調査のチカラ TOP > タグ一覧 > システム市場規模

「システム市場規模」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年5月31日IDC★★フィードバック数:0社会/政治

国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表

国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表 2017年 国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、274億7,600万円(ユーザー支出額ベース)。ソフトウェア/サービスの成長が著しい 2018年以降はリスク検出/分析や自動顧客サービスなどの成長により、2017年~2022年の年間平均成長率は60.7%、2022年の市場規模は2,947億5,400万円と予測 ベンダー/システムインテグレーターは、アプリケーションソフトウェアへのAIの組み込み、AIシステムの運用支援サービスの強化などが必要

2017年9月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測

国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測を発表 2016年は、支出額上位3分野である金融、製造、官公庁/自治体で大幅なマイナス成長 2016年~2021年の年間平均成長率は0.6%、2021年市場規模は1,882億円と予測 成長を牽引するのは仮想化環境の規模拡大、クラウドインフラ支出の本格拡大 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は

2017年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

IoT型センサーシステム数を予測(2017年)

IoT型センサーシステム数を予測(2017年) ~IoT/ビッグデータ/AI社会実現に向けて、IoT型センサーシステムの普及が進展~ 調査要綱 矢野経済研究所では、以下の調査要綱にて国内でのIoT型センサーシステム市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~6月2.調査対象:IT事業者/SIer、通信事業者(キャリア)、デバイスメーカー、公的研究機関、ユーザ企業など3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査を併用<IoT型セン

2017年2月2日ITR★フィードバック数:0マーケティング

動画配信システム市場規模推移および予測

2015年度の動画配信システム市場は6.6%増と堅調に推移、2020年度は100億円に迫る市場規模を予測ITRが動画配信システム市場規模推移および予測を発表 2017年1月26日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の動画配信システム市場規模推移および予測を発表します。 国内動画配信システム市場の2015年度の売上金額は前年度比6.6%増となりました。動画配信事業

太陽光発電設備遠隔監視システム 市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング太陽光発電設備遠隔監視システム 市場規模予測 太陽光発電の遠隔監視システム市場規模は、2020年度で1,600億円と予測。2014年度比2.3倍の伸び。✓ PCS(*)監視システムが70%強を占める✓ システム導入費用は2018年をピークに徐々に下がり、ランニング費用の割合が増加する(*) PCS:Power Conditioning System。パワーコンディショナーとも呼ばれる。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(

市場データです。

「国内オンライン動画配信システム」に関する市場調査

株式会社 シード・プランニング(本社:東京都文京区 代表取締役 梅田佳夫)が運営する、デジタル領域専門の市場・サービス評価機関、デジタルインファクトは、「国内オンライン動画配信システム(*) 」に関する市場調査を行い、このほど、その結果をまとめました。 近年ブロードバンド環境の高速化やスマートフォン端末の普及により、ユーザーの動画視聴環境が急速に整備され、動画コンテンツのトラフィックが急速に増加しています。 動画配信サービスやソーシャルメディアなどで、ユーザーがインターネット動画コンテンツを

2014年11月7日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

風力発電システム市場に関する調査結果 2014

風力発電システム市場に関する調査結果 2014 ~2011年度以降低迷が続く国内市場、2014年度から回復の兆し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて風力発電システム市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年5月~8月2.調査対象:大型風車メーカー、風力発電事業者、研究機関等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<風力発電システム市場とは>本調査における風力発電システム市場規模とは、風車本体等の機器装置費+建設工事

2014年4月23日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

介護システム市場に関する調査 2014

調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の介護システム市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2013年12月~2014年2月2.調査対象:ソフトウェアメーカー及びサービス事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、郵送によるアンケート調査、電話によるヒアリング、文献調査併用<介護システムとは>本調査における介護システムとは、さまざまな介護サービス事業所を対象とし、介護保険請求業務やケアプランを始めとする各種帳票類作成・管理業務等の支援を行うシステムを指す。但し、国民健康保険

介護システム市場の現状と将来展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 介護システム市場の現状と将来展望− 地域包括ケアを支える施設・訪問・在宅支援システム/ソリューション −[本書のポイント]◆ 介護市場を取り巻く環境・制度動向を整理して掲載するとともに、2015年までの介護事業者支援システムの市場規模を予測。◆ 全国230件の訪問介護事業所へのアンケート調査結果から、✓ 在宅ケアを担う訪問看護事業者の現状・課題・IT導入・活用状況を分析✓ 訪問・在宅、医療と介護の多施設・多職種連携に求め

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ