調査のチカラ TOP > タグ一覧 > システムレポート

「システムレポート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2015年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2015年4月号)2015年4月22日 日本銀行要旨:金融システムの総合評価わが国の金融システムは、安定性を維持している。金融仲介活動は、より円滑に行われるようになっている。金融システムの機能度金融機関は、引き続き、国内外で貸出を積極化している。国内では、リスクを取る方向での業務運営を指向し、成長事業の育成・事業再生への取り組みを強めている。こうしたもとで、金融機関の国内貸出は、企業向けを中心に緩

2014年10月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年10月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2014年10月号)2014年10月17日 日本銀行金融システムの総合評価わが国の金融システムは、安定性を維持している。金融仲介活動は、より円滑に行われるようになっている。金融システムの機能度金融機関は、引き続き、国内外で貸出を積極化している。国内では、相対的に信用力の低い企業への貸出にも取り組むなど、リスクを取る方向での業務運営を指向している。成長事業の育成や事業再生にも着実に取り組んでいる。国

2014年4月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2014年4月号)2014年4月23日 日本銀行金融システムの総合評価わが国の金融システムは、全体として安定性を維持している。金融資本市場や金融機関行動において、過度な期待の強気化など、金融面の不均衡を示す動きは、現時点では観察されない。金融資本市場では、今年に入り、株式市場でボラティリティが高まる局面もみられたが、国債市場、外国為替市場のボラティリティは、総じて落ち着いている。金融機関(銀行・信

2013年10月15日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

大口から小口まで、日銀によるレポートです。

決済システムレポート2012-2013

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 決済システムレポー 2012-20132013年10月11日 日本銀行はじめに「決済システムレポート」は、わが国の決済システムを巡る動きを概括するとともに、決済システムの安全性・効率性の改善に向けた日本銀行ならびに関係機関の取組みを紹介することを目的としている。この「決済システムレポート2012-2013」では、主として2011年7月から2013年9月までの出来事を扱っている。グローバル金融危機以降、国際的には、決済シ

2013年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

金利上昇はリスクか、金融システムレポートから

リサーチ TODAY2013 年 4 月 24 日金利上昇はリスクか、金融システムレポートから常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創本日は今月17日に日本銀行から発表された『金融システムレポート』1に関するものである。これまで同レポートは毎年マスコミ等で「金利1%上昇で銀行損失○○兆円」との点が大きく取り上げられてきた。今年も下記の図表にあるように、金利上昇に伴う債券時価の変動が示されている。■図表:日銀金融システムレポートによる金利上昇に伴う債券時価の変動の試算(兆円)国際統一基準行国内基

2013年4月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2013年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2013年4月号)2013年4月17日 日本銀行概観わが国の金融システムを取り巻く外部環境わが国の金融システムを取り巻く外部環境をみると、一部に改善の動きがみられるものの、先行き不透明感は依然として高い。国際金融資本市場では、投資家のリスク回避姿勢が徐々に後退している。また、実体経済面では、米国経済が緩やかな回復基調を続けているほか、中国経済でも持ち直しの動きがみられている。もっとも、欧州債務問題

2012年10月22日日本銀行★フィードバック数:1社会/政治

日銀による定期レポートです。

金融システムレポート(2012年10月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2012年10月号)2012年10月19日 日本銀行概観わが国の金融システムを取り巻く環境わが国の金融システムを取り巻く外部環境をみると、先行き不透明感が引き続き高い状態にある。国際金融資本市場では、欧州債務問題などを背景とした投資家のリスク回避姿勢は足もとでやや後退しているものの、引き続き神経質な展開が続いている。欧州では、財政状況の厳しい国において、財政、金融、実体経済の間で負の相乗作用が働い

2012年8月6日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)日本銀行のマクロストレステスト

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本銀行のマクロストレステスト:信用リスクテストと金利リスクテストの解説2012年8月3日日本銀行金融機構局要旨世界的な金融危機以降、金融システムのリスクを評価する手法の一つとして、マクロストレステストが各国で注目を集めている。日本銀行も、金融システムレポートの中で、その時々の金融経済情勢を反映したマクロストレステストを毎回実施している。本稿では、金融システムレポートで実施しているマクロストレステストの分析手法について

2012年4月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2012年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2012年4月号)2012年4月19日 日本銀行概観わが国の金融システムを取り巻く環境わが国の金融システムを取り巻く環境をみると、国際金融資本市場は幾分落ち着きを取り戻してきているものの、先行き不透明感は引き続き高い状態にある。欧州では、債務問題に対する懸念が銀行の資金調達環境に悪影響を及ぼしている。銀行は、資金調達環境の悪化を受けて貸出態度を慎重化させており、欧州経済の停滞感をもたらす一因となっ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ