調査のチカラ TOP > タグ一覧 > シェール革命

「シェール革命」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

フラクチャリングのサービス会社から見たシェール資源採掘

フラクチャリングのサービス会社から見たシェール資源採掘環境派/開発反対派の懸念事項• 大量の淡水使用• フラクチャリングによる地下水汚染• ガスの地表への漏洩2014年8月21日 調査部 伊原 賢1話の流れ水圧破砕によるフラクチャリング流体フローバック水の処理技術シェール革命による帯水層汚染の懸念がスリック・ウォーター・フラッキング以外の水圧破砕(従来型のフラクチャリング)を再評価するきっかけにフラクチャリング流体の比較、カナダでのケーススタディフラクチャリングの方向性フラクチャリング流体の課題

2014年7月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度石油製品需給適正化調査(石油製品価格モニタリング事業(石油流通合理化調査))

平成25年度石油製品需給適正化調査 石油価格モニタリング事業平 成 25 年 度石油製品流通合理化調査報 告 書平成26年2月一般財団法人 日本エネルギー経済研究所石油情報センター報告書目次第1部 石油を巡る情勢に関する講習会............................................................................................ 11.講習会の名称 ..................................

ダイワ/フィデリティ北米株式ファンド-パラダイムシフト-【シェール革命から生じる経済効果】

ダイワ/フィデリティ北米株式ファンド -パラダイムシフト-シェール革命から生じる経済効果2014年6月24日「ダイワ/フィデリティ北米株式ファンド -パラダイムシフト-」の基準価額は、北米株式市場の上昇と米ドル高により、設定来で30.6%(2014年6月23日の基準価額)の上昇となりました。当ファンドは、第1期決算(2014年3月18日)において、1万口当たり1,000円(税引前)の分配金を支払いました。≪基準価額・純資産の推移≫14,0002014年6月23日現在※過去の実績を示したものであり

2014年6月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度石油産業体制等調査研究(シェール革命の経済・産業への影響調査)報告書― 経済産業省資源エネルギー庁委託調査 ―

平成25年度石油産業体制等調査研究(シェール革命の経済・産業への影響調査)報告書― 経済産業省資源エネルギー庁委託調査 ―

2014年6月2日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

シェールガスについてのレポートです。

発現し始めた米国におけるシェール革命の影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 発現し始めた米国におけるシェール革命の影響『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載 シェール革命によって国内のエネルギーコストが低下することで、米国経済の中長期的、持続的な成長が促されることが期待される。既に、生産段階で雇用や設備投資の増加などが見られ、前向きな影響が表れている。特に、天然ガスや原油の生産地である一部の州の経済には明らかな活性化の動きが見られる。さらに、今後は利用する

2014年4月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

変化しつつある米国の貿易・投資構造

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 変化しつつある米国の貿易・投資構造今後は米国の魅力が高まればさらなる変化も 2014年4月25日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平◆2013年の米国経常収支赤字は2年連続で縮小した。背景には、貿易収支赤字の縮小があり、輸出増加のほか、シェール革命の影響とみられるエネルギー関連の輸入減少が寄与した。◆サービス収支、第一次所得収支の黒字拡大も経常収支赤字の縮小に寄与した。対外純債務は拡

2014年4月21日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シェール革命の影響についてのレポートです。

シェール革命進展の影響とわが国の対応-変化する世界的供給構造と産業の競争環境

シェール革命進展の影響とわが国の対応-変化する世界的供給構造と産業の競争環境

シェール革命が進展する中、注目高まるMLP

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月11日シェール革命が進展する中、注目高まるMLP 米国の「シェール革命」が注目されて久しくたちますが、その革命は現在も進行中です。最近では、米国による欧州やウクライナへの天然ガス輸出案が、ロシアのウクライナに対する介入拡大を抑えるために有効な一手とされるなど、天然ガスの輸出に対する注目度が増しています。これまで、米国の天然ガス輸出はFTA(自由貿易協定)を結ぶカナダやメキシコなど以外は米政府の認可が必要でしたが、近年、日本な

2014年3月14日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用からみる米国製造業の復活-大幅な雇用増は期待薄ながら、雇用はオールド・エコノミーへ徐々にシフト

No.2013-037 2014年3月14日http://www.jri.co.jp雇用からみる米国製造業の復活-大幅な雇用増は期待薄ながら、雇用はオールド・エコノミーへ徐々にシフト-(1)米国では、近年、シェール革命などを背景に「製造業の復活」に注目が集まるなか、雇用面 についても製造業に対する期待に高まり。非農業部門雇用者数における製造業のシェアをみる と、これまで一貫して減少傾向にあったものの、今景気回復局面入り後は下げ止まり(図表 1)。 (2)そこで、今景気回復局面入り後の製造業の雇用

シェール革命の影響がオフィスの賃料上昇にも拡がる米国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月27日シェール革命の影響がオフィスの賃料上昇にも拡がる米国 最近の米国では、景気回復の動きが進んでいることや、企業業績が改善していることなども相俟って、オフィス需要が増加しています。そうした中、シェール革命によってシェールガスやシェールオイルの生産量が急増し、その恩恵を受ける傾向にある製造業やエネルギー関連企業の活動が活発化していることなどがオフィス需要増に大きく貢献しており、米国の主要都市では力強いオフィス賃料の上昇が見込

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に現れ始めたシェール革命の好影響 ◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は、コンセンサス予想よりも上振れする可能性がある。理由として、貿易赤字の縮小が挙げられる。◆輸出は海外経済の回復によって拡大し、輸入も国内の成長により拡大したものの、石油輸入の減少が輸入全体の増加を抑え、貿易収支の赤字幅は縮小した。シェール革命の恩恵が現れ始めたと言えるだろう。◆エネルギ

2014年1月15日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

オールド・エコノミーが牽引する米国製造業の復活-シェール革命の恩恵は依然限定的ながら、今後の波及に期待

No.2013-0282014年1月14日http://www.jri.co.jpオールド・エコノミーが牽引する米国製造業の復活-シェール革命の恩恵は依然限定的ながら、今後の波及に期待-(1)米国では、2013年11月に、鉱工業生産がリーマン・ショック前のピークを上回る水準まで回復。業種別にみると、今景気回復局面では過去に比べ、シェール革命の恩恵を受ける鉱業の回復が顕著にみられる一方、コンピュータ関連の回復は限定的(図表1)。また、コンピュータ関連を除く製造業、いわゆる「オールド・エコノミー」が

シェール革命が引き起こす米国発の自動車燃料サバイバル

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

シェールガスについてのレポートです。

シェール革命と米LNG輸出

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

2013年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「シェール革命」は米国を変える、世界を変える

「シェール革命」は米国を変える、世界を変える

2013年5月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「シェール革命」の本質はなにか

「シェール革命」の本質はなにか

米国の潜在成長力とシェール革命

米国の潜在成長力とシェール革命~金融危機の克服と「逆オイル・ショック」への期待~ 2013年02月14日○ 金融危機をきっかけに米国の潜在成長率の低下が懸念されるようになった。しかし、潜在成長率を決定する労働供給、資本投入、生産性の動向をみると、2000 年代前半から潜在成長率がすでに低下しており、低成長期に移行していたことが分かる。低成長下での金融面の不均衡の蓄積がバブルとその崩壊を招いたといえる。一方、金融危機の前後で、労働供給、資本投入、生産性の動きは大きく変化しておらず、潜在成長率のトレ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ