調査のチカラ TOP > タグ一覧 > シャドーバンキング

「シャドーバンキング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:順調な回復軌道へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:順調な回復軌道へ中国の「シャドーバンキング」問題などには、引き続き要注意 2014年7月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム 執行役員 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸◆:日本経済は順調な回復軌道を辿っている。当社の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.1%、2015年度が同+1.5%である(→詳細は、熊谷亮丸他「第181回 日本経済予測(改訂版)」(2014年6月9日)参

2014年7月6日日本政策投資銀行★フィードバック数:0社会/政治海外

シャドーバンキングについてのまとめです。

中国のシャドーバンキング~銀行とのつながりや理財商品を中心に~

中国のシャドーバンキング~銀行とのつながりや理財商品を中心に~

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:「無理」をした成長率維持へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:「無理」をした成長率維持へ明確な回復感はなく、問題も先送り ◆2013年の中国経済は地方政府債務やシャドーバンキングが急膨張するなか、従来型の投資主導で7.7%成長となった。この3月の全人代では2014年の実質GDP成長率目標は7.5%前後に据え置かれた。中国は2014年も形は多少変わるとしても、やはり「無理」をして成長率を維持することを選んでしまったのである。◆3月13日に行われた記者会見で李

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

全人代終了、今年の中国経済の方向性を占う ~雇用など成長率の質を重視も、異質性が際立つ対応は不透明要因になろう~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート全人代終了、今年の中国経済の方向性を占う~雇用など成長率の質を重視も、異質性が際立つ対応は不透明要因になろう~発表日:2014年3月14日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 今月5日に始まった全人代はすべての日程を終了した。同会議では経済・財政運営方針などが討議され、最終日の李首相の記者会見では中国経済が抱える問題に網羅的に対応する姿勢が示されたが、中国の異質性が際立つ内容であ

2014年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

シャドーバンキング問題に揺れる中国経済 ~G20でも焦点に。全人代で改革の具体策は示されるか~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートシャドーバンキング問題に揺れる中国経済~G20でも焦点に。全人代で改革の具体策は示されるか~発表日:2014年2月25日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡る不透明さは世界経済の「かく乱要因」になる懸念がある中、特に「シャドーバンキング」を巡る問題は、全体像が依然不明であることが事態を混乱させている。世界金融危機後に実施した大規模景気対策が直接的なきっかけになったが

2013年9月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

シャドーバンキングが映しだす中国の構造問題-消費主導型経済への転換を阻害する地方の権益構造

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013年9月2日No.2013-024シャドーバンキングが映しだす中国の構造問題― 消費主導型経済への転換を阻害する地方の権益構造 ―調査部 主任研究員 三浦有史調査部 主任研究員 佐野淳也《要 点》◆本稿では、中国のシャドーバンキングの全体像を俯瞰したうえで、この問題が今後の中国経済に与える影響を分析する。また、シャドーバンキング問題は強い成長志向を有する地方政府、その影響下で利益を享受してきた金融機関、不動産・インフラ開発

2013年7月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:灰色の住宅ローン

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:灰色の住宅ローン住宅価格抑制策の抜け穴 中国では2009年から2010年にかけての不動産バブルとも言われた住宅価格の急騰を受け、国務院常務会議は、2010年‘国十条’、2011年‘新国八条’と呼ばれる価格抑制策を導入、住宅価格は2011年から12年初にかけて落ち着きを見せたが、12年半ば以降再び上昇し始め、本年2月、常務会議は‘(新)国五条’を決定、4月から実施している。(注)保障性住宅を含まな

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

中国金融市場の動揺とその背景 ~シャドーバンキングの影響と今後の動向~

中国金融市場の動揺とその背景 ~シャドーバンキングの影響と今後の動向~

2013年4月29日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

経済マンスリー:2013年4月(中国)

平成 25 年(2013 年)4 月 24 日予想外の景気減速が難度を高める新政権の経済運営第 1 四半期の実質 GDP 成長率は前年比 7.7%と前期(同 7.9%)から低下し(第 1図)、前期比ベースでも 1.6%と過去 3 四半期の約 2%からペースダウンした。市場では、中国の景気は前期の 2 年振りの加速により底打ちし、第 1 四半期も小幅加速と予測していたため、これに反した結果は世界各国の株価や商品価格の下落要因となった。成長率低下の主因は消費減速で、新政権による汚職腐敗対策の強化が公

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ