調査のチカラ TOP > タグ一覧 > サービス市場規模

「サービス市場規模」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年5月11日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

成長が続く国内の家事支援サービス市場

成長が続く国内の家事支援サービス市場堅実な成長を続ける一方、人材不足が引き続き大きな課題 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社:水越孝)は、2017年度の国内の家事支援(家事代行)サービス市場を調査し、その市場動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 国内の家事支援(家事代行)サービス市場規模は、利用者の支払金額ベースで2015年度は前年度比104.0%の853億円、2016年度は同103.0%の879億円と、市場規模の拡大が続く結果となった。国家戦略特区で家事支援外国人受入事業として外国

2018年2月8日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ベビー用品・関連サービス市場に関する調査を実施(2017年)

ベビー用品・関連サービス市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のベビー用品・関連サービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年10月~12月2.調査対象:ベビー・マタニティ・子育て関連用品・関連サービス事業者3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに郵送アンケート調査併用<ベビー用品・関連サービス市場とは>本調査におけるベビー用品・関連サービス市場とは、乳幼児(0〜2歳)向けの出産・育児用品や食品、衣料

2018年1月26日ITRフィードバック数:0企業情報システム

EDIサービス市場規模推移および予測

EDIサービス市場は前年度比12.0%の伸び、PSTNマイグレーションを契機にクラウド移行が拡大すると予測ITRがEDIサービス市場規模推移および予測を発表 2018年1月5日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のEDIサービス(クラウド型のEDIシステム)市場規模推移および予測を発表します。 EDIサービス市場の2016年度の売上金額は118億4,000万円

2017年12月21日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

DMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス市場/MA(マーケティングオートメーション)サービス市場に関する調査を実施(2017年)

ニュース・トピックスプレスリリースDMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス市場/MA(マーケティングオートメーション)サービス市場に関する調査を実施(2017年) DMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス市場/MA(マーケティングオートメーション)サービス市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のDMPサービス市場/MAサービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年8月~10月2.調査対象

2017年10月2日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内パブリッククラウドサービス市場予測

国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表 2017年の国内パブリッククラウドサービス市場は、前年比27.3%増の4,885億円の見込み 2021年の市場規模は、1兆986億円になると予測 データ流通の本格化が国内パブリッククラウドサービス市場の成長を促進 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表しまし

2017年9月18日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内BDAテクノロジー/サービス市場予測

国内BDAテクノロジー/サービス市場予測を発表 2016年 国内BDA(Big Data and Analytics)テクノロジー/サービス市場規模は8,860億6,100万円、前年比成長率8.0%と高い成長 パブリッククラウドとオンプレミスのハイブリッド環境が増加 IoTやコグニティブ/AIシステムを活用したデジタルトランスフォーメーションの基盤として活用はさらに拡大、市場規模は年間平均成長率10.8%、2021年に1兆4,818億8,400万円に達すると予測

2017年5月30日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

ECサイト構築支援サービス市場に関する調査を実施(2017年)

ECサイト構築支援サービス市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のECサイト構築支援サービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~2017年2月2.調査対象:ECサイト構築支援サービス提供事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<ECサイト構築支援サービスとは>本調査におけるECサイト構築支援サービスとは、パッケージ型サービスとクラウド型(SaaS、ASP等)

2017年4月20日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BPOサービス市場予測

2016年の国内BPOサービス市場規模は前年比4.9%増の7,017億円 2016年~2021年の年間平均成長率は3.7%、2021年市場規模は8,427億円と予測 デジタルトランスフォーメーションによる業務内容の変化への対応、潜在的人材の発掘、テクノロジーによる武装が重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO

2016年8月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査(2016年)

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査を実施(2016年) ~IoTにも牽引され、拡大するクラウド基盤サービス~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年5月~7月2.調査対象:国内クラウド基盤サービス提供事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用<クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービスとは>本調査におけるIaaS(In

2015年6月17日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査結果 2015

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査結果 2015 ~定着したハイブリッドクラウド&マルチクラウド~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年12月~2015年6月2.調査対象:国内クラウド基盤サービスベンダー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用<クラウド基盤(IaaS/PaaSサービスとは>本調査におけるIaaS(Infr

2013年7月4日矢野経済研究所フィードバック数:3キャリアとスキル

企業向け研修サービス市場に関する調査結果 2013

企業向け研修サービス市場に関する調査結果2013 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の企業向け研修サービス市場の調査を実施した。1. 調査期間:2013年4月~6月2. 調査対象:研修サービス事業者3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリング、文献調査併用調査結果サマリー◆2012年度の企業向け研修サービス市場規模は4,670億円(前年度比3.3%増、事業者売上高ベース)◆震災直後であった2011年度から平常化し、市場規模拡大に転じ

2013年4月19日矢野経済研究所フィードバック数:11キャリアとスキル

芸能系プロフェッショナル養成サービス市場に関する調査結果2013

芸能系プロフェッショナル養成サービス市場に関する調査結果 2013 ~芸能系人材養成サービスのみならず、新たな養成講座の活用が求められる~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内芸能系プロフェッショナル養成サービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2013年1月~3月2.調査対象:特定の専門職業人となるための養成サービスを提供している専門学校(専修学校専門課程)、民間事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<芸能

2012年3月22日総合プランニングフィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

2012 水ソリューション関連市場の現状と将来性

プレスリリース〜「2012 水ソリューション関連市場の現状と将来性」〜 2012年01月16日PRESS RELEASE「2012 水ソリューション関連市場の現状と将来性」調査報告書水ソリューション関連市場に関する調査を実施 総合マーケティングの株式会社総合プランニング(大阪市中央区南本町1−7−15 社長 三木五郎(06-4705-0031))は、人口増加、工業化の進展、生活水準の向上などで世界的に水の需要が増す中で、水資源の不足や水質汚染の問題が各地で深刻なものとなっている。人口一人当たりの

2011年4月14日MM総研フィードバック数:33デジタル家電

電子書籍サービスおよび電子書籍端末の市場展望

電子書籍サービスおよび電子書籍端末の市場展望 2011年04月14日■ 紙の書籍(雑誌・マンガ・写真集含む)の新品・中古含めた年間購入金額は2兆5,378億円 ■ 2010年度の電子書籍サービス市場規模は640億円 ■ 電子書籍サービスの市場規模は2015年度に3,501億円まで拡大 ■ 電子書籍端末の市場規模は2010年度113万台から2015年度639万台に拡大 MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は4月14日、国内最大級のインターネットアンケートサービスを運営する「クロス・マーケティン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ