調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ステークホルダー

「ステークホルダー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

グローバル投資家調査

PwC、グローバル投資家調査を発表‐経済成長への投資家の信頼感は回復するも、企業行動が顧客の期待から乖離していることへの警鐘は止まず 世界経済の見通しを楽観視する投資家の割合は、この12カ月間で2倍以上に拡大 ※本プレスリリースは、PwCが2017年2月27日に発表したプレスリリースを翻訳し、文末にPwC Japanグループ代表のコメントを追記したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。 PwCは、550名を超える世界の投資家や1,300名を超えるCEOに対しての

第19回世界CEO意識調査 日本分析版

第19回世界CEO意識調査 日本分析版変貌する世界で成功を再定義する成長し続ける日本企業の姿を考える の日本のCEOが今後3年間の成長に非常に自信があると回答。世界全体(49%)を大きく下回る。 自社が成長する上で重要視する国は、調査史上初めて米国が中国(45%)を抜き首位に の日本のCEOが、ステークホルダーとの関わりおいて効果を発揮するテクノロジーとして「データアナリティクス」を挙げているが、世界全体(68%)に比べテクノロジーの活用が低い傾向 の日本のCEOが、人事戦略において「

第2回 企業広報力調査

INDUSTRIES & SECTORS [業界]当社のサービスを業界別にご紹介します。EXPERTISE [専門領域]当社のサービスを専門領域別にご紹介します。デジタル当社が提供するデジタル領域のソリューションについてご紹介します。ヘルスケア・メディカル当社が提供するヘルスケア・メディカル領域のソリューションについてご紹介します。マーケティングコミュニケーションズ当社のマーケティングコミュニケーションズ領域のソリューションについてご紹介します。コーポレートコミュニケーションズ当社のコーポレート

第19回世界CEO意識調査

PwC、「第19回世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラム(ダボス)に合わせて発表‐地政学的脅威の高まりとともに、世界経済の成長に対するCEOの自信は低下 世界経済への自信が10ポイント低下地政学的な不確実性への懸念が急拡大主要な経済圏では売上への期待が低下90%は顧客やその他のステークホルダーからの期待に応えるべく、テクノロジーを利用する手段を変革2016年1月20日PwC Japan *本プレスリリースは、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の開催に合わせて、2016年1 月19

2015年6月2日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(パーソナルデータ利活用に関するマルチステークホルダープロセスの実施方法等の調査事業)報告書

平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(パーソナルデータ利活用に関するマルチステークホルダープロセスの実施方法等の調査事業)報告書

2015年5月20日国立環境研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

言葉の認識の違いを見ています。

拡大生産者責任の概念についての国際認識調査

研究概要拡大生産者責任(以下、EPRという。)は、過去20年ほどの廃棄物・リサイクル政策において世界的に重要な概念として用いられてきた。しかしながら、EPRは異なるステークホルダーに様々な形で理解され、政策の議論において最も議論が難航する事項であった。本研究では、様々なステークホルダーがEPRの概念をどのように異なって認識しているかを明らかにすることを目的とし、国際アンケート調査を2013年に実施し、全世界426名の有識者からの回答を得たものである。調査項目は、EPRの目的、EPRの適用と論拠

ビジネスに影響を及ぼす"水"リスク

ビジネスに影響を及ぼす"水"リスクビジネスにおいて、特に工業や製造業においては水は欠かすことができません。その一方で、世界各地で洪水、渇水などの自然現象に加え、人為的な水の汚染が起きており、世界のどこでも水資源を思うように利用することはもはや不可能であるとともに、水は管理を行うことが難しい資源の一つともなっています。OECDによると、現在の水の利用形態のペースがそのまま続けば2050年までに世界の水需要は55%増大すると見込まれています(主に、製造業(+400%)、電力(+140%)、家庭(+1

ライフネット生命保険 株主総会の出席者アンケート

万が一に備える がん病気ケガ備える がん病気ケガ備える 就業不能状態に備えるはじめての方はこちらまずはカンタン10秒見積り!迷ったときはおすすめプランから選ぶ お申し込みプランが決まっている方はこちらご契約の流れを確認するマイプラン番号から申し込む ここから本文ですニュースリリース 2014年ライフネット生命保険 株主総会の出席者アンケートの集計結果を開示 2014年6月30日会 社 名 ライフネット生命保険株式会社代表者名 代表取締役社長兼COO 岩瀬 大輔(コード番号:7157 東証マザー

『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』報告書

トップ » 調査研究成果公表 » 『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』報告書[DISCUSSION PAPER No.105-1.2.3]の公表について 『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』報告書[DISCUSSION PAPER No.105-1.2.3]の公表について『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』三分冊の報告書を取りまとめました。詳細につきましては、以下のリンクより御覧ください。第一報告書第二報告書第三報告書

2013年10月29日大和総研フィードバック数:0ビジネス

混乱しやすい内部留保に関する議論

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 企業が資金余剰主体であることが常態化している。バブル崩壊後、企業は3つの過剰(過剰債務、過剰雇用、過剰設備)を抱え、この解消に努めてきた。財務省が公表している法人企業統計で企業の資金調達動向を確認すると、1980年代後半まで企業の資金調達額(フローベース)は流入超(借入れ実施・株式増資・社債発行など)かつ流入額が拡大傾向にあったが、1989年度・1990年度を境に縮小に転じ、2000年代前後になると流

ライフネット生命保険 株主総会の出席者アンケート

万が一に備える がん病気ケガ備える がん病気ケガ備える 就業不能状態に備えるはじめての方はこちらまずはカンタン10秒見積り!迷ったときはおすすめプランから選ぶ お申し込みプランが決まっている方はこちらご契約の流れを確認するマイプラン番号から申し込む ここから本文ですニュースリリース 2013年ライフネット生命保険、株主総会の出席者アンケートの集計結果を開示 2013年7月10日会 社 名 ライフネット生命保険株式会社代表者名 代表取締役社長兼COO 岩瀬 大輔(コード番号:7157 東証マザー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ