調査のチカラ TOP > タグ一覧 > シェールオイル

「シェールオイル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

コモディティ・レポート (2015年3・4月)

I.コモディティ市況全般: 3~4月は下落後、反発ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、昨年6月下旬をピークに今年3月中旬にかけて下落傾向で推移した後、反発している。マクロ経済環境をみると、欧州景気が持ち直す動きをみせる一方で、米国景気にもたつきがみられ、中国景気は減速した状態が続いている。今後、世界景気の回復に伴って、コモディティ市況は上昇するだろうが、その上昇ペースは緩やかだろう。II.エネルギー市況: 原油は反発後、上値が重くなる国際指標とされるブレ

シェールオイルの生産状況です。

米国のシェールオイルの生産見通し

米国のシェールオイルの生産見通し

コモディティ・レポート (2015年1・2月)

I.コモディティ市況全般: 1~2月は下げ止まり後、反発力弱いドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、昨年6月下旬をピークに下落傾向で推移した後、小幅反発している。マクロ経済環境をみると、ギリシャ情勢の混乱や原油安に伴う産油国経済などへの悪影響が懸念された状況は一服している。今後、米国を中心に世界景気の底堅さが確認されるとともに、コモディティ市況は上昇するとみられるが、反発力は弱いであろう。II.エネルギー市況: 下落後、やや持ち直し国際指標とされるブレント

2015年1月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

金融緩和の強化を促す逆オイルショック

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 逆オイルショックを生んだ原油の供給過剰は、米国のシェールオイル増産、リビア、イラクの生産回復、OPECの減産回避など供給側の要因が大きいが、需要側にもユーロ圏の停滞、中国経済の減速などといった要因がある。原油価格の下落がシェールオイルの投資計画を減少させ、最終的に産出量の調整に至る可能性が高いと思われるが、同時に採掘コストも低下しており先行きは不透明である。他方、デフレの危機に直面するユーロ圏では鉱物

原油安とシェールオイル採算を考える

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

コモディティ・レポート (2014年11・12月)

I.コモディティ市況全般: 11~12月は原油を中心に下落傾向が続くドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、6月下旬にかけて上昇した後、下落傾向で推移している。マクロ経済環境をみると、足元では、ギリシャ情勢の混乱や原油安に伴う産油国経済などへの悪影響が懸念されている。今後、米国を中心に世界経済の底堅さが確認されるとともにコモディティ市況は上昇に転じようが、原油を中心にコモディティ市況の反発力は弱いであろう。II.エネルギー市況: OPEC総会を挟んで大幅下落

セミナーレポートです。

JOGMEC 国際セミナー―アメリカにおけるシェールオイル・シェールガスの増産がアメリカの産業界、世界の貿易に及ぼす影響―

JOGMEC 国際セミナー―アメリカにおけるシェールオイル・シェールガスの増産がアメリカの産業界、世界の貿易に及ぼす影響―

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 大水深海底鉱山・シェールオイル・ガス開発の保安対策調査

平成25年度 大水深海底鉱山・シェールオイル・ガス開発の保安対策調査

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(全体版)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日【経済概況】Ⅰ.日 本~多くの期待を集める経済の好循環実現、その起点はより明確に~Ⅱ.米 国~景気下振れリスクが後退する中、FRB の出口戦略が遂にスタート~Ⅲ.西 欧~低成長とディスインフレが継続~Ⅳ.ア ジ ア~アジア全体の景気は持ち直すなか、タイ、インドネシアは減速が持続~Ⅴ. 中 国~足元は 7-9 月期並の回復基調を維持するも、金融環境は再び悪化~Ⅵ.オーストラリア~景気減速を背景に、政府は財政赤字の拡大を容認~Ⅶ.原 油~米シェールオイ

シェール革命についてのレポートです。

シェール革命のマクロ経済的な考察~革命前であることがもたらすインパクト~

○シェール革命により米国では天然ガスや原油の生産量が増加している。米エネルギー省の推計によれば、天然ガスの技術的回収可能量は従来比で1.5倍、原油の埋蔵量は1.1倍になった。○現状では、(1)消費地に近い、(2)水や電力のインフラが整っている、(3)パイプライン網など既存の流通設備が使える、(4)地質構造の詳細が判明している、(5)法制度とその運用が明らかである、といった点から、シェールガスの開発は北米に集中しており、当面、この状況は変わりそうにない。○北米の天然ガスや副産するエタンなどが欧州や

PwCによるレポートです。

シェールオイル ‐次世代エネルギー革命‐

シェールオイル ‐次世代エネルギー革命‐全世界における非常に多く埋蔵されているシェールオイルの潜在的な利用可能性とアクセス可能性、および国際石油価格の増加を制限するシェールオイルの生産量増加の潜在的な影響は、石油産業を超えて影響を与えます。世界レベルにおいては、長期的にはシェールオイルは世界経済を一新させ、エネルギー安全保障、独立性および価格によい影響を与えます。しかしながら、これらの利便性は地域および全世界におけるより広い環境目的に適合されるべきです。政策や規制において結果として生じる変化は、

開発が始まったアルゼンチンのシェールオイル、シェールガス

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ