「ジンジュ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2012年2月17日労務行政研究所フィードバック数:0ビジネス

3.11 大震災以降の職場と個人の実情に関するアンケート

3.11 大震災以降の職場と個人の実情に関するアンケート 労務行政研究所 ジンジュール編集部では、ビジネスパーソンを対象として「大震災以降の職場と個人の実情に関するアンケート」を実施し、東日本大震災からまもなく年を迎える現時点での地震・災害への備えや、職場内での変化、ボランティア参加の実情などについて調査した。これによると、勤務先の企業・団体で行われている震災対策の現状を、割のビジネスパーソンが「不十分」と評価している。なお、詳細は添付ファイルでご覧ください。

2011年10月11日労務行政研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ビジネスパーソンの体力・運動事情に関するアンケート

2011年10月6日財団法人 労務行政研究所ビジネスパーソンが一緒に運動・トレーニングをしたいアスリートは、長友佑都選手、高橋尚子さん∼ビジネスパーソンの体力・運動事情に関するアンケート∼●普段、運動不足だと「大いに感じる」ビジネスパーソンは49%。運動不足を感じる人ほど、自分の体重を「肥満」「太っている」と感じる傾向が高い●ビジネスパーソンが一緒に運動をしたいアスリートのトップ3は、男性が長友佑都選手(サッカー)、松岡修造さん(テニス/タレント)、石川 遼選手(ゴルフ)。女性は高橋尚子さん(マ

2011年4月15日労務行政研究所フィードバック数:0社会/政治

ビジネスパーソンの東日本大震災に関するアンケート

震災後の今の不安は原発51.7%、余震49.0%〜1都5県のビジネスパーソン412人アンケート〜労務行政研究所ジンジュール編集部では「ビジネスパーソンの東日本大震災に関するアンケート」を実施した。それによると、震災当日〜翌日にかけて帰宅した人は74%で、うち45%が帰宅手段に徒歩を含む。現在の不安は「原発事故による健康被害」「余震や再びの天災への備え」が約半数に上る−−ことなどがわかった。 ■1.震災当日の状況1-1 震災の瞬間、どこで何をしていたか民間調査機関の(財)労務行政研究所(理事長:矢

2011年3月4日労務行政研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

ビジネスパーソンの“資格取得”事情-5人に1人が「現在、資格取得の勉強中」

2011年3月4日財団法人 労務行政研究所ビジネスパーソンの“資格取得”事情-5人に1人が「現在、資格取得の勉強中」●現在、資格取得の勉強を「している」と答えた人は20.8%。「過去にしていた時期がある」人は55.6%に上る●人気の資格は、「TOEIC」(19.9%)と「日商簿記検定」(19.7%)が双璧●資格取得に必要な勉強時間は、平均で週10時間台、半年程度。勉強に要した費用は「1万円未満」(30.4%)が最多【調査概要】調査名 : ビジネスパーソンの資格取得に関するアンケート調査方法 :

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ