調査のチカラ TOP > タグ一覧 > シネマコンプレックス

「シネマコンプレックス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

映画鑑賞に関する調査

プレスリリース「映画鑑賞に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 映画鑑賞に関する調査 報道関係各位2017年6月29日株式会社クロス・マーケティング 映画鑑賞者の83%が映画館・シネコンを利用 動画配信サービスの利用も3年前より大きく増加 -映画鑑賞に関する調査- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に「映画鑑賞に関する調査」を実施しました。 調査背景・目的 話題作やヒット作が続き

2009年10月6日アイシェアフィードバック数:0エンタテインメント

1作品500円なら映画も映画館が「身近になると思う」6割半~映画館で新作をよく見る人の9割が旧作も映画館で見てみたい!

見たかった旧作、もう一度映画館で楽しみたい! 名画座の復活に関する意識調査 1作品500円なら映画も映画館が「身近になると思う」6割半~映画館で新作をよく見る人の9割が旧作も映画館で見てみたい!新作のみの上映だったシネマコンプレックスで、旧作を500円で上映するスクリーンを設ける試みが始まったという。これについてどう思うか?20代から40代のネットユーザー男女528名の回答を集計した。回答者が最も映画をよく見る場所は「自宅」が50.0%(264名)、「映画館」の23.3%(123名)、「その他」

デジタルシネマと3Dシネマの市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングデジタルシネマと3Dシネマの市場予測がまとまりました 国内の3Dシネマは、2018年に600スクリーン、全スクリーンの20%になると予測。デジタルシネマ率は83%に世界の3Dシネマは、2018年に16,700スクリーン、全スクリーンの22%に市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、デジタルシネマと3Dシネマについて調査を行い、このほど、その結果をまとめました。 2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ