinuxやUNIX関連のサーバーエンジニアを中心に豊富な状態が続いており、ネットワーク・サーバーエンジニア全体で1.2倍増となっています。ネ

2010年9月14日日経BPフィードバック数:3ビジネス

Windows 2000の「延命ビジネス」

PC Online's WeeklyPR記事提供:日経パソコン「日経パソコン」のお申し込み、詳しい内容はコチラからニューストレンド2010年9月7日 page:1/2Windows 2000の「延命ビジネス」脆弱性を悪用する攻撃やウイルスを遮断、2012年までサポート勝村 幸博=日経パソコン出典:日経パソコン 2010年7月26日号(執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)TweetPC Onlineの更新を停止しました。今後はITpro PCをご利用ください Windows

2008年12月9日日経BPフィードバック数:2ビジネス

ITpro読者200人が考えた“うっかりミス”対策

先だって、この「記者の眼」欄で情報システムの“うっかりミス”について書き、読者の皆様にアンケートをお願いした(関連記事『「うっかりミス」は叱っても減らない』。ここでいう、うっかりミスとは、システムの操作ミスやパラメータ設定の誤りなどを指す。アンケート回答の受付期間が1週間と短かったにもかかわらず、184件もの有効回答を頂いた。この場を借りて御礼を申し上げるとともに回答結果と読者から寄せられたコメントを公表する。 アンケートの目的は、読者の皆様が実際に体験した、あるいは職場などで見聞きした、うっか

2008年12月9日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

9月のPCサーバー導入,台数はHP,ユーザー数は10カ月ぶりにデルとHPが同数で首位

日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に行った調査で,2008年9月に導入したパソコン・サーバーのメーカーと台数を聞いた(複数回答)。 9月導入分のパソコン・サーバーの1回答平均台数は13.0台で,前月2008年8月実績の平均10.6台に対して約23%アップ。前年同月(2007年9月実績)の平均11.3台に対しても約15%の増だった。しかし過去1年(2007年9月実績以来の13カ月)の平均値14.6台は下回った。 今回も前月20

2008年12月9日日経BP★★★フィードバック数:0企業情報システム

「企業の情報化」に関するまとまった調査です。

企業の情報化実態2008

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。日経パソコンは、昨年に続き、国内企業2万1782社を対象に、企業の情報化に関する実態を調査した。投資意欲が旺盛だった昨年とは一転し、今回の調査では投資を抑えようとする企業の姿勢が浮き彫りになった。ここ数年、個人情報の保護が叫ばれていて、企業のセキュリティ意識は高まりつつある。一方で情報漏洩(ろうえい)被害も後を絶たない。今回の調査では、企業の取り組みが、被害の実態からするとまだまだ不十分であることが明らかになった。(2008/11/27)サーバ

2008年9月8日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

ブレード用100V電源は約7割,10Gbイーサ・スイッチも過半数の回答者が「必要」

日経マーケット・アクセスが企業情報システムの担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2008年7月調査では,各ベンダーがブレード・サーバーで提供している,あるいは近く提供すると予想される機能,メリット,特徴を約40項目挙げ,回答者が現在担当している情報システムにブレード・サーバーを採用する上で,必要と考えるかどうかを聞いた。2回目の今日は,規模,周辺機器,設置条件に関する10項目の結果を紹介する。 昨日9月2日付け記事で紹介した「5万円以下のブレード」と同じ27.3%で

2008年9月8日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

ブレード導入率は2割弱,その15%は現用機と非互換のブレード・サーバーも導入予定

日経マーケット・アクセスが企業情報システムの担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2008年7月調査で,回答者が現在担当している情報システムのサーバーとして,「ブレード・サーバーを導入済み」かどうかを聞いたところ,「導入済み」が18.6%,「ブレード・サーバーを導入する予定が具体化している」も4.4%を占めた。 このうち「ブレード・サーバーを導入済み」とした209人の回答者に,既存のブレード・サーバーへのモジュールの追加や同シリーズのシャーシの増設予定を聞いた結果は,

2008年9月1日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「サーバー選定の条件」で「環境にやさしい」が,今後の選定では約6割に急増

日経マーケット・アクセスが企業情報システムの担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2008年7月調査で,担当しているシステムのサーバーの選定で従来重視していた点と,今後の選定で重視すると思われる点を聞いた(複数回答)。 最も顕著な特徴は,「消費電力(必要な電源容量)が少ない/環境にやさしい」側面への反応の違いである。“従来のサーバー選定”では,提示した10項目の選定理由のうちこの「環境」面は最も少ない13.1%だったのに対し,“今後のサーバー選定”ではその5倍近い59

2008年9月1日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

ブレードサーバの採用検討が進んでいるようです。

「サーバーを切り替え予定」の約20%が「ブレードを採用見込み」,特にIA64利用者が高率

「サーバーを切り替え予定」の約20%が「ブレードを採用見込み」,特にIA64利用者が高率

2008年6月30日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

2008年4月のPCサーバー導入は大量一括除くと急失速,台数は富士通,ユーザー数はデルが首位

日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に行った調査で,2008年4月に導入したパソコン・サーバーのメーカーと台数を聞いた(複数回答)ところ,導入台数は富士通が2007年5月実績以来約1年ぶりに,3度目の首位に立った。導入ユーザー数は,2006年9月実績(2006年10月調査)以来,デルが20カ月連続で首位を守っている。 パソコン・サーバー導入台数の今回の1回答平均は30.6台で,前月2008年3月実績の14.1台の約2.2倍。2

2008年6月30日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

Webアプリケーションとクライアント/サーバー・アプリケーション,使われるツールの違いは?

Webアプリケーションとクライアント/サーバー・アプリケーション,使われるツールの違いは?

2008年6月23日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

仮想化でサーバー台数は1/4,ストレージ容量は1/5を期待,コスト増の回収許容期間は31カ月

仮想化でサーバー台数は1/4,ストレージ容量は1/5を期待,コスト増の回収許容期間は31カ月

2008年6月16日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

単体機器の消費電力削減効果はサーバー/クライアント/ストレージとも約15%を見込む

日経マーケット・アクセスが「消費電力が少ないサーバー/クライアント機/ネットワーク機器/ストレージ装置」の採用を実施または検討中とした企業情報システム担当者に,それによる省消費電力効果の見込みを聞いたところ,サーバー(単体),クライアント機,ストレージ装置(ディスク,テープなど)は平均15%強。ネットワーク機器はこれらよりやや低く,13%強の削減率を見込んでいるという結果が出た。 設問では,処理能力や容量を従来の機器と同等に換算した「性能(容量)あたり電力消費量」の削減率を聞いたところ,サーバー

2008年6月16日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

ITproによるグリーンIT調査です。

ITの省エネ策トップは「省電力サーバーの採用」,ユーザー担当者は「クライアント機」重視

日経マーケット・アクセスは5月下旬まで実施した月次調査で,企業情報システムの担当者に「グリーンIT」への取り組みを聞いた。その中で「ITの省エネ」について具体的に実施・検討している内容を聞いたところ,最も多かったのは「消費電力が少ないサーバー(単体)の採用」で,回答者の約24%が「すでに実施」,44%強が「具体的に検討中」とした。「消費電力が少ないクライアント機の採用」も「すでに実施」は省電力サーバーと同率,「検討中」が約40%と高率だった。 ちなみに,今回の回答者のうち「自社の情報システムの担

2008年3月24日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

次期システムのサーバー関連コスト,初期は1~2割増,保守は現状維持,運用要員は1~2割減

日経マーケット・アクセスが企業の情報システム担当者を対象に2008年2月に実施した調査で,回答者が業務としてシステムを担当している分野について,「更新・再構築(刷新)後の次期システムの中核となるサーバーの導入初期費用(ハード,基本ソフト,ミドルウエアの合計),保守費用(同),運用要員数(人件費換算)は,現行システムの何倍程度になる見込みか」を聞いた。 その結果,初期費用は概ね現行の1.1~1.2倍と,やや投資額の拡大を予定しているものの,保守費用は現行システムと同程度から1割増(1.0~1.1倍

2008年3月24日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

次期システムのサーバー台数は現行の1~2割増,クライアント集約だけは台数1.7倍で突出

次期システムのサーバー台数は現行の1~2割増,クライアント集約だけは台数1.7倍で突出

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ