調査のチカラ TOP > タグ一覧 > サーベイランス

「サーベイランス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月17日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成24~25年度 食品中の3-MCPD 脂肪酸エステル及びグリシドール脂肪酸エステルの含有実態調査

「平成24~25年度 食品中の3-MCPD 脂肪酸エステル及びグリシドール脂肪酸エステルの含有実態調査」の結果について農林水産省は、平成24~25年度に実施した食品中の3-MCPD脂肪酸エステル及びグリシドール脂肪酸エステルの含有実態調査の結果を取りまとめました。今回の調査から、海外の食品と同様、我が国で流通している食用植物油脂、油脂の含有率が高い他の食品等にも含まれること、その濃度は海外での報告よりも低い傾向であること、が分かりました。両物質については、今後、国際的なリスク評価が予定されていま

2014年12月4日愛知県★フィードバック数:0ライフスタイル

愛知県の状況です。

「インフルエンザの流行入り」しました!

1 概要 愛知県では「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、県内の医療機関のうち195か所を定点として、インフルエンザについて発生動向調査を実施しています。 この調査結果によりますと、平成26年第48週(11月24日(月)から11月30日(日)まで)における県内の定点医療機関当たりのインフルエンザ患者の報告数注1)が、1.12となりました。注1)定点医療機関当たりの報告数:定点医療機関からの一週間の総報告数÷定点医療機関数 厚生労働省では、例年、この数値が「1」を上回る

2014年7月6日農林水産省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

消費・安全 食品中の有害化学物質の含有実態調査の結果をまとめたデータ集(平成23~24年度)

食品中の有害化学物質の含有実態調査の結果をまとめたデータ集(平成23~24年度)について農林水産省は、食品の安全性に関するリスク管理に不可欠なデータを得るため、農畜水産物・加工食品中の有害化学物質の含有実態を調べています。本日、平成23~24年度に実施した含有実態調査のうち、結果の解析が終了したものをデータ集としてまとめてホームページに公表しました。 1.背景1. 農林水産省は、国際的に広く認められたリスクアナリシス(*1)に基づいて食品安全行政を行うため、「農林水産省及び厚生労働省における

2013年1月28日農林水産省フィードバック数:19ライフスタイル

平成21~23年度 国産穀類のかび毒含有実態調査

「平成21~23年度 国産穀類のかび毒含有実態調査」の結果について農林水産省は、平成21~23年度に実施した国産穀類中のデオキシニバレノール及びそのアセチル体、ニバレノール及びそのアセチル体、ゼアラレノン並びにオクラトキシンAの含有実態調査の結果を取りまとめました。その結果、小麦では厚生労働省が定めた小麦の暫定的な基準値を超えてデオキシニバレノールを含むものはありませんでした。今後、本調査の結果を用いて、かび毒毎に、麦を主原料とした加工食品の日本人の1 日当たりの摂取量を試算し、国際機関が定めた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ